*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.10.12 (Wed)

久々の大量得点勝利~vsタジキスタン

2014W杯アジア3次予選、第3戦目。

ホームにタジキスタンを迎えた。

元々はシリアが出場予定であったが、シリアが2次予選で他国籍選手を出場させたため失格となり、シリアと同じグループだったタジキスタンが繰り上げとなった、という経緯だ。

すなわち、実力はシリア以下。

ていうか、これまで全く聞いたことのない国だ。

こんな国、アジアにあったんや。


で、スタメンはこうなった。

GK:川島
DF:駒野、今野、吉田、長友
MF:底に遠藤、長谷部、前に岡崎、中村憲剛、香川
FW:ハーフナー・マイク

あのディド・ハーフナーの息子、ハーフナー・マイクは、この日が代表初先発。

そして、代表に帰ってきた中村憲剛。

元々、私は、遠藤の代わりができるのは、憲剛か、小笠原、と言ってきた。

この3人、年齢が重なるので、もったいなくて仕方ない。


で、結果はというと、久々の大量得点の8-0。

得点者は、ハーフナー・マイク、岡崎、駒野、香川、ハーフナー・マイク、中村憲剛、岡崎、香川。


W杯の最終予選の前の段階では、昔は、このような試合が何度かあった。

タイとか、香港とか、バングラディシュとか。

たしか、バングラディシュ相手に10点以上取った試合もあったような記憶がある。

アジアの国のレベルも少しずつ上がり、こんな試合は最近は少なくなっていたが、本当に久々だ。



この試合で良かったことは、先制点と2点目を早い時間帯に取れたことだ。

これで選手はプレッシャーから開放され伸び伸びとプレーでき、タジキスタンは戦意喪失していくようになり、この点差に繋がったと言える。

最後の方は、中学生と高校生の闘いのような感じになっていった。


ハーフナー・マイクにはこれで、自信をつけてもらって、最終予選の日本の得点源になってほしいと思う。



さて、メディアでは、無責任な賞賛コメントが溢れている。

まあ別に良いのだが。

これでザックジャパンが強くなったかと言えば、それはまた別の話だ。

相手に恵まれた。

これに尽きる。

次は、恐らくいつものような、歯がゆい試合になるだろう。


3次予選は早急に突破を決めて、残り試合で、次世代の選手を試してほしいものだ。

遠藤、長谷部の不在時に、使える選手を。
スポンサーサイト

←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:35 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。