FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.12.05 (Sun)

2010Jリーグ完結

2010年のJリーグが終わった。

最終順位は次のようにった。


順位 チーム名      勝点
1 名古屋グランパス    72
2 ガンバ大阪      62
3 セレッソ大阪      61
4 鹿島アントラーズ      60
5 川崎フロンターレ      54
6 清水エスパルス      54
7 サンフレッチェ広島      51
8 横浜F・マリノス      51
9 アルビレックス新潟      49
10 浦和レッズ      48
11 ジュビロ磐田      44
12 大宮アルディージャ      42
13 モンテディオ山形     42
14 ベガルタ仙台      39
15 ヴィッセル神戸      38
16 FC東京      36
17 京都サンガF.C.      19
18 湘南ベルマーレ      16


優勝は早々と決めてしまった名古屋。

ACL出場権は、ガンバ大阪とセレッソ大阪が獲得。

セレッソは、昇格初年度にも関わらず、素晴らしかった。


逆に、FC東京、京都、湘南がJ2降格。

京都、湘南は酷すぎた。

勝ち点が10点台って、どういうことやねん・・・。

また、FC東京も、あれだけのメンツがいながら、何故降格!?

チーム内がバラバラだったのだろう。


得点王は、前田遼一と、ケネディ。

前田は2年連続で、これは史上初らしい。

おめでとうございます。

W杯に出場できなかったのが、本当に残念だ。

W杯イヤーと、その前年のリーグ得点王が、W杯メンバーではないということは、やはりどう考えてもおかしい。

聞いてるか??岡ちゃん。



ちなみに、私、この最終節、キンチョウスタジアムに行ってきました。

ACL出場が懸かってるし、サッカー専用のスタジアムやし、今年のセレッソは生で観ときたいし、家長最後かもしらんし、自分も大阪に帰ってきたし、こら行かないかんやろうと思って。

で、実際に行ってみると、このキンチョウスタジアム、かなり古~い造りをしていました。

おいおい、まさかこれなん!?っていうのが、外から見た時の第一印象。

お隣の長居スタジアムがそびえ立っているのに、こっちかいな~~。


しかし、中に入ってみると、このスタジアムの良さが分かってくる。

なんせ、ピッチが目の前だ。

近~~い!!

これは良い、かなり良い。

サポーター席なんて、すぐそこ。

超アットホームな雰囲気。

やっぱ、サッカー専用じゃないとね、トラックとか、ほんまにいらないいらない。


で、試合の方は6‐2でセレッソの勝利。

前半、アドリアーノがガツガツドリ、一旦ボールを失うがこぼれ球が乾の足元に、乾はそれをループスルーパス、アドリアーノズドン!!

左サイド、丸橋か上本が左足で前方にパス、清武が抜け出して、ダイレクトで中に折り返す、走り込んだアドリアーノがチョンと触ってゴ~~~ル。

前半2-0。

こら楽勝、あと3点は観たいなと冗談で言うてたハーフタイム。

しかし後半開始早々、成岡に決められ1点差。

1点差て怖いな~、引き分けやったらACL無理やろし~・・・と思ってたら。

清武の自陣での、ちょっと苦し紛れの、しかし、アドリアーノ方面に狙ったパスが、アドリアーノに届く、ていうかアドリアーノほんま速いな、これを、アドリアーノDFをぶっちぎって、決めてしまう~!!

これは貴重な1点だ、流れも悪かっただけに・・・

しかししかし、これも数分後、すぐさま前田の今シーズン17点目のゴールでまたもや1点差。

お~~~い!!

これを破ったのがまたもやアドリアーノ。

左サイドで、2人でワンツー等でボールを進め、それが中央に、これは良い形だ、中央でボールをもらった家長はどうする??打つのか、いや打たない、アドリアーノにスルーーーパス、アドリアーノ、フリーでシュートーーーーー。

なんてことだ、今日は、アドリアーノのシュートは全部ネットを揺らしているのではないか。

今日のアドリアーノ、神がかりと言っても言いだろう。

そして、まだまだ続く。

コーナーから、アマラウが、あのスキンヘッドでドン!!

更に、最後に、アドリアーノと交替で入った播戸が、家長のスルーパスで抜け出し、GKとの1対1、播戸らしくない、少し浮かしたシュートがネットを揺らした。

キンチョウスタジアム、大盛り上がりである。


そして、なんと鹿島が山形に引き分け、ACL出場も決定。

最高の盛り上がりを見せたキンチョウスタジアムでした。



で、話は少し逸れましたが、来シーズンはどうなるでしょうか。

降格をが決定したFC東京は、人材の宝庫である。

GKから見ていくと、まず、ロンドン五輪代表に必ずや呼ばれるであろう、権田。

DFでは、元日本代表SB徳永、北京五輪代表森重。

MFでは、日本代表の今野、石川、元日本代表羽生、アテネ五輪代表平山、中村北斗、北京五輪代表梶山、ロンドン五輪確実の米本。

FWは、元日本代表の大黒、平山。

なんで落ちたんやろね、ほんまに。

皆様どうするんでしょうか・・・。

昨年の大分トリニータのように、散り散りになっていくのでしょうか。



ACLを目指す、ガンバとセレッソも今のままでは厳しいだろう。(名古屋は間に合ってそうやけど)

ガンバの選手層、一時と比べるとかなり薄い。(それでも他クラブよりは厚い方だが)

セレッソなんて、アドリアーノと家長に移籍の噂、大丈夫やろうか。


来年は、クラブW杯は日本開催やから、是非ともACL出場権を獲得してほしいんやけどね。

ガンバvsバルサ、とか、セレッソvsドルトムント、とか、名古屋vsアーセナル、なんかになると、凄いんやけどな~。


スポンサーサイト

←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:27 |  Jリーグ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。