*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.05.29 (Sun)

やはり凄かったバルサ、欧州王者に。

2010‐2011欧州CL決勝。

マンチェスターUvsバルセロナ。

2年前の決勝の再現となった。

2年前のマンUvsバルサ


3時半に起きて、TV観戦。

今年は、シーズンが終わってからだったので、土曜日開催となった。

これまで平日やったから、こんなん初めてのケースちゃうかな??


バルサのスタメン

GK:V・バルデス
DF:ダニエル・アウベス、ピケ、マスチェラーノ、アビダル
MF:ブスケッツ、シャビ、イニエスタ
FW:メッシー、ビジャ、ペドロ

このうち、バルデス、ピケ、ブスケッツ、シャビ、イニエスタ、メッシーの6人が、2年前に引き続きスタメン。


マンU

GK:ファンデルサル
DF:ファビオ、ファーディナンド、ヴィディッチ、エブラ
MF:キャリック、ギグス、バレンシア、朴
FW:ルーニー、ハビエル・エルナンデス

ファンデルサル、ファーディナンド、ヴィディッチ、エブラ、キャリック、ギグス、朴、ルーニーの8人が、2年前に引き続きスタメン。
・・・C・ロナウドが抜けたぐらいで、ほとんど変わっていない。



試合内容はと言うと、序盤の10分はマンUのペースだったが、それ以降は全てバルサポゼッション。

全体的にスピードがめちゃくちゃ早く、さすが、CL決勝という内容であった。

マンUのプレスもかなりのものだったが、バルサのパススピードとトラップの正確さは、そのプレスをかいくぐっていった。


前半にシャビのパスからペドロが決めてバルサが先制する。

2点目を狙うバルサに対して、ルーニーが、これぞポストシュートのお手本というようなプレーで(ポストはギグス)、同点に追いつく。

この辺は流石。


しかし、後半、一瞬、ギアを上げたメッシーのスピードに、マンUDF、ファンデルサル、反応できず、メッシーのシュートが決まる。

激しく喜ぶメッシー。

ゴール直後のメッシーのこの喜びよう、こんなの見るのは初めてではなかろうか。

それぐらい気合が入っていたのだろう。


更にビジャが、俺もとばかりに決める。

右足で巻いた、見事なコントロールショット。


3-1。

勝負有り。


あのバルサのポゼッション、もう反則ものである。

はっきり言って、うますぎる。

メッシー、イニエスタ、シャビ。こいつら特に。



最近、少しお疲れ気味、疲弊気味と感じていたが、全くそんなことはなかった。



と、いうわけで、今年のクラブW杯、大変楽しみになりました。

3年ぶりの日本開催。


あと、心配なことは、移籍と、ケガ。

これだけですな。


あ、あとそれと、放射能か。


バルサの皆様、万全な体勢で、日本にお越しいただきますよう、宜しくお願い致します。



←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:09 |  欧州CL  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2011.05.28 (Sat)

本番直前の五輪代表、メンバー発表

ロンドン五輪を目指して、6月にクウェートとH&Aで闘う関塚JAPAN。

ここで負ければ、これで終わり。

そんな大事な試合を前にしての最終調整が6月1日に行われる。

その試合の代表メンバー23名が発表。

GK
権田修一(FC東京)
増田卓也(流通経済大学)
安藤駿介(川崎フロンターレ)

DF
實藤友紀(川崎フロンターレ)
比嘉祐介(流通経済大学)
鈴木大輔(アルビレックス新潟)
吉田豊(ヴァンフォーレ甲府)
酒井宏樹(柏レイソル)
濱田水輝(浦和レッズ)
酒井高徳(アルビレックス新潟)
扇原貴宏(セレッソ大阪)

MF
山本康裕(ジュビロ磐田)
清武弘嗣(セレッソ大阪)
山村和也(流通経済大学)
村松大輔(清水エスパルス)
東慶悟(大宮アルディージャ)
山口螢(セレッソ大阪)
登里享平(川崎フロンターレ)
原口元気(浦和レッズ)

FW
永井謙佑(名古屋グランパス)
山崎亮平(ジュビロ磐田)
大津祐樹(柏レイソル)
大迫勇也(鹿島アントラーズ)


●毎回書いてるが、本当に後ろが心許ない。大丈夫なんやろうか・・・。

●この世代では文句なしのレギュラー、FC東京の米本がケガをし、全治8ヵ月らしい。誰がボランチやんねん・・・。

●個人的には、原口と大津に期待。

●金崎夢生は、入らへんの??



そもそも、ロンドン五輪、行けるのだろうか。

この世代、U-20W杯出場を逃しているため、この世代だけでチームを組んだということがほとんどない。

これまでなら、U-20をきっちり経験して、ベースとなるU-22がいて、そこにU-20が食い込んで・・・となるのだが、それがなかった。

全くベースがないのだ。

ある意味、U-22オールスター、みたいなノリ。

香川や宮市らがいるが、彼らはすでに世界で存在感を出している。なかなか招集できないだろう。



さて、関塚監督、どうチームを創る!?

北京の反町監督よりは、優秀であると私は思っている。

攻撃的な川崎Fを作りあげた監督と私は思っている。

どうぞ宜しくお願いします。



←クリックお願いします

テーマ : サッカー五輪代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:11 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.05.28 (Sat)

キリンカップのA代表発表

キリンカップの代表25名が発表された。

6月1日ペルー。

6月7日チェコ。

GK 
川島永嗣(リールス)
東口順昭(新潟)
西川周作(広島)

DF 
今野泰幸(FC東京)
栗原勇蔵(横浜M)
伊野波雅彦(鹿島)
長友佑都(インテル・ミラノ)
槙野智章(ケルン)
安田理大(フィテッセ)
内田篤人(シャルケ)
吉田麻也(VVVフェンロ)

MF 
遠藤保仁(G大阪)
長谷部誠(ウォルフスブルク)
柴崎晃誠(川崎)
森脇良太(広島)
細貝萌(アウクスブルク)
家長昭博(マジョルカ)
西大伍(鹿島)

FW
前田遼一(磐田)
李忠成(広島)
関口訓充(仙台)
岡崎慎司(シュツットガルト)
本田圭佑(CSKAモスクワ)
興梠慎三(鹿島)
宇佐美貴史(G大阪)


思うこと、以下、箇条書きで。

●25人、ちょっと選び過ぎちゃう?? 2試合しかないのに。

●森脇と、西は、サプライズだ。サイドで存在感を発揮できるか。

●フィテッセ安田、いるのかな??

●槙野と吉田のCB、期待したい。

●柴崎、初選出。ていうか、今頃!? 元々有名だったが、もう若いとは言えず、今年27歳。川崎F移籍が吉と出たが、定着できるだろうか。

●細貝って、やっぱりいるのか!?

●家長、超期待大だが、馴染むかどうか・・・。ガツガツ行く家長が観たい。

●宇佐美の大化けに期待。家長と宇佐美のガンバユースコンビは、このメンツの中で最も意外性を秘めている。揃って先発して欲しいが、それはないやろうな・・・。

●アジアレベルながら、ドイツでようやく2点取れた岡崎は、キリンカップレベルなら点が取れるはず。



先発希望。(予想ではなく、希望)

GK:西川
DF:内田、槙野、吉田、長友
MF:遠藤、長谷部、宇佐美、家長、本田
FW:前田



なんか、南米選手権辞退を決めてから、いまいち気分が乗らない。

いくら国内で、スポンサーに良い顔して、他国のB代表と闘って、勝っても、うれしくもなんともない。

それだったら、南米で、アルゼンチンとやって、ぼこぼこに負けたり、コロンビアにズル賢くされたりした方が、よっぽど面白かったのに。


あー、南米選手権、観たかったなー。



←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:49 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.05.18 (Wed)

やはり辞退、南米選手権。残念でしょうがない。

やはりと言うべきか・・・

南米選手権を辞退することになった。

南米選手権自体は、絶対にしてはいけないという私の意見は、以前にも述べた。
(→こちら 3月22日 )

アルゼンチンサッカー協会のグランドーナ氏の説得により、再び参加の意向を示したが、

日本サッカー協会の足並みは揃わず、Jリーグの協力も得られず、絶対参加するという熱意も見れず、欧州各クラブの説得もできず。

結局、ダメでした、とさ。

なんやねん、これ。



まず1点目。

何故、Jの日程を、7月に詰め込もうとする??

そんなことをすれば、Jのクラブが乗り気にならないことが目に見えている。

後半に詰め込むとか、その気になれば絶対にできるはずだ。

その気になれば。

水曜日に入れればよいし、12月にもたっぷり詰め込めばよい。

ナビスコは中止にして、天皇杯は、Jリーグをスーパーシードにすればよい。

7月に埋めなければ、Jは協力できたはずだ。



2点目。

7月にJが組み込まれたとして、Jリーグ側は、何故、協力しない??

国を代表して、南米へ出陣する選手を、何故、拒否る??

1クラブ1選手のみって、何??

選手がケガされたら困るからとか、給料払ってんのはクラブやからとか、そういうのは分かるけど、そんなん言い出したら、国の代表戦はどうなる!?

ましてや、小さな大会や、アジアの大会なら、まだ分かる。

でも今回は、南米選手権やで。

アルゼンチンの選手と、南米の古豪と、アウェーで、ガチで、試合できる貴重な貴重な大会やで。

普通、出られへんのに、わざわざ招待国として、お呼ばれしてんねやで。

是非うちの選手を選んでくださいっていう姿勢なんちゃうのかなー。


3点目。

報道によると、海外クラブで強く拒否しているのはドイツ勢だと聞く。

アジアカップの香川の例があるから、そうなるのだろう。

だが、別に出してもよいクラブもあるはずだ。

ケルンの槙野とか、矢野貴章なんて、ほとんど出場してへんのに、何で拒否る必要がある??

交渉次第で、香川、長谷部、内田の招集は無理でも、槙野、矢野らは、招集できたはずである。

ドイツのクラブが右へ習えしているだけだろう。


他の海外組はあまりニュースになっていないが、実際のところ、どうだったのだろう。

安田なんてやる気満々やろうし、長友の場合、セリエAは開幕が他のリーグより遅いので、支障はないはずだ。

カターニャ森本だって、移籍するらしいから、どこ行くかわからん。

交渉次第で、どうにでもなるだろう。


日本サッカー協会は、本気で交渉しているのだろうか。



4点目。

仮に、欧州いくつかのクラブで拒否され、Jリーグは1クラブ1選手にしたとしよう。

Jリーグは18チームあんねんで。

単純に考えて、18人確保できる。

そこに、海外組5人は招聘できたとすれば、23人出来上がりだ。

J2のFC東京からも1人選ばれるとしたら、海外組は4人で足りる。

4人ぐらい、呼べるやろ。


てことはチーム作れるやん。

日本代表、作れるやん。

南米選手権、参加できるやん!!



では仮に、1クラブ1人なら、どんなメンツになるか、私が監督なら。


ベガルタ仙台 太田吉彰
モンテディオ山形 石川竜也
鹿島アントラーズ 小笠原満男
浦和レッズ 原口
大宮アルディージャ 深谷
柏レイソル 菅野
川崎F 中村憲剛
横浜FM 谷口
甲府 ハーフナー・マイク
新潟 酒井
清水 枝村
磐田 前田
名古屋 闘李王
G大阪 宇佐美
C大阪 丸橋
神戸 大久保
広島 西川
福岡 いらない
FC東京 今野

バランス考えて、パット思い浮かぶのはこんな感じかな。

これに、長友、松井、家長、森本、安田、槙野、あたり選べば、充分楽しみなチームができる。




以上のことから、こう叫びたい。

だから、南米選手権に出場してくれ~~~~~
←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:29 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.05.18 (Wed)

甲子園、自身7連勝!!

大学の友人と甲子園に行ってきました。

5月の晴れた日曜日のデーゲーム。

今回は1塁アルプス席。


1塁アルプスから見るライトスタンドって、賑やかで、きれいで、ちょっとおかしくて、え~な~と思う。

甲子園の名物やな。


もちろん1塁アルプスも、面白い人がたくさん。

城島に、「打て!!打つんだジョー!!」て言うてました。


で、連敗中の阪神は、真弓監督は、遂に打順を変えてきた。


1(ニ)平野
2(中)俊介
3(遊)鳥谷
4(三)新井
5(右)マートン
6(左)金本
7(一)ブラゼル
8(捕)城島
9(投)メッセンジャー


1回表の鳥谷のアクシデントで、1回裏、いきなり鳥谷に代打上本。

上本って、誰や~~~


って感じやったけど、終わってみたら、上本ヒーロー。

3-1の勝利でした。

榎田の好投と、小林劇場と、藤川球児、見れました。


お立ち台は、俊介と上本。

広島広陵高校の先輩後輩だそうです。


これで、私の観に行った試合は4年がかりで、7連勝!!

さて、どこまで伸びるでしょーーか。



・・・このブログの私の阪神の記事、備忘録化してますな。


←クリックお願いします

テーマ : 阪神タイガース - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:19 |  阪神タイガース♪  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.05.02 (Mon)

復興に向けて~被災地仙台から太田の2ゴール

ブランメル仙台・・・じゃなかった、ベガルタ仙台が、復興に向けて、第一歩を歩みだした。

ベガルタカラーに染まったユアテックスタジアムの今季開幕戦。

仙台は、浦和に、1-0で勝利をおさめた。

内容はともかくとして。


今季は是非ともベガルタ仙台に頑張って欲しいと思う。

戦力としては、かなり心許ないが、

鹿島からマルキーニョスを獲得したのに、地震のおかげで1試合のみ出場で退団してしまったが、

京都から獲得した元日本代表の、柳沢はケガしてしまったが、

手倉森監督の見た目に、華やかさがないのが気になるが、

それでもやはり、頑張って欲しいと思う。


何故なら、サッカーが、人々を元気にさせる、熱狂させるもの、であるから。



で、この日の決勝点を決めた太田吉彰だが、J再開の前節も、先制点を挙げている。

震災後のJリーグ2試合で2得点。

気持ちが入っているのを感じる。

実は、この太田吉彰。

このブログにこれまで何度も登場している。

私が勝手に推薦している日本代表候補として。


ジュビロ太田が海外挑戦


名波、藤田らが去ったジュビロ磐田において、福西や西らとチームを支えていた太田。

右サイドから、キレキレのドリブルを見せていた太田。

まだ28歳。

間違いなく、実力はある。


ベガルタは良い選手を獲得した。

今後とも、チームを引っ張っていってほしいものだ。


←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:33 |  Jリーグ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。