*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.01.30 (Sun)

スーパーボレー、李忠成

日本が、オーストラリアに、勝った、勝った、勝った~!!!

アジアカップ2011、決勝。

やってくれました、日本!!

延長戦の末の、1-0。

優勝です!!


試合展開としては、韓国戦と違って、ゆーったりとした感じ。

オーストラリアのロ~ングボール攻撃に、なかなかの劣勢でした。


怪我の香川に替わって入ったスタメンは、予想通り藤本淳吾。

しかし、藤本淳吾、全然思い切りできてなかった。

仕掛けないし、ポジション飛び出して行かへんし。

もう少し、エスパルスでやっているようなプレーをして欲しかった。

予想通り、後半早々に交代。

替わって、岩政が入ってきた。


おいおい、また3センターの5バックかよ!!っと思ったら、今野を左に、長友を中盤に、左に入っていた岡崎を右に、というポジションチェンジとなった。

ほほぅ、長友を中盤にね・・・。

これで得点が入るとしたら、長友のセンタリングに、岡崎か前田か、そんなパターンやろうな~。

ていうか、それしか考えられへん。

岡崎一人やと、相手がオーストラリアやったらゴール前まで行かれへんし、本田もすぐに囲まれる。

前田のところでは収まらない。

長友が走って、頑張ってセンタリング上げて、岡崎のダイブ・・・

と思ったらほんまにそんなシーン出てきた。

惜しかったな、あれ。


そして、川島のスーパーセーブや、吉田、岩政の、足元おぼつかないなりにも、空中戦はしっかり競っていたおかげで、0-0のまま延長線へ。

あー、また寝させてくれないんやね。

そして、PKの匂いが漂ってきた、延長後半4分。


左サイド長友からのセンタリングに、何故かド・フリーの李。

頭で行くのかな、と思ったら、左足を構えて、上から叩きつけた見事なボレーがズドーン!!!

うおおおおおおぉぉぉぉぉぉ~~~

リーゴーーール!!!


見事な見事なダイレクトボレーが、オーストラリアゴールに突き刺さった。


さて、後10分。

韓国戦では追いつかれたけど、これを守れるのだろうか、日本。

相変わらず続くオーストラリアのロ~ングボール。

危ない場面をあったが、なんとか身を呈してゴールを許さず、試合終了のホイッスルが・・・。



いや~、でも本当に良かった。

これで、2013年の、コンフェデレーションズカップに出場できる。

コンフェデは、W杯の1年前に開催されるプレW杯のようなもので、各大陸王者が出場する大会。

スペインや、ブラジルとも試合が出来る可能性のある大会。
(ブラジル戦の中村俊輔のスーパーミドルは、このコンフェデで生まれた。)

前回は、これに出場できず、非常にもったいないことをした。

そういうこともあって、このアジアカップ、優勝が必須だった。

優勝しなければ、何の価値もない大会。

そんな大会に、しっかり優勝できた日本。

やるやん、ザック、いや、ザッケローニ。


しかし、それにしても、決勝点の、李忠成のボレーは凄かった。

よく、ふかさなかったものだ。

あのボールをボレーしようとすると、バーを越えてしまうのがお約束。

そんな状況なのに、大振りせず、しっかりミートし、上から叩きつけた。

完璧すぎるシュートに、相手GKは動けなかった。

これ、2000年のアジアカップの、名波のボレー並のビューティフルゴールやと思う。

日本サッカー史に残るゴールと言って良いだろう。

(ただし、今後、李が代表に定着できるかというと、それはないと思う。残念ながら。)




ところで、話は変わるが、キーウェルってまだおったんやね。

ハリー・キーウェル。

昔、プレミアリーグのどっかにおって(リーズやったか、リバプールやったか)、当時、オーストラリアで最も名の売れていた選手。

多分私が大学生ぐらいの時とちゃうかな。

少なくとも、2006W杯の大戦より前やったと思う。

ちょっと懐かしかった。

そういえば、名古屋のケネディはどうしたんやろ。

監督、浦和のオジェックやったんやね。




というわけで、サッカー日本代表、次の大きな大会は、南米選手権。

地球の裏側で、ブイブイ言わせる日本が見たい!!

←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  03:28 |  日本代表  | TB(0)  | CM(7) | Top↑

2011.01.27 (Thu)

恐れていたケガ・・・香川の骨折

サッカー選手として、いや、サッカー愛好家も含めて、最も怖いのは何か。

それは、ケガである。

できるのに、できない自分・・・。

これほど歯がゆいものはない。


これは、、観る側からしても言える。

楽しみにしている選手のケガは、本当に辛い。



先日の韓国戦で、香川伸司が、小指のつけ根付近にある右足第5中足骨(サッカー選手が疲労骨折などをしやすい個所らしい)を骨折した。

全治2~3ヶ月程かかるという話。

なんということだ・・・。

決勝のオーストラリア戦に出れないだけでなく、ドルトムントでの試合にも、もろに影響してくる。


というか、むしろ香川のキャリアとしては、後者の方が、影響大だ。

ドルトムントは、現在ブンデスリーガ首位。

しかも、その中で香川は、攻撃の中心として活躍している。

このまま優勝でもすれば、この年の、ドルトムントの香川は、永遠に語り継がれることになるだろう。

それぐらいのインパクトのある活躍をしている最中に・・・。

惜しい、本当に、惜しい。

なるべく早期の復帰を望むばかりである。

優勝決める前に、帰ってきておくれよ~!!



というわけで、コンフェデレーションズカップの出場権を賭けた、アジアカップ決勝。

日本は、若きエース抜きで、戦わなければならない。


では、香川抜きでどう闘うか。

松井大輔はすでにケガでチームを離脱。

このチームに、攻撃的キャラの中盤は、藤本淳吾と、柏木しかいない。

一部の報道では、右に藤本、左に岡崎という、昨年までのエスパルスの両翼でいくのではないか、とも言われている。

まあ、私はそれで良いと思う。

藤本淳吾、ファンタジスタの要素がある、十分に面白い選手である。

格好良いし。

FKとか、蹴ってほしいな。

まあ本田が譲らんやろうけど。

柏木は、中央の選手やから(まあもともと藤本もやけど)、柏木が出るなら、本田がサイドに開いてトップ下柏木が良いやろね。

間違っても、トリプルボランチとか、不細工なことはせんとってほしい。



オーストラリア、今こそ、06W杯の借りを返す時!!

頼みます。

←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:54 |  日本代表  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2011.01.26 (Wed)

韓国に勝った!!PKやけど勝った!!

アジアカップ準決勝、vs韓国。

公式戦の、日韓戦だ。


ここしばらく韓国には負けた記憶しかないので、ここは是非とも勝ってほしい!!

ということで、久々に気合入れて観た。


GK
川島

DF
内田、今野、岩政、長友

MF
底に長谷部、遠藤、前に岡崎、本田、香川

FW
前田


吉田の出場停止のところに岩政が入り、後は同じスタメン。


前半はかなり面白かった。

日本も何度か際どいシーンを作り、韓国も朴智星がグイグイ来る。

PKで先取点を取られたが、日本が見事な連携で同点に追いつく。

本田のボールキープから、その間に左サイドを駆けあがる長友。

そこに本田からスルーパスが通る。

長友、その勢いのままドリ、ドリ、撃て~!!

おっと、体制が悪い、中央の前田に預けた、前田が倒れ込みながらシュート~!!

1-1。

その後も、日本の時間帯もあり、かなり面白かった。


そして後半。

メンバーそのまま。

後半になると、日本はあまり良いシーンを作れない。

韓国もそうだが、大味な試合展開となる。

特に、香川と細貝が交代してからは、とんと魅せ場がなくなった。

ていうか、なんで香川と細貝が交代なのだろうか。

本田がサイドに開いて、トリプルボランチとなったのだ。

こらザック、なんであんたもトリプルボランチやねん!!

岡ちゃんかよ。

これで攻撃の枚数は、たった3枚(前田、本田、岡崎)になった。


しかし、韓国も、ワントップの10番を引っ込めてから、全然チャンスを作れなくなっていた。


お互いに攻撃時の枚数が少なく、気合いだけが増していく試合になっていった。

こりゃ延長戦やな。


で、予想通りの延長戦。

なんと日本はここでPK獲得。

ラッキー♪

あれはどーみてもPKとは呼べないやろけど。

本田がど真ん中に蹴るが、グループリーグの時にも試合中のPKをド真ん中に蹴っていたため、GK動かず、止められてしまった。

が、そのこぼれ球に、なんと細貝が詰めていた。

ナイス、よく詰めた細貝!!

プレーは褒められたものではないが、この場面だけは、細貝、よくやった!!


ところが、延長前半終了間際、とんでもない選手交代が起こる。

前田に代えて、伊野波。

伊野波??

前田に代えて!?

どう使うんかと思ったら、なんとトリプルセンターバック。

なんやこれ、前代未聞や。

センターバック3枚。ボランチ3枚。

攻撃、岡崎と本田のみ。

これに長友が加わる程度。

ちょっと待てよ、まだあと延長後半の15分あるんやで。

こんな攻撃を放棄した布陣で、15分も持つんかいな・・・。

しかも、長谷部が足吊って退場し、交代選手は本田拓也。

なんで本田拓也やねん。

有り得へんわ、と思ってたら、短時間にアフタースライディング2回。

こいつ、すぐ退場なるで、というようなプレーをガムをくちゃくちゃ噛みながらしていた。


そして、なんか、06ワールドカップのオーストラリア戦のような雰囲気を感じていた矢先・・・

決められてしまいました。


この辺が日本の弱い所ですな・・・。

と言うより、攻撃を放棄し過ぎや。

これが、あの、ウディネーゼで、退場者を出しながら、DF3枚のまま闘い続けたザッケローニなのだろうか・・・。


というわけでPK戦に。

相手はもうノリノリ。

日本は、代表歴のあっさーい選手多数。

誰が蹴るねん・・・。


先行日本。

一人目本田圭佑。

試合中のPKは止められてるが、決めた。

韓国一人目。

川島、見事なセーブ!!

やるやん。

しかも飛び方が格好良かった。

止めた後、必要以上にクルクル回転。

ええな、あれ。


日本2人目、岡崎。

岡崎が蹴んの??

宇宙開発しそうやけど・・・決めてくれた。

韓国2人目。

今度は川島、体で(足かな)セーブ。

続けて止めた、川島。

吠える川島。

やるやん。


日本3人目。

キッカーのネタ切れ。

遠藤は取っておくとして、出てきたのが長友。

いや、長友よりも、遠藤で確実に決めておいて、韓国にプレッシャーかけた方が良いんちゃうんと思いながらも・・・

宇宙開発~!!

やってくれました。

韓国3人目。

右に外してくれた~!!ありがとうキック~!!


よしこれで長友のミスはチャラや。

ここで決めて、試合を決めてしまえ~!!

蹴るのは・・・なんと、今野。

実況曰く、今日が誕生日らしい。

別にええけど、大丈夫??

こんな大事な場面で、PK、蹴ったこと、ある??

今野、今野、今野~~~・・・決まった~~~!!!!!


苦しみながらも、PK勝ち。

結果オーライでした。


いや~、しかし、なんかね。

日本国民としては、心臓に悪いですな。

まあ恐らく次の決勝も、こんな試合になるでしょう。

カモン、オーストラリア。


決勝は、29日24:00キックオフ。


(なんか眠たいから、文章無茶苦茶な気がします。お許しくださいまし。)

←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  02:13 |  日本代表  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2011.01.22 (Sat)

アジアカップ4強に、本番はこれから。

アジアカップ。

日本は、開催国のカタールに逆転勝ちし、ベスト4進出を決めた。

この大会で義務付けられているのは、コンフェデレーションズカップへの出場権獲得。

すなわち、優勝だ。

優勝以外に、この大会の意義は、はっきり言って、ない。



これからの対戦相手は、恐らく、次(準決勝)が韓国。

その次(決勝)がオーストラリア。


そう考えると、アジアカップの勝負所は、これからと言えるだろう。

カタールに逆転勝ちした勢いのまま、買って欲しいと思う。


準決勝は、25日22時25分キックオフ。

決勝は、29日24時キックオフである。


コンフェデ出場権獲得、どうか、宜しくお願い致します。



というわけで、これまでの試合、実はあんまりちゃんと観ていない。

その中で、香川、長谷部は、他の選手と比べて、別次元のプレーをしているなという印象がある。

香川のスペースへの走り込み、スピードの乗ったままのトラップ、かなり良い。

カタール戦の3点目、長谷部の強くて正確なパスと、香川のトラップ。

あれ、ワールドクラスやで。

あと、岡崎が切れているらしいが、さすが、アジアレベルのストライカー。

アジアでは、きっちり仕事ができる。

(ちなみに、私の中で、アジアレベルの最強ストライカーは、田中達也と岡崎である。)


個人的に、藤本淳吾、見てみたいんやけど、出てこーへんかなー。


←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:38 |  日本代表  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2011.01.11 (Tue)

滝川第二、初優勝!!

第89回全国高校サッカー選手権大会。

滝川第二(兵庫)vs久御山(京都)

初の関西対決。


5-3で、滝ニが勝ち、初優勝を果たした。

おめでとうございます!!



いやー、凄かった、今年の滝ニ。

初戦観た時は、これは結構いくかなと思ったけど、なんと優勝してしまったで。

初戦:駒場に6-1(浜口、樋口、樋口、浜口、樋口、香川)

二回戦:鹿島学園に4-1(白岩、浜口、樋口、浜口)

三回戦:青森山田に2-0(樋口、OG)

準々決勝:日章学園に3-0(本城、樋口、浜口)

準決勝:立正大湘南に0-0のPK勝ち

決勝:久御山に5-3(浜口、樋口、本城、浜口、樋口)


10番、11番、樋口、浜口のダブルブルドーザー、これ、まじ凄い。

まさにゴリゴリ系2トップだった。

チーム内で得点王争いし、樋口が8点、浜口が7点。

そして、右ウイングのように振る舞う9番本城も、効いていた。


高校サッカー史に残る、強力2トップと言えるだろう。



ところで、滝ニと言えば、我らが世代は林だった。

林丈統。

あの東福岡相手に一人対抗していた、林。

やっぱ高校サッカーで、滝ニと言えば、岡崎よりも、金崎夢生よりも、林やな~。

ほんま、優勝できて良かった。


ヴィッセル神戸、将来はこのダブルブルドーザーで2トップ組んだら良いのに。



あと、久御山も良いサッカーしていた。

バルサ風、今風やね。

今後もとことん追求してほしいと思う。

それにしても、あの笑顔、楽しそうやったな。



やっぱ高校サッカーって素晴らしいわ。




←クリックお願いします

テーマ : 第89回全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:19 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.01.08 (Sat)

FIFA理事のポストを失った日本

日本サッカー協会の田嶋幸三副会長が、アジア・サッカー連盟(AFC)選出のFIFA理事選に落選した。

詳細はよくわからないが、2つの枠に4人が立候補し、タイとスリランカの人が当選し、日本と中国が落選したそうだ。

これまで日本は、小倉純二現日本サッカー協会会長が、2002年から8年間(2期)、FIFA理事を務めてきた(72歳となり退職)。

その後任とし、田嶋幸三副会長が立候補していたのだが・・・。


さて、これで今後どうなるか。


まず、FIFAの決定に、日本の意思を込めることが不可能になった。

クラブW杯、今後日本でできるやろか・・・。


そして、FIFAの情報が入手できなくなった。

FIFAが、ブラッターさんが、今、何を考えて、何をしようとしているのか、間近で感じる人物がいなくなったのだ。


これ、大丈夫かな・・・。


この出来事、どうも一大事のような気が、凄くする。





←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  14:33 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.01.05 (Wed)

正月は高校サッカー

正月は、元旦の天皇杯決勝と、高校サッカー。

これ、毎年恒例の定番でございます。


さて、今年の選手権。

一言言わせていただきます。


『おいっ、日テレ!!選手権のHP、動画が全然更新されてへんやんけ~!!』

昨年は、試合の翌日には全試合、ハイライト動画があったのに、今年は、今、書いてる段階で一つもない。

もうベスト4が出揃ってしまったのに、まだない。

誰や、さぼってんのは。



というわけで、あまり今年は語れずにいました。

宮市亮。

たしかに凄いけど、アーセナルはどうかな~。

ちょっと飛びすぎちゃう??

青森山田、柴崎。

たしかにキックはうまい。

でも、それ以外のプレー、そんなに言うほどか!?

体ができてないし、ちょっと過大評価されてる気がする。




で、準決勝は次のようになりました。


流通経済大柏vs久御山

滝川第二vs立正大湘南


流通経済大柏は、3年前の再現なるか。

第2の大前元紀は現れるか。

久御山。良いサッカーしている。

滝川第二。ゴリゴリFWが良い。

立正大湘南。よく知らない。


準決勝は、8日土曜日。

今年は、久御山か滝川第二、が良いな。


←クリックお願いします

テーマ : 第89回全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:51 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。