FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.03.31 (Wed)

脱サラしたい気分・・・

本日、3月31日。

日本の4月始まりのカレンダーでは、今日が年度の最後の日。

そして、明日から、新しい年度が始まる。

新しい生活が始まる・・・。



で、私は何をしているかというと、

・・・何をしているのだろう。


最近、ふとそんな気分になる。

社会人歴も6年が過ぎた。

小学校ならば、もう卒業しなければならない年である。


更に、今年、誕生日が来れば、いよいよ30歳になる。

『アラサー』とかではなく、正真正銘の『サー』だ。

サー。


私は思う。

今こそ、『30歳からの逆襲』をする時だ、と。


今のまま、このサラリーマン生活を続けるとどうなる!?

身近にいるのは、仕事人間か、疲弊している人ばかり。


いかんいかん。

このままでは、いかん。


あー、脱サラしたい!!

脱サラ!!


やっぱ、独立かな~、なんてね。

てことで、只今、構想、練り練り中。



30歳からの逆襲。

新しい発想で、新しい年度を迎えたいと思います。

←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

EDIT  |  23:53 |  どのカテゴリやろ・・・??  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.29 (Mon)

4月7日のセルビア戦代表メンバー

W杯代表メンバー発表までの、最後の国際マッチであるセルビア戦(4月7日)のメンバーが発表された。

国際Aマッチデーではないため、もともと国内組の最終選考と位置づけられていたが、岡田監督が、「海外組みで!!」とか、協会が「松井と森本だけでも!!」とかレターを送ったらしいが、結局、元に戻って、国内組のみとなった。

監督と協会の気分で、なんとでも位置づけられるこの試合である。



で、メンバーは次のようになった。


GK
楢崎正剛(名古屋)
川島永嗣(川崎)

DF
中澤佑二(横浜FM)
駒野友一(磐田)
今野泰幸(FC東京)
栗原勇蔵(横浜FM)
徳永悠平(FC東京)
長友佑都(FC東京)
内田篤人(鹿島)

MF
中村俊輔(横浜FM)
稲本潤一(川崎)
遠藤保仁(G大阪)
石川直宏(FC東京)
阿部勇樹(浦和)
山瀬功治(横浜FM)

FW
玉田圭司(名古屋)
矢野貴章(新潟)
岡崎慎司(清水)
興梠慎三(鹿島)
永井謙佑(福岡大)



サプライズは、栗原、山瀬、矢野、興梠、永井。


岡ちゃんに告ぐ。

こういった選手を選んだからには、スタメンで使いなさい。

でないと、意味がない。


ところで、CBの控えであったはずの岩政は、あの10人になった後の韓国戦だけで不合格になったのだろうか。

今野が入っているが、今回はSBに4人(内田、長友、徳永、今野)いるので、今野はCBの控えとして考えていると見て良いのだろうか。

それか、ボランチの控え??

なら、何故、阿部も入っているのだ!?

今回もやはり、緊急事態要員として選ばれた、阿部と今野。


そして、FWだが、ターゲットマンの平山なくして、どうやって攻めるつもりなのだろうか。

中村俊輔や、遠藤のスルーパスに、岡崎とか矢野とか興梠とか永井が走って~・・・っていうパターンしかないで、これ。

楔を入れるからこそ、俊足FWも生きるというのに。

山瀬だって、ポストプレーヤーがいてこそ、飛び出せるのに。

岡田はいったい何を考えているんや。



まさかのありきたりスタメン予想はこちら

楢崎、中沢、今野、内田、長友、遠藤、稲本、中村、山瀬、玉田、岡崎


これぐらいしてくれというスタメン希望はこちら

楢崎、中沢、栗原、内田、長友、遠藤、稲本、石川、山瀬、玉田、永井


ていうか、このメンツじゃ、あんま変わらんな・・・。



個人的に今回試してくれスタメン

楢崎、中沢、岩政、渡邊大剛、新井場、小笠原、谷口、石川、山瀬、平山、大黒


どーでしょうか、これ。

まあ、夢物語ですけど・・・。




で、コートジボワールの監督は、トルシエとかヒディングとか言われておりましたが、結局、エリクソンになったそうです。

あのエリクソンです。

日本も、換えてほしかったなー、監督。


←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  19:13 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.27 (Sat)

全く気付きませんでしたが、2周年です。

全く気付きませんでしたが、2010年3月8日で、ブログを書き始めて2年が経ちました。
(ちなみに本日3月27日)


以前の記事を読むと、

この2年、何があったのか。

その時、私は何を考えていたのか。

あの試合はこんなメンバーでやっていたのか。

・・・などなど、なかなか面白いことを思い出させてくれます。


EURO2008、北京五輪、2010W杯予選・・・

欧州CL、海外リーグ、Jリーグ・・・

ピアノ動画の再生回数・・・

西表一人旅の変遷・・・



「あの頃の僕は~~~」

みたいな感覚。

例:「あの頃の僕は~、海の色が、こんなに青いことを、知らなかった。」


あるいは、

「そういえば、そんなこともあったな」

みたいな感覚。

例:「君は、北京五輪の惨敗を、覚えていますか??」




と、いうわけで、温故知新です。

経験から学び、これからの人生に生かす。


よって私は、これからも、岡田監督のサッカーを、批判することにします。

ジーコ、反町の教訓を生かすために。


←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  15:47 |  どのカテゴリやろ・・・??  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.20 (Sat)

欧州CL準々決勝組合せ決定!!本田はエトー、スナイデルと。

欧州CL準々決勝の組合せ抽選が行われ、対戦相手が決まりました。


1st leg
3月30日
リヨンvsボルドー

バイエルンvsマンチェスターU

3月31日

アーセナルvsバルセロナ

インテルvsCSKAモスクワ


2nd leg
4月6日
バルセロナvsアーセナル

CSKAモスクワvsインテル

4月7日

ボルドーvsリヨン

マンチェスターUvsバイエルン


見所

①まずは、なんと言っても、アーセナルvsバルセロナだろう。

決勝のカードでも、なんらおかしくはない。

事実、4年前の決勝カード。
(当時、アーセナルのエースは、現バルセロナのアンリだ。)

個人的には、決勝で観たいカードだった。

普通にやれば、バルサの勝ちだが、ベンゲル監督がどんなマジックを使うのだろうか。

シャビや、セスク・ファブレガスのケガもどうなのだろうか。

コンディションは整うのか。

ひょっとして、2人ともいないかもしれない。

となると、余計にバルサが勝つだろう。

しかし、2人がいなかったとしても、世界中の人々が最も注目するのは、この1戦であることは間違いない。

地上波生中継、求む。



②日本人にとって、本田が所属するCSKAモスクワは、どーしても気になる。

その相手が、インテルとなった。

インテルには、W杯で日本が対戦するカメルーンのエース、エトーや

同じくW杯で対戦するオランダの中盤の要、スナイデルがいる。

そして、そんな日本人目線よりも何よりも、インテルは、いや、監督モウリーニョは、あのチェルシーを破ってベスト8に勝ち上がった。

強い。

勝ったら、番狂わせと呼んでいい。

そんなチームと、2試合もできるなんて、こりゃ良い経験だ。

Jリーグのレベルで、とっとろやっているよりも、レベルは遥かに違う。

こりゃ、どんどん差がひらきますな。



③バイエルンvsマンチェスターU

赤と赤の激突。

今の勢いを考えれば、マンUか。

ルーニーとロッベン次第で、試合は動くだろう。

一般的には(日本人以外から見ると)、こちらの方が、インテル戦よりも、圧倒的に好カードだ。


④リヨンvsボルドー

フランス対決。

これで、リーグ・アンのクラブが、準決勝に勝ち進むことになる。

個人的には、どっちがどっちかあんまり分からず、あんまし興味ないカードとなった。





で、そろそろ、地上波生中継しても良さそうな段階に入ってきた。

やってくれたら、起きて見ますので、どうか放送してください。


←クリックお願いします

テーマ : UEFA チャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  12:34 |  欧州CL  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.18 (Thu)

どんだけ凄いねん、メッシー

バルサのメッシー。

もともと凄いのだが、ここ何試合か、更にめちゃくちゃ凄い。

先日のリーガで、ハットトリック。

今朝のCLで2得点。

それ以外にも、素晴らしいプレー。



なんなん、あの足に吸い付くドリ。

ボールを受けるトラップ、そしてスピード。


能力の高いバルサの選手の中でも、一人別次元。

バルサでのプレーを観ていると、もう、マラドーナの域に達したと言って良いだろう。

メッシー様、あなたは神です、アーメン。


後は、代表での活躍ですな。

W杯で、どんなパフォーマンスを魅せることができるか。

それだけです。


そして、CLとリーガの連戦で、コンディションを落とさないでほしい。

ケガをしないでほしい。

宜しくお願い致します。

(最近、こればっかり書いてます。ほんまに、頼むから、ケガせんとってや!! 2006年のクラブW杯決勝、ケガでプレーできなかったんやから!! 生で観れなかったんやから!!)

←クリックお願いします

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  16:31 |  欧州CL  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.03.17 (Wed)

本田圭佑がセビージャに勝ってもた!!

欧州CL、決勝トーナメント1回戦の2nd leg、セビージャvsCSKAモスクワ戦。

CSKAモスクワの本田圭佑が、1-1からの後半10分に、FKを直接決め、なんと、2-1(2戦合計3-2)で、セビージャに勝ってしまった。

なんということだ~!?

これは凄いぞ、本田圭佑。


セビージャと言えば、今やリーガでは、バルサ、レアルの次に強いチームだ。

昨季は3位で、CL出場を獲得。

今季も、現在4位につけており、CL出場圏内にいる。

ブラジル代表のエース(と言っても、そんな感じはしないが)、ルイス・ファビアーノがいるチームだ。




そんなチームに、本田が決勝点を突きつけた。

そして、勝った。

しかも、本田の2点目は、アウェイゴール。

セビージャが勝つには、その時点で、更に2点が必要になったのだ。


得点シーンを見ると、完全にGKのミスであるが、そのミスを誘発するほどの、外に弾くことが困難であったほどの、強烈なシュートだったと言える。

また、得点だけでなく、アシストも記録している。

ゴールを決めたネチドのトラップで勝負あった、とは言うものの、各国代表クラスの選手がごろごろいる中で、スローインを受けて、体を張ってキープし、パスを出す、というのは、かなり難しいものだ。

本田圭佑、日に日に進化している。

(↓少し前までは、こんな記事書いてました。)

     090428(PSVからオファー!?) 
     090801(エールディビジ開幕)
     090804(開幕戦、PSV相手に1得点1アシスト)
     090811(2戦連発、しかも喧嘩売る)
     090817(スーパーミドルで3戦連発)

これで、準々決勝が楽しみになった。

日本時間の、明朝、ベスト8が出揃い、20日、組合せが決まる。

次は、どことやるのだろうか。


バルサやマンUとするのを早く観たい、という気持ちと、

リヨンあたりと当たって、現実的にベスト4が狙える相手とやってほしい、という気持ちと、半々だ。


レアルや、チェルシーは、ベスト16で終わってしまったのに、本田のCSKAモスクワは、ベスト8。

まじですごいぞ本田圭佑。




←クリックお願いします

テーマ : UEFA チャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:32 |  欧州CL  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2010.03.15 (Mon)

オーウェンに続きベッカムも絶望か!?

ACミランのベッカムが、アキレス腱を断裂した。

この時期の断裂、早期の復帰は厳しいだろう。

これすなわち、W杯出場絶望を意味する。

せっかく、W杯のために、米国から欧州に戻ってきたのに。


イングランドは、ベッカムだけでなく、すでにオーウェンも絶望的だ。


4年に1度のW杯。

選手達にとって、そして、ファンである私たちにとって、最大の懸念は、ケガである。

これ以上の、主力選手、有名選手の、ケガが出ないことを祈ります。


まじで。


←クリックお願いします

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50 |  W杯関連(日本代表以外)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.14 (Sun)

ロスタイムの決勝弾!!

ロスタイムの決勝弾!!

・・・って、良い言葉の響きですよね。


今日、私、草サッカーで、ロスタイムの決勝弾を決めてきました。

しかも、今季最終戦であり、チームの中心メンバーの送別も兼ねた、大事な試合で。



と、言うわけで、忘れないように、備忘録として、ちょっと書いておこうかと思います。





場面は、相手コーナーキックから。

得点は2-2。

私の今日のポジションは、守備専門のデェフェンシブハーフ。(一応ボランチ)

コーナーから蹴られたボールを、味方がヘディングクリアをしようとしたが、クリアし切れず、ほぼ真上に上がる。

そこに、私は走りこんで、ドカンと左サイド前方にいる味方FWカッシーへ。
(メッシーじゃないよ。)

私は、だいたい、相手コーナーの時でも、味方FWがどの位置に張っているか、確認している。

今回も瞬間的なプレーなので、前を見ずに適当に蹴ったが、それがうまくFWカッシーの下に。

FWカッシーはそれを後ろ向きで、いったんキープ。

私は、クリア後、その勢いでそのまま前に上がって、FWカッシーからの落としをもらう。

FWカッシーは、私に落とした後、すぐに反転して更に前へGO。

私は、その落としを、そのままダイレクト(左足インサイド)で、ちょこんとFWカッシーが走る前方に向かって、パス。

ただ、これが、でか過ぎた。

しもた~~、と私。

しかし、左タッチライン際で、FWカッシー、これに追いつく。

センキュ。

そのままFWカッシーは中に切れ込む。

よく走るFWカッシー。

しかし、相手DFにコースを塞がれていたため、中央ペナルティエリアの外あたりまで走りこんでいた私に、グラウンダーの速いパス。

私はこれをダイレクトで、右足インステップで振りぬく~!!

ばっちしミートし、低い弾道でアウトにかかったボールが、ゴールに吸い込まれる!!

決まったゴォ~~~~ル!!!



時間帯も時間帯であっただけに、感情爆発。

右手を挙げて走り回り、喜んでしまう。

そこに、今回の送別試合の主役が、抱きついてきてくれた。

そして、続々と選手も集まり、抱きつきの輪に。


やった~!!!!!


その後の、試合再開後、10秒で試合終了の笛。

これぞロスタイムの決勝弾。

3-2の勝利。


試合後、その得点シーンを振り返ると、自陣ゴール前から、私と、FWカッシーの、2人でやってしまったゴールだということに、気付いた。

私は全部ダイレクトなので、合計たったの3タッチ。

ボールを運んだのは、ほとんどFWカッシーのおかげである。

だが、パスアンドゴーの重要さ、ここにありだ。

シュートの場面では、宇宙開発に気をつけたが、インステップでミートした瞬間に、入ったと思った。


これぞ、サッカーの醍醐味。

試合後も、皆で喜びを共有。

ご機嫌さんで、帰路に着きましたとさ。


ちゃんちゃん。


←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:10 |  どのカテゴリやろ・・・??  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.13 (Sat)

本田圭佑、ロシアリーグ開幕戦で決勝ゴール!!

ロシアリーグが開幕、CSKAモスクワの本田圭佑は、開幕戦でロスタイムに決勝ゴールを決めた。








内容は知らないが、結果としては、鮮烈デビューだったのではないだろうか。

今週は、大事な大事な試合、欧州CLの2nd leg、セビージャ戦もある。

それに向けて、また、良い話題ができた。



本田の活躍、心強いですな。



ちなみに、ロシアリーグ。

CSKAモスクワをはじめ、スパルタク・モスクワ、ゼニト、ルビン・カザン、あたりが、強豪だ。

ロシア代表はもちろん、各国代表クラスも多い。

注目して、観る価値、あり。



ちなみにちなみに、このリーグ、日本と同じ、春開幕です。

サッカーカレンダー、一緒。


移籍のタイミング等、ちょうど良いので、日本人がもっと出て行って良いリーグかもね。



←クリックお願いします

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:47 |  海外ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.12 (Fri)

欧州CL、アルシャビンはやっぱり凄い!!

欧州CL、決勝トーナメント1回戦。( ⇒展望はこちら 

今週の平日に2nd legの4試合が行われた。

結果は、次の通り。


バイエルンvsフィオレンティーナ

2戦合計4-4。

アウェイゴール方式により、バイエルンが準々決勝に進出。



アーセナルvsFCポルト

2戦合計6-2で、アーセナル


マンチェスターUvsACミラン

合計7-2でマンU。


レアル・マドリーvsリヨン

合計2-1でリヨン




番狂わせは、やはりレアルの敗退か。

あれだけお金をかけたのに、今年も、決勝トーナメント早々に姿を消した。


・・・よし、これで、リーグ戦に集中できる!!

W杯に向かって、過密日程を避けられる!!

なんてね。

個人的には、それで良いけどね。

C.ロナウドが、W杯で伝説を作ってくれたら、

カカが、カカが、カカが、やってくれたら。

イグアインが、マラドーナを救ってくれたら。

シャビ・アロンソが、S.ラモスが、スペインの優勝に貢献してくれたら。

それで良いと思う。



それにしても、アーセナルは強かった。

何より、アルシャビンが凄かった。

なんなん、あのドリブル。

なんで、あんなんで、抜けんの??

懐が深いわけでもないのに、難しくこねくりまわしてるわけでもないのに、なんで、ボールを取られへんの??

・・・お答えしよう。

スピードと緩急があるからだ。

瞬間的にトップスピードで相手を抜きさる。

緩の時でも、取りに行けば、すぐにかわされる。

だから、飛び込めないのだ。

アルシャビンの突破があるから、ベントナーも活きる。

ベントナー、ベントナー、ベントナー(PK)。

デンマークのサイド攻撃、抑えないと、日本、ベントナーにやられまっせ。


また、この試合は、ベントナーをトップに、右にロシツキ、左にアルシャビン、という形を取っていた。
(どちらかというと、アルシャビンがFWに近く、ロシツキがMFに近い位置取りだったが)

私が、以前から期待していた形だ。

アルシャビンがアーセナルに移籍してきた頃、私は、アデバヨールのワントップに、トップ下、アルシャビンとロシツキ(当時ケガ中)を提案していた。

当時の記事

もういっちょ。アーセナルvsリバプールが4-4の時に書いたやつ

ロシツキ復帰時に書いたやつもついでに


大型でどっしりはれるFWに、チョコチョコ動くセカンドトップ。

いや~、さすがベンゲル監督。

アルシャビンとロシツキの同時起用、本当に面白い。

この2人が、W杯に出られないなんて、なんということか・・・。


よし、今年の欧州王者は、アーセナルで良いんちゃう!?

ちょこちょこの2人は、W杯のことなんか考えんでええし、

セスク・ファブレガスは、多分レギュラーになられへんし(それよりも、まずケガを治してくれ!!)、

ナスリとかディアビーもレギュラーなられへんし、

ベントナーは、疲れて日本戦で不発やったらええし、

ソングも疲れて、日本戦で動き鈍かったらええし、

ウォルコットも、ベッカムとポジション争いして多分負けるやろうし、

そういえば、エドゥアルドもW杯出られへんし、

そういえばファンペルシは、ケガ明けしてるやろやから、CL出たりして実戦出といた方がええし、そこで疲れたら日本戦動き悪いやろし。



結論、アーセナルが勝てば、W杯に最も影響を与えにくい!!

これならば、欧州CLでアーセナルの美しいサッカーも観れるし、

W杯でも、疲弊している選手がほとんどおらず、良いサッカーが観れる!!

バッチグーや!!!




ルーニーも凄かった。

ルーニーがいなければ、マンUも危なかっただろう。

逆に、ミランは、後ろが酷すぎた。

朴智星、点決めてたな。

朴らしいゴール。

松井大輔よ、朴になれ!! 



バイエルンも来た。

ロッベンのドリブルシュート、凄かった。

個人的に注目していたフィオレンティーナは、ヨベティッチがまたもや2得点をあげた。

ヨベティッチ、ヨベティッチ。



残りの4試合は、来週。

本田圭佑の、モスクワは、セビージャに勝てるだろうか。


←クリックお願いします

テーマ : UEFA チャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:06 |  欧州CL  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.12 (Fri)

コートジボワールはヒディングでした

コートジボワールの監督が、トルシエ、と報じられておりましたが、どうやら、もう一人の候補であった、フース・ヒディングに決まったようです。


さて、3ヶ月でヒディングがどう再生するのでしょうか。


ブラジルやポルトガルを相手に、番狂わせを起こすのでしょうか。


潜在能力のある国だけに、これは面白くなってきた。




ていうか、世界中でヒディング監督の取り合いやな。


日本も、監督換えたら良いのに。



6月4日、日本vsコートジボワール。


期待の持てる試合をするのは、どちらでしょうか。


←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:42 |  W杯関連(日本代表以外)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.09 (Tue)

コートジボワールはトルシエ監督

コートジボワールは、監督交代に踏み切りました。


ボスニア・ヘルツェゴビナ人のサリホジッチに換わりまして、フランス人、トルシエ。


93年に指揮していたこともあるらしく17年ぶりとなるそうだ。



アフリカ勢は、毎回どこかの国が、協会と揉めたりして、W杯前に、色々起こっている。


今回のコートジボワールの場合、まだ3ヶ月ある。


建て直し、充分可能な期間だと言えるだろう。




で、この時期の監督交代についてだが、今すぐ解任されるべきである監督が、世界には少なくとも3人いる。


フランスのドメネク。

アルゼンチンのマラドーナ。

日本の岡田。


(・・この3人の名前を一緒に並べると、ドメネク監督やマラドーナ監督にはちょっと失礼かな。)


誰もがそう思っているだろうが、私もそう思っている。


4年に1度しかないW杯だからこそ、期待の持てるチームを、送り込みたいものだ。





同じ時期に、解任騒動があり、監督を換えたコートジボワール(しかもトルシエ)と、監督を換えようとしなかった日本。


W杯開幕1週間前の、6月4日、最終調整試合として、対戦する。





「コートジボワール、完成度高いやん!! 3ヶ月でここまでできるんやな~。」

「日本はいったい何がしたいんや。全然おもろないし点も入らんし・・・。大丈夫か!? 本番。」


となりそうな予感がするのは、私だけでしょうか・・・。


(まあ、もちろん選手個々の能力差はあるので、同じようにぶつかると、日本が勝てる相手ではないのですが。

でもそれを言ってしまうと、本番初戦のカメルーンにも勝てませんので・・・)



←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  12:33 |  W杯関連(日本代表以外)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.08 (Mon)

2010Jリーグ、開幕

3月6日、7日、2010年のJリーグ(17年目)が開幕した。


今年はW杯イヤー。

例年以上に盛り上がる・・・はずのJリーグ。

開幕からW杯メンバー発表まで、残されたチャンスは11試合。

4月7日のセルビア戦のメンバー発表までは、たった4試合。


ここで点を取りまくれば、W杯への滑り込みも夢ではない!!・・・はず。

逆に、ここでケガをしてしまえば、W杯安泰組も、急転落。
(中村憲剛は帰ってこれるかな??)


岡田監督の狂ったメガネがあるから、選手は正当に評価されないかもしれないが、それでも今の代表を変えてくれるような、あるいは、面白みのあるプレーをするような、そんな選手が出てきて欲しい。



で、開幕戦の結果は以下の通り。

J1
湘南 1 - 1 山形
磐田 0 - 1 仙台
F東京 1 - 0 横浜FM
広島 1 - 1 清水
鹿島 2 - 0 浦和
川崎F 2 - 1 新潟
G大阪 1 - 2 名古屋
神戸 2 - 0 京都
大宮 3 - 0 C大阪

J2
福岡 3 - 1 甲府
徳島 1 - 0 草津
水戸 2 - 1 栃木
柏 2 - 1 大分
岐阜 2 - 1 富山
鳥栖 1 - 1 札幌
熊本 1 - 1 千葉
横浜FC 2 - 0 北九州
愛媛 0 - 1 岡山



大型補強の名古屋がG大阪に勝ったが、4-3-3は機能していたのだろうか。
決勝点は遠藤の決定的なミスであった。

清水の4-3-3も機能していたのだろうか。
高校選手権得点王の大前が、J初得点。

鹿島が手堅く浦和に勝利。
2点目でマルキーニョスにマークを外され、不細工なかぶりをしていたのは、誰だ!?

石川のアシストに平山がゴール。
綺麗なゴールだった。
だが、その前に、石川にスライディングにいき一発で不細工にかわされた選手は誰だ!?

稲本のインターセプトから黒津。
あの角度からの左足。
去年のACLのG大阪せんの決勝点も、あの角度からの左足だったのを思い出した。

湘南のオウンゴールは不細工過ぎるだろう。
ボールウォッチャーになってた証拠だ。
誰やあれは。

ミスターポポ君臨。
神様に会わせてくれ~!!

C大阪は、塚本を想う大宮の気持ちに完敗。
桜は、まだ咲きません。

J2は、たまたま観ていたのだが、ロアッソ熊本の終了間際の同点ゴールはなかなか凄かった。
だが、内容は圧倒的に千葉。
千葉は選手の質が、J2レベルを超えていた。



totoBIGは早速6億が2口。
ええな~。
どこの誰やろ。


というわけで、長い闘い、1年間の、1/34が終了。

W杯メンバー発表までの、1/11が終了。


もうすぐ私は30歳・・・。


←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  14:04 |  Jリーグ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.05 (Fri)

セルビア戦も海外組とか言うてるらしい・・・

日本代表、次戦は4月7日セルビア戦です。

ホームで。

ドラガン・ストイコビッチの人脈で実現となったらしいセルビア戦。



ただし、この日は国際Aマッチデーではない。

つまり、海外組の召集が困難。


そんな試合に、もともとは国内組で臨むと公言していたのだが・・・。



どうやら、日本サッカー協会、岡田監督は、海外組を呼び戻すためにレターを出すそうだ。

どんだけ、言うことコロコロ変えるつもりなのだろうか。


勝って当たり前のバーレーンに勝ったからって、また呼びたいって・・・。

単純やな~。

そんなに国内組に自信がないのか・・・。



今からそんなこと言うたら、明日から開幕するJリーグで、点取りまくって、活躍して、代表滑り込みしたろって、密かに狙ってるような選手が、ちょっとやる気なくしてまうやん。

こっちも、新たに代表に入るような新戦力おらんかなっていう目でJを見る楽しみが、なくなるやん!!


どうしてくれるんやほんまに。


海外海外言うてんと、Jで活躍したら、ちゃんと代表に入れますよって、しっかり見てますよって、それぐらい言えよな。

Jを盛り上げるためにも。


←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:53 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.04 (Thu)

協会と岡田のためのバーレーン戦

昨日(3月3日)行われた、アジアカップ予選のバーレーン戦。

海外組を呼んで、一生懸命本気で闘った日本。

結果2-0。

見事に、犬飼会長と岡田監督の思惑通りに事が進んだ。




この試合の位置付けを、もう1度確認。

今回は、同じアジアカップ予選であり、予選突破がかかっていた今年1月6日のイエメン戦と比較してみる。




●アジアカップ予選2010年1月6日vsイエメン戦(A)

超若手で組まれた、日本サッカー史上最も知名度・実力・年齢の低いフル代表で、イエメン遠征。

一応、予選突破がかかっていた。

アウェイゲーム。

結果3-2。


●アジアカップ予選2010年3月3日vsバーレーン戦(H)

国内組で臨むはずが、東アジア選手権惨敗で岡田監督の解任騒動勃発。

どうしても結果が欲しくなったため、急遽海外組を5人も呼び寄せ、ベストメンバーで臨む。

予選突破も決めており、かつ相手のバーレーンも突破を決めているという、完全な消化試合。
(そのためバーレーン主力不在)

ホーム。

結果2-0。





何が言いたいのかというと、

昨日の試合で、やれ勝っただとか、あれが良かったこれが良かっただとか、W杯に希望が持てたとか、そんな報道が多く出ているのだが、

昨日のバーレーン戦は、そんなことを語る価値のない試合であるということだ。

極端な話、1月6日のメンバーで臨んでも良いような、どうでもいい試合なのだ。
(むしろ、条件的には1月6日の方が過酷だ。)

岡田監督の解任騒動を収める為の試合。

ただそれだけ。



むしろ、岡田監督の無能さが余計浮き彫りになったと言える。

海外組頼み。

コンセプトはどうしたん??

指宿合宿は何やったん!?

あと、森本スタメンで使おうぜ!!
(せっかくイタリアから呼んでるのに。岡崎なんていつでも使えるやろ。)



これでまた、監督交代の希望がなくなった。

W杯の日本代表、もう運任せしかない!!

本田圭佑、松井大輔、森本貴史、長谷部誠。

君達の、個の力だけが、頼りです。

ケガ、せんといてな。

←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  11:41 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.03.02 (Tue)

地上波中継がない!!

3月3日の明日、豊田スタジアムで行われるアジアカップ予選のバーレーン戦。

これ、日本で開催されるにも関わらず、なんと地上波生中継がない。

(NHK-BS1で生中継)

まあ、もともと超消化試合であるため(日本もバーレーンも本大会進出決定済み)、どこの民放も手を挙げなかったのだろうが、今のこの状況を考えると話は別だ。



この状況とは・・・

●東アジア選手権惨敗直後

●岡田武史監督解任論普及中

●当初のプランを変更してまで、結果を求めて海外組を召集


というわけで、地上波で放送してほしかった。

見られへんやんか・・・。




で、結果は恐らく、日本が勝つだろう。

バーレーンが手抜きメンバーで来れば、圧勝もあり得る。

岡田監督も、犬飼会長も、これで一安心、というプランなのだろう。

だが、内容はどうなのだろうか・・・。

そこが知りたいので、中継を見たかったのだ。



私の想いとしては、ここは0-0で引き分けて、岡田に辞めていただきたい。

犬飼に決断していただきたい。

そう思っている。


W杯まで、もうほとんど時間がないが、現体制で行くよりはよっぽど期待がもてる。

と思うんやけどな・・・。



スタメンはどうなるのだろうか。

後ろはいつも通りだろう。

中盤から前は、

代表とJとACLで疲れすぎている遠藤、
ドイツ帰りの長谷部、
スペインでずーっと試合に出てなかった中村俊輔、
ロシアから帰った本田、
フランスから帰った松井
イタリアから帰った森本

となるのかな・・・。

森本が出ればまだ良いが、岡崎とか使ったら、おっこるで~!!



←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:20 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。