*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.12.21 (Wed)

生で観たバルサのサッカー(クラブW杯決勝)

3年ぶりに日本に戻ってきた、トヨタカップあらためクラブワールドカップ。

待ってました、本当に。

今回もまた、わざわざ横浜まで進出し、友人と観戦した。


前回バルサが来たのは5年前。

ライカールト、ロナウジーニョ時代だ。

当時19歳のメッシーが怪我をして来れなかったことを覚えている。

あの時はたしかエトーもケガをしてしまい、グジョンセン、ジュリが出場していた。

0-1で負けてしまった試合である。


その時に買った帽子をかぶり、完璧と思われる防寒を施して、観戦に臨む。


柏レイソルの3位決定戦を経て、いよいよ、メインイベントの始まり。



前の試合で、ビジャが骨折をしてしまった上に、サンチェスも怪我。

どのようなスタメンで来るか・・・

GK:バルデス
DF:プジョール、ピケ、アビダル
MF:底にブスケッツ、左にシャビ、右にイニエスタ、前にセスク・ファブレガス。
FW:ダニエルアウベス、チアゴ・アルカンタラ
攻撃のリベロ:メッシー

チアゴの所はペドロかと思ったが・・・。



試合が進むに連れて、感じるバルサのサッカーの特殊性。

まず、何よりも、CFがいない。

ダニエルアウベスとチアゴ・アルカンタラは、異常に高いポジションでサイドに大きく張り出している。

中盤は、ブスケッツのみが底に入り固定されているが、他の3人+メッシーがかなり流動的に動く。

この4人で、ボールを廻しながら、ポジションを上げていき、サイドの2人を含めた6人で、ワンツーやダイレクトパスを仕掛ける。

そして、誰もがCFのスペースに飛び込んでいくのだ。


例えていうなら、センターサークル付近でシャビ、イニエスタ、セスク、メッシーが鳥籠を始める。

両サイドのフリーマン(ダニエルアウベスとチアゴ)をうまく使いながら、4人でポジションチェンジをしながら、相手ゴール前に移動していき、最後はシュート、みたいな感じ。

サッカーをやったことのある人なら、1度はこんな練習をしたことがあるだろう。

よくある練習パターンだ。

それを、同じ人数の相手をつけても、ミスなくこなす、という状態。



これ、相手DFからすれば、非常にやっかいだ。

メッシーをマークしても、スルスルと下がっていく。

代わりに来るのが、セスクであり、イニエスタであり、シャビであり、ダニエルアウベスであり、チアゴである。

おいおい誰にマークつけば良いねん、となる。




2つ目の特殊性。

頭に合わせるセンタリングが極端に少ない。

コーナーはショートコーナー。(ピケ、ブスケッツら、数少ない長身選手が一応上がるが。)

FKも、簡単にゴール前に放り込んだりしない。

右サイドのダニエルアウベスは、高い位置でパスをもらうと、ほぼ100%、ゴールに向かってドリ。

ドリブルもしくはワンツーで抜け出したら、クロスはグラウンダーのマイナスクロス。

CFがいないし、クロスを上げても競り勝てる人間が中にいないから、こうなる。

バルデスからのゴールキックでさえ、繋ぐ。

パス、パス、パス、パス、パス。

だから、バルサのサッカーでは、GKが蹴ったボールを中盤で競るとか、センタリングにゴール前で競るとか、そんなシーンはほとんど見られない。

めちゃくちゃ特殊だ。



グアルディオラ、こんなサッカー、よく考え出したな。


昨年までの4-3-3の方が圧倒的にバランスが良いことは分かりきっている。

現に、今シーズンの失点シーンでは、3バックの外側や、間を突かれている。

にも関わらず、今シーズン挑んでいる3バックの中盤分厚いシステム。

恐らく、グアルディオラは、これまでのサッカーに飽きたのだろう。

あるいは、相手に研究され尽くしたり、チーム内での停滞感もあったのかもしれない。

中盤を活かすサッカー、研究されても勝てるサッカー。

さらなるポゼッションを求めて。

このバルサのサッカー、サッカーの究極の形に近づこうとしている、と言えるのかもしれない。



ちなみに結果は4-0であったが、内容を見るともっと入っていてもおかしくなかった。

ゴール前で、無理やりワンツーに挑戦したり、シュートを撃てる場面でさらにパスを選択するシーンもあった。

なんというか、ロングシュート禁止のミニゲーム、みたいな感じで。


なんか、ほんまに、笑ってしまうほどの強さであった。



個人的に最も印象に残った選手は、ピケだ。

こいつ、うまい。

というか、中央に構える存在感と落ち着き。

CB出身の私としては、非常に感じるものがあった。


プジョールの魂のDFと、ピケ。

昔の、柱谷哲二と井原、を思い出した。

まあ比べ物にならないくらい、ピケの方が凄いけどね。


途中で交代してマスチェラーノが同じポジションをやっていたが、やはりピケの存在感には足りていなかった。

充分こなしていたけれども。



もう一つ。

セスクはアーセナルの王様から、4人の中の1人、という立場に変わってしまい、どうなのだろうか、とちょっと思ってしまった。

個人的には、やっぱアーセナルのセスクが良かったけどな~。




最後に、この試合であらためて分かったこと。

それは、やはり、サッカーの基本は、キックとトラップということ。

そして、それを、頭を使ってやらなければならないということ。

廻りを見ながら、状況判断して、やらなければならないということ。

それに加えて、+αがあれば尚更良い。

ただし、今日のバルサのサッカーは、真似できない。
(というか、真似しない方が良い。あまりにも特殊過ぎるから。攻撃が威力を発揮する前に、失点してしまうだろう。4-3-3のバルサをお手本にした方が良い。)



日本ではまだまだサッカー文化が定着していない。

まだまだ途上国である。

この日のバルサの試合が、日本のサッカー文化の醸成に繋がって欲しいと願っている。

←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : FIFAクラブワールドカップ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:43 |  クラブW杯  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2011.12.11 (Sun)

日に日に強くなるレイソル、中南米代表に勝利!!

先週、Jリーグ優勝を決めた柏レイソルが、開催国代表として、クラブW杯に出場している。

そのレイソル、開幕戦でオセアニア代表のオークランドシティに2-0で勝ち、そして今、中南米代表のモンテレイにPK勝ちした。

次は、南米代表サントスFCと対戦する。



この試合、はっきり言って凄かった。

日本代表の試合より、面白かった。

何より、相手が強かった。

中南米代表モンテレイ。

チリ代表スアソ。

メキシコ代表なんとか。

エクアドル代表なんとか。

元アルゼンチン代表なんとかかんとか。

元メキシコ代表なんとかん。

とかとか、そんな選手がゴロゴロいた。


かたや柏レイソル。

GK
菅野
DF
酒井宏樹、増嶋、近藤、橋本
MF
レアンドロ・ドミンゲス、大谷、栗澤、ジョルジ・ワグネル
FW
田中、工藤

日本代表、ゼロ。

実力的には、菅野、酒井、田中あたりが代表クラスか。


立ち上がりの、スアソのシュートミス(ポストに救われる)、あそこで点が入らなかったことで、徐々にレイソルも自分達の時間を作れるようになってくる。

レイソルが劣勢ながらも、緊迫した試合展開。

前半は、2人の外国人とツートップとの距離が開いており、酒井も深く上がることができなかった。


後半、均衡が敗れる。

田中の粘りからの、レアンドロ・ドミンゲスの超高速バイシクルシュート。


クラブW杯の歴史に残るであろうゴールで、柏が先制する。

俄然面白くなる。

後半まだまだ残り時間があるが、ネルシーニョはどういった采配をするのか。


そう考えていると、一瞬のスキで裏を取られ、ダイレクトでGK菅野とCB増嶋の間にボールを出され、警戒していたスアソに決められてしまう。

流石だ。


・・・ていうか、増嶋くんよ、ちょっと緩んでたんやないか。

前半のスアソのポストに当たったシュートも、今の失点シーンも、同じようなラストパスだったろうに。

確かに、スアソのゴール前の動きがうまかったのかもしれないが、それでも、「ここに出されたら1点や」というコースを消すことができなかったか・・・。

市船橋で全国優勝した、あの増嶋でしょーが。

今日の、あの「届かないスライディング」と「中途半端なオフサイドトラップ!?」、ちょっとみっともなかったな~。

次は、ちゃんと頼むで~。



で、試合は1-1のまま、延長戦、更にPK戦へ。

みんな疲れていたけど、日本の選手は真面目やから、モンテレイの選手より走れていた。

延長戦は、レイソルペースだった。

なんか、サッカーを楽しんでいる様子が伝わってきた。


さてPK戦。

柏のGK菅野は、横浜FC時代から、私が日本代表に推薦している選手。

やってくれるだろう。

ただ、相手のGKも、刺青入ってて、ちょっと怖かった。


1人目
メキシコ代表      × 菅野ストップ
レアンドロ・ドミンゲス ○

2人目
チリ代表スアソ     ○
ジョルジ・ワグネル   ○

3人目
エクアドル代表の途中から入った左利きの黒人 ○
栗沢          ○

4人目
元メキシコ代表のGK   × ポスト直撃
田中          × 元メキシコ代表のGKがストップ

5人目
元アルゼンチン代表   ○
延長後半から工藤に代わって入った林  ○

柏の勝利が決まった。


これで、次はサントスFCと対戦できる!!

Jリーグのイチクラブが、サントスと公式戦で対戦できる!!


正直、柏ではきついかな、名古屋の方が勝てるやろうな、と思っていた、クラブW杯というボーナスステージを、着実に駆け上がっている。

何よりも、普段のJのクラブの試合よりも、明らかに楽しそうである。

この試合でも、ネームバリューや足元の旨さでは、モンテレイが明らかに上回っていたが、J1を制したチーム力とサッカーを楽しむ気持ちは、柏が圧倒的に優っていた。


J1優勝を決めた日(3日)から、中4日(8日:オークランドシティ戦)、そして中2日(11日:モンテレイ戦)と来た。

更に中2日でサントス戦(14日)、更に更にそこから中3日で3位決定戦(18日)まである。

柏レイソルの挑戦は、まだまだ終わらない。



←クリックお願いします

テーマ : FIFAクラブワールドカップ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59 |  クラブW杯  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.12.04 (Sun)

2012J、優勝は柏レイソル!!

2012年、Jリーグ、新たな歴史が刻まれた。

優勝したのは、柏レイソル。

昔から浮き沈みの激しいチームだったが、今回は、J1昇格して直後の優勝であった。


何が凄かったか。

あえて言うなら、ネルシーニョ監督か。

かつて、J開幕当初のヴェルディの監督を務め、日本代表の監督直前まで話が進んだ、あのネルシーニョだ。

今が61歳なので、当時は40代前半だったのか。


そのネルシーニョ、日本人選手をうまく起用し、チームスピリットを高め、一体感を醸し出した。

前線の日本人選手は、ターンオーバーと言っても良い程だった。

今年ブレイクした田中順也、復活した北嶋、ユース出身の工藤、南米帰りの澤昌克、夏までは、五輪代表でブレイクした大津祐樹もいた。

たしか、開幕戦は、田中と大津のツートップやったと思う。

この日本人選手らに、個の力を持った、レアンドロ・ドミンゲスとジョルジ・ワグネルがうまく絡んでいた。

後ろはよく知らないが、右サイドには、これまた今年ブレイクした酒井宏樹がいて、

GKには、私が横浜FC時代から日本代表に推薦している、菅野がいた。


しかし、それでも、この戦力で優勝したことは、本当に見事だった。

名古屋、ガンバの方が、圧倒的に戦力が揃っているのに。


ただ、このチームは、ユースが良い。

工藤、酒井、茨田・・・。

指宿も柏ユースだ。

今後も更に良い選手が出てくれば、常勝チームへと変貌できるだろう。



こう書いていると、気づく。

柏も変わったな、と。


昨年までは、DF古賀正紘、小林祐三、MF菅沼実、がいた。

2年前までは、GK南雄太、李忠成、フランサがいた。

そんなイメージが、すっかり変わっていた。


時代の流れ、か。



さて、これで、柏は開催国代表として、クラブW杯に出場する。

なんとか、勝ち上がって、サントスと対戦して欲しいものだ。

ネイマールと対戦できるし、そうすれば、3位決定戦でもレイソルを観ることができる。

最後まで、疲れてなければ良いけど。


柏レイソル、日本代表として、頑張ってください。

そして、おめでとうございます。


来年は更に熟成したチームになっていることを期待します。

←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:32 |  Jリーグ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.12.03 (Sat)

EUEO12組分け決まる!!死のグループは、オランダ、デンマーク、ドイツ、ポルトガル

EURO2012(ポーランド・ウクライナ共催)の組合せが決まった。

グループA
ポーランド、ギリシャ、ロシア、チェコ

グループB
オランダ、デンマーク、ドイツ、ポルトガル

グループC
スペイン、イタリア、アイルランド、クロアチア

グループD
ウクライナ、スウェーデン、フランス、イングランド


死のグループはBだ。

オランダ、ドイツは共にスペインに次ぐ優勝候補。

そこに、C・ロナウドのいるポルトガルが絡む。

でも多分、オランダとドイツやろうな。


遂に面白いのは、C。

優勝候補筆頭のスペインはトップ通過確実だが、2位争いが面白そうだ。

スペインとクロアチア、かな。

イタリアは厳しそうだ。


グループDのフランスとイングランドは、組みわけに恵まれた。

共に再建途上。

グループリーグで勢いに乗る時間が持てる。

普通にいけば、フランスとイングランドだが・・・。


グループAは、違う意味で面白い。

どの国も通過する可能性がある。

あえて予想するとしたら、ロシアとチェコ、かな。



開幕は来年6月8日。

これから出てくる若手もいるだろう。

逆に、この選手だけはケガしないでくれ、という選手、お願いします。

C・ロナウド、ルーニー、エジル、リベリ、アルシャビン、ロシツキ、モドリッチ、イブラヒモビッチ・・・。

この辺がケガしたら、チーム力が変わってしまうからな。

いずれにせよ、楽しみである。


←クリックお願いします

テーマ : EURO2012 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:46 |  EURO関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。