*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.09.26 (Mon)

クラブW杯へ向けてセレッソ大阪が行く

明日27日、ACLの準々決勝が行われる。

Jリーグ勢では、唯一、セレッソ大阪が残っており、1st-legをホームで4-3で勝利している。

引き分け以上で準決勝進出だ。


このセレッソ大阪、なんとも不思議なチームだ。

優勝争いをしたり、降格したり、優勝争いをしたり、降格したり。


昨年3位でACL出場権を獲得したが、今期のJではイマイチ・・・。

そんなセレッソ大阪が、ここ数試合、ド派手な試合を繰り広げている。


サンフレッチェに0-3からの逆転勝ち(5-4)をしたかと思ったら、ACLでは常に先手を取られながら最終的に逆転し4-3。

清武ら五輪組がいなくて0-0のしょうもない試合をしたかと思えば、山形相手に6-0。

全てここ2Wの話だ。

ついでに言うと、今期絶好調の柏には5-0で勝利している。

清水にも4-0。

更に言うと、現時点で、9勝9敗9分の、全くの五分にも関わらず、得失点差+14。

これはガンバ、名古屋に次いで3位。

得点は53。

これもガンバに次いで2位。(ガンバは16勝5敗6分)

それでもイマイチの注目度。

本当にお気の毒だ。

よっぽど面白い試合をしているのに。


つい注目されてきたのは、清武がA代表でインパクトを残せたからか。

今シーズンの清武の活躍は、かつての香川と重なって見える。



それにしても、セレッソ大阪は不思議なチームだ。

昨年、セレッソはJ1に戻ってきた。

4月~W杯までは、香川・乾、家長。

香川が抜けてからは、乾・家長・清武。

これで3位。

特に最終節はジュビロ相手に6-2。

生で観てたけど、面白かった。


今シーズン、家長が抜けた。

乾も抜けた。

それでも、落ちていない。

キムボギョン、ガンバで燻っていた倉田、加入したてのファビオ・ロペス、復活した播戸、ようやく出てきたアジア優勝メンバーの扇原と、山口蛍。

更に、レフティー大竹も獲得し、シャドーのポジションに再び厚みを持たせている。

来年は、大人になった柿谷、復帰か!?


クルピ監督、梶野強化部長、本当にうまい。

(ピンポンを見切ったのも早かった。)


今年もまた、キンチョウスタジアムに行ってみようかな。


さあ、ACL、頑張れ!!

アジア王者に輝けセレッソ!!

そして、クラブW杯でブイブイ言わせて、海外挑戦行ってこーい!!

スポンサーサイト

←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:53 |  クラブW杯  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。