*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.12.24 (Fri)

アジア杯代表23名発表!!

アルベルト・ザッケローニが、1月に開催されるアジア杯の代表メンバー23名を発表した。

さて、どんなメンバーか・・・


GK 
川島 永嗣(リールス)
西川 周作(広 島)
権田 修一(F東京)

DF
岩政 大樹(鹿 島)
今野 泰幸(F東京)
伊野波雅彦(鹿 島)
長友 佑都(チェゼーナ)
槙野 智章(広 島)
内田 篤人(シャルケ)
吉田 麻也(VVVフェンロ)
酒井 高徳(新 潟)

MF
遠藤 保仁(G大阪)
松井 大輔(ト ム)
長谷部 誠(ウォルフスブルク)
藤本 淳吾(清 水)
本田 拓也(清 水)
細貝  萌(浦 和)
本田 圭佑(CSKAモスクワ)
柏木 陽介(浦 和)
香川 真司(ドルトムント)

FW
前田 遼一(磐 田)
李  忠成(広 島)
岡崎 慎司(清 水)



注目は、DFでは槙野(23歳)、吉田麻也(22歳)、酒井高徳(19歳)。

槙野はJリーグでは、パフォーマンスと得点力で既に有名だが、代表ではまだ実績がない。

吉田はオランダでどう成長しているか。

酒井は、よく知らなかったのだが、母親がドイツ人らしい。


MFでは、藤本淳吾(26歳)、柏木(23歳)、香川(21歳)。

藤本淳吾は新人のころから好きな選手。テクニックは間違いない。フィットするかどうか。

柏木もしかり。テクニックは間違いない。適応するかどうか。個人的にはボランチの方が生きると思う。

そして香川。日本のロシツキ。ロシツキはピッチ上のモーツァルトと呼ばれた。
(てことは香川はモーツァルトか!?いや、日本だから滝廉太郎か。)

香川は代表でも輝けるか。

現在のドルトムントでうまく行き過ぎているので、代表でケガとかしてほしくないものだ。

本田拓也と細貝。

よく選ばれましたな。

個人的には、このポジションのこのキャラ、今野の方が良いんやけどな~。

細貝はレバークーゼンらしいからうまくなったんやろうな。

本田拓也は、北京五輪の時のイメージが強いから、あんまりな~。

まあすぐにバレるやろ。


FWは李忠成。

柏から移籍して大正解。佐藤寿人の故障中に見事に復活した。

けども・・・代表の器かというと、どうやろうか・・・。

まあアジアレベルやな、岡崎同様。



というわけで、希望スタメン。

GK西川

DF内田、槙野、吉田、長友

MF底に長谷部、遠藤(柏木)、前に松井、香川、本田圭佑(藤本)

FW前田


これやね。


で、優勝して、前回取れなかったコンフェデレーションズカップの出場権を取って来てください!!



ちなみに、予備登録メンバーと、その中から私が希望していたメンバーはこちら







←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:27 |  日本代表  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2010.12.18 (Sat)

欧州CL決勝T1回戦組合せ~早くもバルサアーセナル~

欧州CL、決勝トーナメント1回戦の組合せが決まった。



ローマ(イタリア)vs シャフタル・ドネツク(ウクライナ)

ACミラン(イタリア)vs トッテナム(イングランド)

バレンシア(スペイン)vs シャルケ04(ドイツ)

インテル(イタリア)vs バイエルン(ドイツ)

リヨン(フランス)vs レアル・マドリー(スペイン)

アーセナル(イングランド)vs バルセロナ(スペイン)

マルセイユ(フランス)vs マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)

FCコペンハーゲン(デンマーク)vs チェルシー(イングランド)



最大の好カードは、バルセロナvsアーセナル。

こんなところでぶつかってしまうとは、何と言うもったいない組合せ。

決勝のカードでも良いのに。


また、昨年のファイナルカードが、早くも激突。

インテルvsバイエルン。

バイエルンが意地を見せてくれるような気がする。


レアルの相手はリヨン。

これ、実は昨年に引き続き、である。

昨年はリヨンがレアルに勝利。

今年も頑張れっておくれ、リヨン。


内田のシャルケ、いや、ラウールのシャルケはバレンシアと。

レアルやったら、面白いことになっていただろうに。



個人的予想を一応書いておく。

ローマ、ミラン、シャルケ、バイエルン、リヨン、バルサ、マンU、チェルシー。


・・・ていうか、マジでバルサアーセナルはもっと後やって!!!!!

もったいねー・・・。




←クリックお願いします

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  16:15 |  欧州CL  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.12.12 (Sun)

クラブW杯やってますが・・・

「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブW杯 UAE2010」が開催中です。

日テレが一生懸命放送してますが、全く盛り上がっていません。


開催国はUAE。

アジア代表は韓国のクラブ。

欧州代表は、セリエAのインテル。

南米代表は、インテルナシオナル。

放送は日本時間の夜中。


ん~、厳しいですな。


で、昨日ベスト4出揃いました。


準々決勝は次の2試合です。

14日:インテルナシオナルvsマゼンベ(アフリカ大陸代表)

15日:インテルvs城南一和


決勝は18日(土)26:00。


やはりJリーグのクラブが、ACLで勝たないといけません。

そうしないと、この時期日本で盛り上がれませーん!!

←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:42 |  クラブW杯  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.12.09 (Thu)

欧州CL、ベスト16出揃う

欧州CL、グループリーグ最終戦が行われ、ベスト16が出揃った。


A組
トットナム
インテル

B組
シャルケ04
リヨン

C組
マンチェスターU
バレンシア

D組
バルセロナ
コペンハーゲン

E組
バイエルン
ローマ

F組
チェルシー
マルセイユ

G組
レアル・マドリー
ACミラン

H組
シャフタル・ドネツク
アーセナル


ほぼ、順当と言って言いだろう。

国別で見ると、

イングランドが4(マンU、チェルシー、アーセナル、トットナム)

スペインが3(バルサ、レアル、バレンシア)

イタリアが3(ミラン、インテル、ローマ)

ドイツが2(バイエルン、シャルケ04)

フランス2(マルセイユ、リヨン)

ウクライナ1、デンマーク1。



ちなみに去年出てきて、今年出てきてないとこは・・・

シュツットガルト
フィオレンティーナ
ポルト
ボルドー
オリンピアコス
セビージャ
CSKAモスクワ

結構入れ替わってるな。

去年は本田圭祐で盛り上がった。

今年は内田篤人かな。


決勝トーナメント組合せは17日。

こっから、いよいよ面白くなる。

そして、この大会の勝者は、来年の今頃、日本に来る。


個人的には、バルサか、アーセナルが見たいな~。


←クリックお願いします

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:49 |  欧州CL  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.12.08 (Wed)

アジアカップ予備登録メンバー発表

来年の1月にカタールで行われるアジアカップの、予備登録メンバーが発表された。

(カタールと言えば・・・2022年W杯開催地!!)




メンバーは以下の通り。

GK 

曽ヶ端 準 SOGAHATA Hitoshi 鹿島アントラーズ

川島 永嗣 KAWASHIMA Eiji リールセSK (ベルギー)

東口 順昭 HIGASHIGUCHI Masaaki アルビレックス新潟

西川 周作 NISHIKAWA Shusaku サンフレッチェ広島

権田 修一 GONDA Shuichi FC東京

 
  
DF 

中澤 佑二 NAKAZAWA Yuji 横浜F・マリノス

岩政 大樹 IWAMASA Daiki 鹿島アントラーズ

今野 泰幸 KONNO Yasuyuki FC東京

永田  充 NAGATA Mitsuru アルビレックス新潟

栗原 勇蔵 KURIHARA Yuzo 横浜F・マリノス

小宮山 尊信 KOMIYAMA Takanobu 川崎フロンターレ

伊野波 雅彦 INOHA Masahiko 鹿島アントラーズ

森脇 良太 MORIWAKI Ryota サンフレッチェ広島

長友 佑都 NAGATOMO Yuto ACチェゼーナ (イタリア)

槙野 智章 MAKINO Tomoaki サンフレッチェ広島

森重 真人 MORISHIGE Masato FC東京

西  大伍 NISHI Daigo アルビレックス新潟

内田 篤人 UCHIDA Atsuto FCシャルケ04 (ドイツ)

吉田 麻也 YOSHIDA Maya VVVフェンロ (オランダ)

丸橋 祐介 MARUHASHI Yusuke セレッソ大阪

酒井 高徳 SAKAI Gotoku アルビレックス新潟

   
MF 

遠藤 保仁 ENDO Yasuhito ガンバ大阪

中村 憲剛 NAKAMURA Kengo 川崎フロンターレ

松井 大輔 MATSUI Daisuke FCトム・トムスク (ロシア)

阿部 勇樹 ABE Yuki レスター・シティー(イングランド)

長谷部 誠 HASEBE Makoto VfLヴォルフスブルク (ドイツ)

藤本 淳吾 FUJIMOTO Jungo 清水エスパルス

矢野 貴章 YANO Kisho SCフライブルク (ドイツ)

本田 拓也 HONDA Takuya 清水エスパルス

梶山 陽平 KAJIYAMA Yohei FC東京

関口 訓充 SEKIGUCHI Kunimitsu ベガルタ仙台

青山 敏弘 AOYAMA Toshihiro サンフレッチェ広島

細貝  萌 HOSOGAI Hajime 浦和レッズ

本田 圭佑 HONDA Keisuke CSKAモスクワ (ロシア)

家長 昭博 IENAGA Akihiro セレッソ大阪

興梠 慎三 KOHROGI Shinzoh 鹿島アントラーズ

柏木 陽介 KASHIWAGI Yosuke 浦和レッズ

乾 貴士 INUI Takashi セレッソ大阪

金崎 夢生 KANAZAKI Mu 名古屋グランパス

清武 弘嗣 KIYOTAKE Hiroshi セレッソ大阪

米本 拓司 YONEMOTO Takuji FC東京

原口 元気 HARAGUCHI Genki 浦和レッズ

宇佐美 貴史 USAMI Takashi ガンバ大阪

   
FW 

前田 遼一 MAEDA Ryoichi ジュビロ磐田

平山 相太 HIRAYAMA Sota FC東京

李  忠成 LEE Tadanari サンフレッチェ広島

岡崎 慎司 OKAZAKI Shinji 清水エスパルス

平井 将生 HIRAI Shoki ガンバ大阪

森本 貴幸 MORIMOTO Takayuki カターニャ (イタリア)

香川 真司 KAGAWA Shinji ボルシア・ドルトムント (ドイツ)




50人。

12月下旬には23人に絞り、最終登録するようです。


これまでの常連以外で楽しみな選手としては・・・

DFでは、槙野、吉田、丸橋、

MFでは、金崎、柏木家長、米本、乾、清武、原口、宇佐美

FWでは、平山


ちょっと知らない選手もいる。(2~3人)


逆に、なんで選ばれてんやろっていう選手も。

誰とは言わんけど。


ちなみに、このメンバー、どうやって絞り込むんやろうか。

天皇杯ぐらいしか残ってないけどなー。

ていうか、もうほぼ決まっているかも。



仮に、私が、ここから23人を選ぶなら・・・。

GK

川島 永嗣 KAWASHIMA Eiji リールセSK (ベルギー)

西川 周作 NISHIKAWA Shusaku サンフレッチェ広島

 
  
DF 

岩政 大樹 IWAMASA Daiki 鹿島アントラーズ

今野 泰幸 KONNO Yasuyuki FC東京

長友 佑都 NAGATOMO Yuto ACチェゼーナ (イタリア)

槙野 智章 MAKINO Tomoaki サンフレッチェ広島

内田 篤人 UCHIDA Atsuto FCシャルケ04 (ドイツ)

吉田 麻也 YOSHIDA Maya VVVフェンロ (オランダ)

丸橋 祐介 MARUHASHI Yusuke セレッソ大阪

   
MF 

遠藤 保仁 ENDO Yasuhito ガンバ大阪

中村 憲剛 NAKAMURA Kengo 川崎フロンターレ

松井 大輔 MATSUI Daisuke FCトム・トムスク (ロシア)

長谷部 誠 HASEBE Makoto VfLヴォルフスブルク (ドイツ)

藤本 淳吾 FUJIMOTO Jungo 清水エスパルス

本田 圭佑 HONDA Keisuke CSKAモスクワ (ロシア)

家長 昭博 IENAGA Akihiro セレッソ大阪

金崎 夢生 KANAZAKI Mu 名古屋グランパス

米本 拓司 YONEMOTO Takuji FC東京

宇佐美 貴史 USAMI Takashi ガンバ大阪

   
FW 

前田 遼一 MAEDA Ryoichi ジュビロ磐田

平山 相太 HIRAYAMA Sota FC東京

森本 貴幸 MORIMOTO Takayuki カターニャ (イタリア)

香川 真司 KAGAWA Shinji ボルシア・ドルトムント (ドイツ)


ちょっといびつな選び方やけど、こんな感じかな。

やっぱり中盤はコマ豊富やけど、FWとDFがいないですね。


←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  14:11 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.12.05 (Sun)

2010Jリーグ完結

2010年のJリーグが終わった。

最終順位は次のようにった。


順位 チーム名      勝点
1 名古屋グランパス    72
2 ガンバ大阪      62
3 セレッソ大阪      61
4 鹿島アントラーズ      60
5 川崎フロンターレ      54
6 清水エスパルス      54
7 サンフレッチェ広島      51
8 横浜F・マリノス      51
9 アルビレックス新潟      49
10 浦和レッズ      48
11 ジュビロ磐田      44
12 大宮アルディージャ      42
13 モンテディオ山形     42
14 ベガルタ仙台      39
15 ヴィッセル神戸      38
16 FC東京      36
17 京都サンガF.C.      19
18 湘南ベルマーレ      16


優勝は早々と決めてしまった名古屋。

ACL出場権は、ガンバ大阪とセレッソ大阪が獲得。

セレッソは、昇格初年度にも関わらず、素晴らしかった。


逆に、FC東京、京都、湘南がJ2降格。

京都、湘南は酷すぎた。

勝ち点が10点台って、どういうことやねん・・・。

また、FC東京も、あれだけのメンツがいながら、何故降格!?

チーム内がバラバラだったのだろう。


得点王は、前田遼一と、ケネディ。

前田は2年連続で、これは史上初らしい。

おめでとうございます。

W杯に出場できなかったのが、本当に残念だ。

W杯イヤーと、その前年のリーグ得点王が、W杯メンバーではないということは、やはりどう考えてもおかしい。

聞いてるか??岡ちゃん。



ちなみに、私、この最終節、キンチョウスタジアムに行ってきました。

ACL出場が懸かってるし、サッカー専用のスタジアムやし、今年のセレッソは生で観ときたいし、家長最後かもしらんし、自分も大阪に帰ってきたし、こら行かないかんやろうと思って。

で、実際に行ってみると、このキンチョウスタジアム、かなり古~い造りをしていました。

おいおい、まさかこれなん!?っていうのが、外から見た時の第一印象。

お隣の長居スタジアムがそびえ立っているのに、こっちかいな~~。


しかし、中に入ってみると、このスタジアムの良さが分かってくる。

なんせ、ピッチが目の前だ。

近~~い!!

これは良い、かなり良い。

サポーター席なんて、すぐそこ。

超アットホームな雰囲気。

やっぱ、サッカー専用じゃないとね、トラックとか、ほんまにいらないいらない。


で、試合の方は6‐2でセレッソの勝利。

前半、アドリアーノがガツガツドリ、一旦ボールを失うがこぼれ球が乾の足元に、乾はそれをループスルーパス、アドリアーノズドン!!

左サイド、丸橋か上本が左足で前方にパス、清武が抜け出して、ダイレクトで中に折り返す、走り込んだアドリアーノがチョンと触ってゴ~~~ル。

前半2-0。

こら楽勝、あと3点は観たいなと冗談で言うてたハーフタイム。

しかし後半開始早々、成岡に決められ1点差。

1点差て怖いな~、引き分けやったらACL無理やろし~・・・と思ってたら。

清武の自陣での、ちょっと苦し紛れの、しかし、アドリアーノ方面に狙ったパスが、アドリアーノに届く、ていうかアドリアーノほんま速いな、これを、アドリアーノDFをぶっちぎって、決めてしまう~!!

これは貴重な1点だ、流れも悪かっただけに・・・

しかししかし、これも数分後、すぐさま前田の今シーズン17点目のゴールでまたもや1点差。

お~~~い!!

これを破ったのがまたもやアドリアーノ。

左サイドで、2人でワンツー等でボールを進め、それが中央に、これは良い形だ、中央でボールをもらった家長はどうする??打つのか、いや打たない、アドリアーノにスルーーーパス、アドリアーノ、フリーでシュートーーーーー。

なんてことだ、今日は、アドリアーノのシュートは全部ネットを揺らしているのではないか。

今日のアドリアーノ、神がかりと言っても言いだろう。

そして、まだまだ続く。

コーナーから、アマラウが、あのスキンヘッドでドン!!

更に、最後に、アドリアーノと交替で入った播戸が、家長のスルーパスで抜け出し、GKとの1対1、播戸らしくない、少し浮かしたシュートがネットを揺らした。

キンチョウスタジアム、大盛り上がりである。


そして、なんと鹿島が山形に引き分け、ACL出場も決定。

最高の盛り上がりを見せたキンチョウスタジアムでした。



で、話は少し逸れましたが、来シーズンはどうなるでしょうか。

降格をが決定したFC東京は、人材の宝庫である。

GKから見ていくと、まず、ロンドン五輪代表に必ずや呼ばれるであろう、権田。

DFでは、元日本代表SB徳永、北京五輪代表森重。

MFでは、日本代表の今野、石川、元日本代表羽生、アテネ五輪代表平山、中村北斗、北京五輪代表梶山、ロンドン五輪確実の米本。

FWは、元日本代表の大黒、平山。

なんで落ちたんやろね、ほんまに。

皆様どうするんでしょうか・・・。

昨年の大分トリニータのように、散り散りになっていくのでしょうか。



ACLを目指す、ガンバとセレッソも今のままでは厳しいだろう。(名古屋は間に合ってそうやけど)

ガンバの選手層、一時と比べるとかなり薄い。(それでも他クラブよりは厚い方だが)

セレッソなんて、アドリアーノと家長に移籍の噂、大丈夫やろうか。


来年は、クラブW杯は日本開催やから、是非ともACL出場権を獲得してほしいんやけどね。

ガンバvsバルサ、とか、セレッソvsドルトムント、とか、名古屋vsアーセナル、なんかになると、凄いんやけどな~。



←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:27 |  Jリーグ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.12.04 (Sat)

2018年はロシア、2022年はカタール

2018年、2022年のW杯の開催地が決まった。

日本も2022年の開催地に立候補していたが、あえなく落選。

カタールや米国と、“本気度”が違っていたようだ。


ていうか、今回の立候補を決断したのは当時の日本サッカー協会会長犬飼さん。

で、犬飼さんは、何故か2年で辞任。

その辞任の真相は、明らかにされていない。


残ったメンバーで、その後の誘致活動を続けたが、力の入れようはどの程度だったのか・・・。

まあ、W杯を開催するということは、生半可の気持ちではできないということだ。

良い教訓になったと思うしかない。


これを糧に、次に立候補をする時には、万全を期して望んでもらいたい。



さて、これで、今後のW杯の開催地が12年後まで決定した。

2014年、ブラジル。

2018年、ロシア。

2022年、カタール。


なんか新鮮な感じがする。

今回南アフリカで成功したことも、新たな地域開催に拍車をかけたのかもしれない。


今後、日本代表は、このW杯に、どう望んでいくのだろうか。

連続出場を続けることができるのだろうか。

本当に“面白い”と感じるサッカーをすることができるのだろうか。


日本のサッカー文化が、少なくとも現時点より発展していることを願う。




そして、私はどうなっているのだろうか。

12年後・・・。

全く想像がつかない。

そもそも、生きているのか!?



←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:21 |  W杯関連(日本代表以外)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。