*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.07.30 (Sat)

連勝記録はまだまだ伸びる!!森田初打席本塁打!!

プロ野球後半戦が始まり、我らが阪神タイガースは、甲子園で中日と対戦。

私自身、今年7回目の甲子園だ。

座席はバックスクリーン寄りのライトスタンド。

良い席だ。


先発は能見。

1 右 マートン
2 中 平野
3 遊 鳥谷
4 三 新井
5 一 ブラゼル
6 ニ 関本
7 左 林
8 捕 藤井
9 投 能見


本日のハイライトは何といっても、和製ブラゼル、森田一成の同点ツーラン。

この日1軍登録されたばかりの森田が、5回にピッチャーの打順で代打で登場。

スコアは1-3。

1塁にヒットの藤井。

2球目。

勢いのある打球がレフトに。

これはひょっとしてホームランか!?

ホームラーン!!


今日はあかんかなーと思っていたが、これでスタンドは一気に盛り上がり。

勢いそのまま、8回に鳥谷の三塁打と新井の犠飛で5-3に。


最後は球児で、あと一人コール。


またしても、勝ってもた!!


これで、今年7回来て全勝。

ここ4年で12連勝。


いや~、最近一緒に行く人に、めちゃ喜ばれますわ。

ひょっひょっひょ。


←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : 阪神タイガース - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:19 |  阪神タイガース♪  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.07.14 (Thu)

甲子園、自身11連勝!!運が良過ぎる!!

甲子園に行ってきました。

伝統の阪神巨人戦。

私、これまで、自身10連勝中、そのうちサヨナラ5度。

今年に限って言えば、5連勝中のサヨナラ2度。

そんな私が、またもや記録を伸ばしました。


座席はライト上段。

ポールが邪魔になるが、まあしょうがない。



ではまず打順から。

1 中 平野
2 ニ 関本
3 遊 鳥谷
4 右 マートン
5 一 ブラゼル
6 三 新井
7 左 金本
8 捕 藤井
9 投 鶴


鶴!?

大丈夫やろか・・・と思っていたが、意外と5回まで良かった。


阪神は2回に新井の、サードゴロの打球がベースに当たりイレギュラー。

レフトに転がりラッキーな2塁打。

それを金本がバチーっと、右中間まっぷたつ。

先制!!

1-0のまま中盤に。

今年は飛ばないボールのせいか、ロースコアで進む。


そして、鶴。

6回に崩れたが、今年の救世主ルーキー岩田が救う。

8回コバヒロ、9回球児。

1-1の同点にも関わらず、勝ちに行く継投。

しっかり抑えて、9回ウラに。


先頭はマートン。

フラフラッと上がった打球はライトライン際にポトリと落ちる。

ここで代走柴田。

続いてブラゼル。

ナイスバッティングでライトに2塁打。

これでサヨナラかなーと思ったが、柴田は3塁ストップ。

無死2,3塁。


ワッショイワッショイ

わっしょいわっしょい

ワッショイワッショイ

わっしょいわっしょい


新井、敬遠。

無死満塁。


ワッショイワッショイ

わっしょいわっしょい

ワッショイワッショイ

わっしょいわっしょい


代打、桧山。

キター、桧山!!


桧山打った~~、浅めのライトフライ。

犠牲フライには少し足りないか・・・と思ったが、柴田、タッチアップ。


本塁バックホームよりもひと足早く、柴田がホームに滑り込む~~~!!!1!


ぅおっしゃ~!!!!

はじけまくるライトスタンド。

知らん人とハイタッチ。

六甲おろしの大合唱。


高架下に場所を移して、昔のヒッティングマーチの大合唱。

懐かしい~!!


今日も最高の1日でした。


で、冒頭に申し上げた通り、

08年からこの4年間で、11連勝、うちサヨナラ6度。

今年は6戦全勝、うちサヨナラ3度目。

今年は阪神のサヨナラが4度目やから、そのうち3回を、私が経験したことになる。


俺、やっぱサヨナラ男やな。

これからも頑張ろ。

←クリックお願いします

テーマ : 阪神タイガース - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:35 |  阪神タイガース♪  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.07.07 (Thu)

ロンドン五輪最終予選組合せ決定

2012年のロンドンを目指すアジア最終予選の組合せが決まった。


<グループA>
韓国
カタール
サウジアラビア
オマーン

<グループB>
オーストラリア
イラク
ウズベキスタン
UAE(アラブ首長国連邦)

<グループC>
日本
バーレーン
シリア
マレーシア


はっきり言って、かなり恵まれた。

シリア、マレーシアは確実に力が劣る。

最大の敵がバーレーンとは、なんという低いハードル。


こりゃ、確実に1位を決めないとね。

各組1位が出場権獲得。

2位以下はややこしいプレーオフに廻る。


ていうか、アジアで3.5枠は多すぎるんやけどね。


日本の課題は、

①関塚監督が呼びたいメンバーを呼べるか
  (海外組や、フル代表との兼ね合い、など)

②選手が集まる時間を確保できるか
  (南米選手権を辞退するほど忙しい今年のJリーグ、そして海外組)

③チームとしての世界での経験不足
  (U-20W杯を経験していない世代。これ、ここ数大会、こんなことはなかった。)



海外組のクラブのレギュラー(香川や宮市)はもう呼べないだろう。

宇佐美は、バイエルンでの出来次第。(ただし出来過ぎるとザックに持ってかれる)

仮に、この3人が呼べたとして、チームにすんなり溶け込めるかどうか・・・。


国内組の、今後の選手の急成長に、期待したい。

永井、大迫、原口、山田、東、清武、大津・・・


←クリックお願いします

テーマ : サッカー五輪代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:16 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。