FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.06.19 (Sun)

ロンドン五輪二次予選、クウェート戦ホーム

ロンドンへの第一歩がスタート。

本日、ホームでクウェート戦が行われた。


スタメン

GK
権田

DF
酒井
鈴木
濱田
比嘉

MF
山村
山本
清武
山崎


FW
大迫

直前で快速エースの永井が故障。

ワントップには大迫が入った。


試合開始するとすぐに、日本が圧倒的に上回っていることが分かる。

実力は圧勝。

ただし、そこで、点がきっちりと取れるかどうか。

落ち着いた試合運びをできるかどうか。

普通にできれば5-0の相手だ。


前半、大事な大事な先制点は、清武。

C大阪清武。元々大分。

その直前に右サイドからセンタリングを上げており、その後、よく中まで詰めてきた。

ナイスダイビングヘッド。


2点目は濱田。

CKから頭でズドン。

貴重な貴重な、追加点。


3点目は後半。

山崎のパスから、大迫がようやく決める。



ここまで順調だったが・・・

ミスから、こぼれ球を拾われ、なかなかうまいシュートを決められ、3-1。


まあ気にせずそのままできれば良かったのだが、何故かここで、流れが変わる。

余裕の勝ちゲームのはずなのに、ゲームの流れをコントロールできない。


途中、原口、山口蛍、登里が出てくる。


原口や大迫が、際どいシーンを何度も作るが、最後のところで決めきれず、結果、3-1。

ホームで2点差の勝利。

まあ、ぶっつけ本番に近いこのチーム、現段階では、上出来か。



アウェイでの戦いは、23日。

日本時間、たしか夜中やったような気がする。


ロンドン、是非とも宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

←クリックお願いします

テーマ : サッカー五輪代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:52 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。