FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2012.07.27 (Fri)

日本、大金星!!スペインに勝利

グラスゴーの奇跡!!

16年前の「マイアミの奇跡」を真似たタイトルが、ニュースの一面を飾った。

ロンドン五輪代表の初戦、スペイン戦、なんと、日本が1-0で勝ったのだ。

この日のスタメン

権田、酒井、吉田、鈴木、徳永、山口、扇原、清武、東、大津、永井。

関塚の思考から想像すると、完全な予想通り。

宇佐美を観たかったが・・・。

そして、スペインのスタメン。

デ・ヘア、モントーヤ、ドミンゲス、マルティネス、ジョルディ、ハビエル・マルティネス、マタ、イスコ、コケ、アドリアン、ロドリゴ



勝利の最大の立役者は、FWで起用された永井と、大津の太もも。

永井はスペイン相手に存分にその速さを見せつけた。

相手DFを退場に追いやったあの追い込みとインターセプトは、素晴らしかった。

欲を言えば、後半の決定機を一つでも決めていれば、更にパーフェクトだったが。

大津は体ごと投げ出した太ももゴール。あの気合いは良かった。

清武も随所にセンスの良さを見せつけた。

山口蛍の粘りデェフェンスも効いていた。

全体的に、守備に対する意識が、めちゃくちゃ高く、それが10人のスペインを抑えることができたのだろう。



ただ、一つ考えなければならないことは、スペインが全く良くなかったということ。

DFラインがあそこまでボールを失うなんて通常では考えにくいし、攻撃人も、A代表のようなスマートさは一切無かった。

そのへんは考慮する必要がある。


日本が、10人のチーム相手に、追加点を取れなかったこと、またそれだけでなく、試合自体は支配されていたことを、忘れてはならない。(決定機の数だけは、多かったが。)


更に、短期決戦のこの五輪、大津、酒井が負傷した。

大したことがなければ良いが、大津の代わりに入った斉藤は、全く機能していなかった。

次戦に向けて、どう修正するのか、監督の手腕の見せ所である。



←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : サッカー五輪代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:38 |  五輪代表  | TB(2)  | CM(0) | Top↑

2012.07.06 (Fri)

ブラジル、スペイン、英国のロンドン五輪代表

続々と、ロンドン五輪代表が決まっている。

オーバーエイジの問題など、他国はどうしているのだろうか。


●ブラジル

GK
ネト(フィオレンティーナ/イタリア)
ラファエウ(サントス)

DF
ダニーロ(ポルト/ポルトガル)
ラファエル・ダ・シウバ(マンチェスター・U/イングランド)
アレックス・サンドロ(ポルト/ポルトガル)
マルセロ(レアル・マドリード/スペイン)
チアゴ・シウバ(ミラン/イタリア)
ブルーノ・ウビーニ(サンパウロ)
ファン(インテル/イタリア)

MF
サンドロ(トッテナム/イングランド)
ロムロ(スパルタク・モスクワ/ロシア)
ルーカス(サンパウロ)
オスカル(インテルナシオナル)
ガンソ(サントス)
FW
アレシャンドレ・パト(ミラン/イタリア)
ネイマール(サントス)
レアンドロ・ダミアン(インテルナシオナル)
フッキ(ポルト/ポルトガル)


OAは、ミランの不動のCB、チアゴ・シウバ、レアルの左SBマルセロ、そして、お馴染みフッキ。

パトやネイマール、ガンソら、豪華な攻撃陣に加えて、ラファエルやマルセロの両SB。

なかなえげつないメンバーとなっている。



●スペイン

日本の初戦の相手。

GK
ジョエル・ロブレス(A・マドリー)
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
ディエゴ・マリーニョ(ビジャレアル)

DF
ミケル・ドミンゲス(ビルバオ)
マルティン・モントーヤ(バルセロナ)
アルバロ・ドミンゲス(ボルシアMG)
セサル・アスピリクエタ(マルセイユ)
イニゴ・マルティネス(ソシエダ)
アルベルト・ボティア(スポルティング・ヒホン)
ジョルディ・アルバ(バレンシア)

MF
ハビ・マルティネス(ビルバオ)
アンデル・エレーラ(ビルバオ)
コケ(A・マドリー)
チアゴ・アルカンタラ(バルセロナ)
オリオル・ロメウ(チェルシー)
フアン・マタ(チェルシー)
イスコ(マラガ)

▽FW
イケル・ムニアイン(ビルバオ)
アドリアン・ロペス(A・マドリー)
クリティアン・テージョ(バルセロナ)
ロドリゴ(ベンフィカ)
アルバロ・バスケス(エスパニョール)


OAはジョルディ・アラバ、マタ、ハビ・マルティネス。

渋いメンバーが揃っている。

強いな、なかなか。


●英国

4協会共同チームで出場するイギリス代表。

GK
ジャック・バットランド(バーミンガム)
ジェイソン・スティール(ミドルスブラ)

DF
ライアン・バートランド(チェルシー)
スティーヴン・コーカー(トッテナム)
クレイグ・ドーソン(ウェストブロム)
ミカ・リチャーズ(マンチェスターC)
ダニー・ローズ(トッテナム)
ニール・テイラー(スウォンジー)
ジェームズ・トムキンス(ウェストハム)

MF
ジョー・アレン(スウォンジー)
トム・クレヴァリー(マンチェスターU)
ジャック・コーク(サウザンプトン)
ライアン・ギグス(マンチェスターU)
アーロン・ラムジー(アーセナル)
スコット・シンクレア(スウォンジー)

FW
クレイグ・ベラミー(リヴァプール)
マーヴィン・ソルデル(ボルトン)
ダニエル・スターリッジ(チェルシー)


ウェールズの星、38歳ギグスが選出。

どういう立場、ポジションで使われるのか。

ベッカムの噂もあったし、なんか楽しんでいる感じがあり、面白い。



さて、盛り上がるには日本の活躍が必須なのだが・・・。

今のままでは期待薄。

アテネ、北京の二の舞にならないよう・・・。

←クリックお願いします

テーマ : サッカー五輪代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:48 |  五輪代表  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

2012.07.03 (Tue)

ロンドン五輪メンバー18人発表

ロンドン五輪初戦のスペイン戦まで1ヵ月を切った。

ようやく、登録メンバー18人が発表された。

GK
権田修一(FC東京)
安藤駿介(川崎F)

DF
徳永悠平(FC東京)
吉田麻也(VVVフェンロ)
山村和也(鹿島)
鈴木大輔(新潟)
酒井宏樹(ハノーファー)
酒井高徳(シュトゥットガルト)

MF
清武弘嗣(ニュルンベルク)
村松大輔(清水)
東慶悟(大宮)
山口螢(C大阪)
扇原貴宏(C大阪)
宇佐美貴史(ホッフェンハイム)

FW
永井謙佑(名古屋)
大津祐樹(ボルシアMG)
齋藤学(横浜FM)
杉本健勇(東京V)

バックアップメンバー
GK
林彰洋(清水)
DF
大岩一貴(千葉)
MF
米本拓司(FC東京)
FW
山崎亮平(磐田)


35人の予備登録メンバーから、私が監督だったら・・・と半月前に書いたのが次のメンバー

GK:林、権田
DF:吉田、徳永、山村、扇原、酒井、酒井、
MF:米本、山口、清武、大津、宇佐美、宮市、高木
FW:指宿、永井、大迫


6人、すなわち1/3違う。

どうも不満だ。


今回のメンバーを見ていると、自然とスタメンが見えてきてしまうのだ。

GK:権田
DF:酒井、吉田、徳永(鈴木)、酒井
MF:原、山口、清武、東、宇佐美(斉藤)
FW:大津(永井)

怪我やコンディション不良等が無ければ、これで90%確定していると言って良い。

これだと、試合の流れを変える切り札が、ベンチにいなくなってしまう。

宮市、高木、指宿は、せっかくトゥーロンで呼んだのに、何故??

所属クラブと交渉できなかったのか、あるいは個性が強烈過ぎて扱えなかったのか。

この3人を呼ばなかった理由を、関塚監督と原さんに聞いてみたい。



更に、今回のサプライズで入ったのが杉本健勇。

これも、関口さんに聞いてみたい。

Jリーグ観てんのって。

昨年後半、セレッソで出場機会を得ていたが、全くダメだった。

攻撃の流れを寸断していたのが、杉本だった。

なんせ自分で行くシーンが限りなく少ないし、動きが遅いのだ。

落としも不正確。

そんなシーンを何度見たことか。

今年に入り、1チーム3人までという意味のわからないルールのため、五輪を諦めていなかった杉本は東京ヴに移籍したが、J2で未だ4得点。

はっきり言う。

確実に世界で通用しない。

しかも、杉本を選ぶなら、何故トゥーロン国際に参加させなかったのだ??

これまた意味不明。



逆に、常連で外れたのが、比嘉、濱田、大迫、原口。

今までご苦労様でした。

大迫、原口は、ポテンシャル高いので、腐らずに頑張ってほしい。



あと、最後に関塚さんに注文。

攻撃的なサッカーをして欲しいということ。

宇佐美、大津、清武のイマジネーションと、永井のスピード。

これを生かしたサッカーをしてください。


北京の反町さんみたいに、ビビってたらあかんでー。


←クリックお願いします

テーマ : サッカー五輪代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  12:53 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。