*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.09.21 (Wed)

ロンドン五輪最終予選初戦

来年のロンドン五輪を目指して、アジア最終予選がスタートした。

日本は、バーレーン、シリア、マレーシアとの組で、トップになれば出場権獲得。

組み分けに恵まれ、比較的難易度は下がった。



その初戦、マレーシア戦ホーム。

先発はこうなった。


GK
権田修一
DF
鈴木大輔、酒井宏樹、濱田水輝、酒井高徳
MF
山村和也、扇原貴宏、東慶悟、原口元気、清武弘嗣
FW 
大迫勇也

後半から永井、山本、山口が登場。


結果は2-0。

後半途中から見たんやけど、内容はかなりイマイチだった。

なんと言うか・・・ね。

判断が微妙、ミスも多い、ギラギラしたものが感じない・・・

選手の距離感が遠く(特にトップと前の3人、更にボランチ引きすぎ)、

岡田時代のA代表そっくりだった。

ホームでこれやから、アウェーでバーレーンとかとやったら、普通に負けるかもやな。


相手に恵まれてほんま良かったな~って感じ。

チームを救ったのは、やっぱり清武かな。

ちょっとA代表で注目されてから、別格な存在へとなりつつある。

ACLもあるし忙しいんやから、ケガせんといてな。


今後のチームとしての熟成と、DF、ボランチの人材が出てくることに期待しましょう。
スポンサーサイト

←クリックお願いします

テーマ : サッカー五輪代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:50 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。