*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2010.01.30 (Sat)

楽しみなC大阪、家長をどう使う??

大阪出身の私は、

Jリーグでどこが好き??って聞かれると、

ガンバ大阪とセレッソ大阪!!

と、両方答えてしまいます。



で、思い入れがあるのは、どちらかと言うと、C大阪の方です。

2000年、勝てば優勝の長居スタジアムの盛り上がりと落胆は、

一生忘れることができない。


何より、あの華やかなピンク色。

とても気持ち良い。


さて、今年、G大阪のユース育ちの家長が、C大阪に移籍した。

和製メッシーと呼ばれるその逸材は、抜群のドリブルテクニックを持ち、ボールキープがめちゃくちゃうまい。

と、同時に、強烈な個性故、うまくチームにフィットするかどうかが、かなり難しい。


はっきり言ってしまうと、西野監督は、使いこなせなかった。


今年のC大阪は、香川、乾に加えて、大分ユースの至宝(と言われる)清武が加わった。

この4人がうまく機能すれば、面白いサッカーができることは、間違いない。




で、ここからが私の提案。


ワントップ、家長!!!!! 

どうでしょうか??これ。


現在、最前線でキープできる人間が、今のC大阪にはいない。

播戸がいるが、彼の足元の技術では、ボールを預けても信頼して上がっていけない。


香川、乾という、得点力のあるアタッカーがいるので、家長は、最前線で張ってみればどうだろうか。

一人でドリブルで突き進んでも構わないし、相手に囲まれても、キープできる。


そこに、香川、乾。

やりたい放題ではないか。



4-2-3-1の「3」に、香川、乾、家長と並べるよりも、

4-2-3-1の「1」に家長。


で、後半15分過ぎに、播戸投入。


凄いで、これ。



G大阪の国産中盤に対抗して、C大阪は国産のアタッカー陣を揃える。


そして、この2チームで優勝争い。


今年のJリーグ、楽しみだ。


←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  14:18 |  Jリーグ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01.27 (Wed)

FIFA.comに岡田の4強宣言が・・・

FIFAの公式HPに以下のような記事が掲載された。



http://www.fifa.com/worldcup/news/newsid=1161885.html#okada+we+reach+semi+finals




岡田監督は、W杯でベスト4を目指すと言ってますよ、と。



世界中の人間がみるサイトで。






・・・笑いものにならないことを、祈るばかりである。


←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:09 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01.21 (Thu)

約2年前に私が推薦したメンバーと、今年の指宿合宿メンバー

今月25日から、W杯へ向けての指宿合宿が始まる。

そのメンバーと、私が約2年前に、岡田監督のために作った選手リストを比較したいと思う。



まず、今回の指宿合宿メンバー


GK
楢崎正剛(名古屋)
川島永嗣(川崎)
西川周作(広島)

DF
中澤佑二(横浜FM)
田中マルクス闘莉王(名古屋)
駒野友一(磐田)
岩政大樹(鹿島)
今野泰幸(FC東京)
徳永悠平(FC東京)
長友佑都(FC東京)
内田篤人(鹿島)
村松大輔(湘南)

MF
小笠原満男(鹿島)
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
石川直宏(FC東京)
阿部勇樹(浦和)
大久保嘉人(神戸)
金崎夢生(名古屋)
香川真司(C大阪)
稲本潤一(川崎)
乾貴史(C大阪)


FW
玉田圭司(名古屋)
佐藤寿人(広島)
平山相太(FC東京)
岡崎慎司(清水)
興梠慎三(鹿島)




そして、私が2年前(ちょうど、岡ちゃんが「自分のやりたいようにやる」と言った後に書いた)に作った推薦リストをコピペすると・・・

 (  http://soccerpiano.blog71.fc2.com/blog-entry-19.html   


GK
川口
楢崎
川島
菅野(元横浜FC、現柏)
西川周作

DF
(センター)
中澤
トゥーリオ
水本
岩政
青山(清水)
山口(G大阪)
伊藤(川崎F)
古賀(柏)

(サイド)
中田浩二
新井場
安田
鈴木規雄(ノリカル)
渡辺大剛(京都)
内田
市川
中村北斗(福岡)
森(川崎F)
徳永(F東京)

MF
(ボランチ)
稲本
長谷部
小笠原
遠藤
中村憲剛
今野
阿部
枝村(清水)
谷口(川崎F)
金崎(大分)

(攻撃的)
松井大輔
中村俊輔
山瀬
梅崎
藤本(清水)
家長(大分)
茂原(柏)
太田(磐田)
水野(セルティック)
野沢(鹿島)
広山(東京V)
相馬(浦和)
西谷(札幌)
古賀(神戸)
香川(C大阪)
古橋(C大阪)
乾(横浜)

FW
高原
大久保
玉田
前田
大黒
田代
森本
平山
伊藤翔
柿谷(C大阪)
デカモリシ(C大阪)
青木(市原)



はい、どうでしょうか。

私の希望、そして、予想が、少しずつ当たってきています。


GKの3人は全て予想済み。

DFでは、中澤、闘莉王、内田の予想は容易だとして、岩政、徳永、を当てたところはなかなか良かった。

MFは、石川以外、全て推薦に挙げていた。

小笠原、金崎、香川、乾・・・この辺まで既に推薦していたことは、ちょっと自慢。

FWは、佐藤、岡崎、興梠が、予想外。

平山の実力は折込み済み。



だいたい、私の作ったリストに収束してきた感じがする。

・・・と思うのは、もちろん私だけだろうが(笑)。



予想できなかったのは、長友の急成長、石川直宏のカムバック、そして岡崎のブレイクか。




FWは恐らく、また入れ替わると思うので、最終的に、長友、石川、海外組の本田以外は、

私のリストの中から選ばれることを、密かに期待している。



←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:45 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01.16 (Sat)

「0勝3敗」という本出ました!!

これまで何度か書いたが、私の趣味の1つに、立ち読みがある。

昨日、たまたま、次のような本を見つけた。


『0勝3敗』
~ワールドカップ南アフリカ大会で岡田監督が惨敗する理由~
本音全開のサッカーW杯非公式ガイドブック



あまりにも面白くて、ついつい立ち読み90分。

それでもまだ読み足りていない。


グループリーグの、カメルーン・オランダ・デンマークに関する記載も、どこの本よりも的を得ているし、

何よりも、岡田監督の欠点が出るわ出るわ。

私の意見を代弁しているようで、思わずガッツポーズが出た。

更に、日本サッカー協会の酷さについても言及。


日本サッカーの現状を、最も正確に捉えている声を集めたと言ってよいだろう。



スポンサー等金銭絡み、視聴率のために煽るメディア、OBの解説者でさえ日本のベスト4の可能性を示唆するコメントをする中、

よくこんな本、出版できたなと思う。

本当に、よくやった!! と言いたい。


次、本屋で見つけたら、買おうかな。

アマゾンでも良いけど。


とにかく、何度も言うが、最も現実的な事を述べている本だ。

ベスト4だとかなんとか言ってる場合ではない!!

目標はグループリーグ突破!!

そして、この組み分けはそれさえも危うい。


そのことを知った上で、W杯日本代表を応援しよう。


是非読んでみてください。

宜しくお願い致します。



←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:48 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01.13 (Wed)

ようやく小笠原~ベネズエラ戦代表メンバー発表~

指宿合宿、2月2日のベネズエラ戦の日本代表メンバーが発表された。



GK
楢崎正剛(名古屋)
川島永嗣(川崎)
西川周作(広島)

DF
中澤佑二(横浜FM)
田中マルクス闘莉王(名古屋)
駒野友一(磐田)
岩政大樹(鹿島)
今野泰幸(FC東京)
徳永悠平(FC東京)
長友佑都(FC東京)
内田篤人(鹿島)
村松大輔(湘南)

MF
小笠原満男(鹿島)
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
石川直宏(FC東京)
阿部勇樹(浦和)
大久保嘉人(神戸)
金崎夢生(名古屋)
香川真司(C大阪)

FW
玉田圭司(名古屋)
佐藤寿人(広島)
平山相太(FC東京)
岡崎慎司(清水)
興梠慎三(鹿島)


久々に面白そうなメンバーが多く入った。

まず第一に、小笠原の復帰。

そして石川の復帰。脅威の早期回復だ。

新天地に移った金崎も入った。

平山も残った。


相変わらず、何故選ばれているのか分からない選手もいるが、これまでよりは期待できそうである。

後は、岡ちゃんが、使い方を間違わなければよいのだが・・・。


小笠原は、ボランチ。

石川は右!!

金崎は中央。

平山は張らせる。



ワントップ平山

シャドー左に玉田、右に石川、中央に金崎

ボランチは、小笠原と・・・今野。

遠藤と中村憲剛と小笠原は、一緒に出すとあまりよろしくない気がするな。

憲剛や小笠原を二列目で使うと、ボールはキープしやすくなるだろうが、

飛び出しタイプが少なくなるので、やっぱり避けたい。

ということで、小笠原を試すとしてパートナーは、・・・今回のメンバーだったら今野かな。

てか、今野しかいない。

長谷部のタイプのボランチがいないからな~。


稲本がいれば稲本やな。

谷口とかもお勧めやけど。



ていうか、村松って、誰??

凄いの??





←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01.11 (Mon)

山梨学院大付が優勝!!

第88回全国高校サッカー選手権の決勝が行われ、1-0で山梨学院大付が青森山田に勝ち、優勝した。

後半しか見ていないのだが、山梨学院大付、なかなか良いサッカーをしていた。

パスがうまいのだ。

流れを途切れさせないパス交換。

カウンターが綺麗。

7番のキャプテン碓井の総合力、

8番の右サイド平塚の突破力、

10番と19番のスピード、

途中から出てきた11番のキープ力。

結構面白かった。

野洲を破ったのもなんとなく納得。




高校サッカーって、やはり色々鍛えられる場やな~って、あらためて感じた。

肉体的にも、精神的にも。

現在の私の原点にもなっているのは、やはり高校時代のサッカー部での活動だ。

今年出てきた関大一とも試合をしたことがある。

もちろん、負けたが。


社会でも、この体力と精神力を、多いに活かして欲しいね。


・・・と、なんとなくおっさん目線になってきた今日この頃。




で、話は戻って、

大会の優秀選手は以下の通り。

GK 櫛引政敏(青森山田)菅野一輝(尚志)
   村井泰希(四日市中央工)原田直樹(広島観音)

DF 関篤志、中田寛人、藤巻謙(以上山梨学院)、
   横浜充俊、中島龍基(以上青森山田)須藤貴郁(矢板中央)
   山本真也(藤枝明誠)小谷祐喜(関大一)岡崎克也(境)
   宇都宮憲司(広島観音)

MF 椎名伸志、三田尚希、柴崎岳(以上青森山田)
   碓井鉄平、平塚拓真(以上山梨学院)渡辺裕紀、益子直樹(以上矢板中央)
   大楠恭平、福野あさと(以上神村学園)小島秀仁(前橋育英)
   長沢和輝(八千代)辻俊行(藤枝明誠)久保開立(関大一)
   柳直人(作陽)柳田優介(広島観音)

FW 伊東拓弥(山梨学院)宮市亮(中京大中京)久保綾祐(関大一)
   大西晃広(香川西)赤崎秀平(佐賀東)山本大貴(ルーテル学院)
   黄順旻(神村学園)


2月27日、Jリーグ・富士ゼロックススーパーカップ(国立競技場)の前座で18歳以下のJリーグ選抜と親善試合を行った後、

国内合宿などでメンバーを18人に絞り、3月27日からスイス遠征に向かうそうだ。



あ~あ、高校生に戻りたいな~。

無限の可能性が広がっている高校生に。


私は今からどこへ行くのだろうか・・・。


←クリックお願いします

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:17 |  国内ネタその他  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

2010.01.10 (Sun)

平山相太の覚醒!?

2010年1月6日、テロの恐れのある緊迫したイエメンの地で、若手主体の日本代表で、平山相太が爆発した。

ハットトリックである。

しかも、0-2からの3得点。


映像がないので、なんとも言えないが、そして相手はイエメンなのでなんとも言えないが、

これは、平山の覚醒の予兆と見て良いのだろうか!?


これまで、私は事あるごとに、平山の覚醒が、日本サッカーに必要であると説いてきた。

このブログを始めて以来、ずっと。

『平山』でブログ内検索すると、結構出てくる。


あの体格と、体格の割の足元、ワントップを張れる貴重な貴重な逸材なのだ。




W杯までの、平山の真の覚醒を、切に、切に、願っています。

イチ日本代表を応援するファンとして。



もしも、もしも、平山が覚醒したならば・・・

ツートップは平山と森本。

平山がどっしりと構え、森本が動き回る。

中盤は前目に、石川と本田。


これ、ちょっと新鮮で面白そう!!


←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:36 |  日本代表  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

2010.01.04 (Mon)

2010年初記事~天皇杯と高校サッカー

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。


元旦の天皇杯決勝は、ガンバ大阪が4-1で勝ち、連覇を達成しました。

遠藤の2点目は見事でした。

左足でズドンって、遠藤じゃないみたいでした。

あと、やっぱり明神は効いてましたな。

勝負を決定付ける3点目に繋いだのは、あの明神の馬力。

あの時間帯でよくあそこまで走れるわ。


で、喜んでいるのが、サンフレッチェ広島の選手やファンの方々でしょう。

Jリーグ4位、繰上げ当選、ACL出場決定!!

おめでとうございます。

あのパスサッカーで、アジアでブイブイ言わせたってください。



そして、正月と言えば、やっぱり高校サッカー選手権。

現在ベスト8が出揃い、明日、準々決勝。

仕事で見れないのが残念でならない。


今回は、優勝候補の前橋育英が初戦敗退。

常連の、野洲、東福岡、帝京も初戦敗退。

国見も八千代も既に負けた。


そんな中、私が注目しているのは、熊本のルーテル学院と鹿児島の神村学園だ。


ルーテルのFW山本の凄さは、開幕戦を見た後に既に書いたが、

さらにその後、2回戦でも2得点。

3回戦でもPKだが、バティストゥータのような勢いのある助走で決め、既に今大会5得点。

脅威の一人カウンター。

何故、プロから声がかからないのか、不思議だ。

素晴らしいのは、ゴールに向かうトラップと、スピードと、シュートの威力と正確性。

更に上背もあるので、富山第一戦で決めたように、ヘディングも凄い。

ロアッソ熊本に入団決まらないかな・・・。



そして、神村学園。

初戦、中京大中京に、10-2。

サッカーのスコアで、しかも全国大会で、こんなことが有りえるなんて・・・。

しかも更に凄いのが、得点者が9人ってこと。

10点も得点が入ると、たいていの場合、FWがハットトリックしたり、一人で5点とか、ありそうやけれども、

なんと、9人で10点取っているのだ。

どこからでも、出場選手ほぼみんな、点を決めてしまったのだ。

内容を見ていると、それも納得できる。

後ろの選手がどんどん飛び出すサッカーをしている。

インターセプトした選手はパスアンドゴーで、そのままゴール前に迫り、シュートまでもっていってしまう、

というプレーが多いのだ。

これ、今の日本代表にいちばん足りない動きだ。

荒い部分はかなりあるが、見ていてなかなか面白い。



更に、毎年すぐに負けてしまう大阪の代表校(私、大阪出身なもんで)も、今回はまだ残っている。

頑張れ、関大一校!!



と、言うわけで、

個人的には、この3校に勝ち残って欲しいのだが・・・。



ルーテル学院の相手は、野洲を破った山梨学院大付属。

神村学園の相手は、柴崎のいる青森山田。

関大一の相手は、初出場だが静岡代表であり、清水商を破った藤枝明誠。

3校すべてが残る可能性もあれば、全滅の可能性も有り・・・。

もう1つのカードは、広島皆実を破った広島観音と、栃木代表、矢板中央。


あーあ、明日仕事サボりたいな~・・・。


←クリックお願いします

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:31 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。