FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.10.29 (Thu)

城島健司、阪神タイガースへ!!

マリナーズ城島健司(33)が、阪神タイガースに入団することになった。

さて、これは阪神ファンはどうとるだろうか。


「よっしゃ~、矢野も衰えてきたし、ちょうどええ!! しかも主軸を打てるから金本の衰えもカバーできる!! 大歓迎や~!!」

となるのか、

「城島!? ソフトバンクの選手やろ。即戦力を金で取るんはええけど、狩野とか、岡崎太一とか、甲子園で大活躍した橋本良平とか・・・その辺の育成は大丈夫やろか。なんか、これやったら、巨人とやってること一緒やん!!」

となるのか。


まあそれは、城島のキャラと活躍次第で、今後変わってくるだろうが。

個人的には、城島にはあまり愛着はないので、どっちでも良かったけどね。

矢野を愛しているファンはどう思うかな。


ちなみに、かかったお金は、4年で契約金、年棒、出来高合わせて推定28億と報道されている。

凄いですな。


あの、座ったままの2塁けん制とか、生で見てみたいね。

あと、打順は4番か5番か6番を打つことになるだろう。

どんなオーダーになるのやら、楽しみだ。


1 赤星(8)
2 平野(4)
3 新井(5)or鳥谷(6)
4 金本(9)or城島(2)
5 城島(2)or金本(9)
6 鳥谷(6)or新井(5)
7 ブラゼル(7)
8 林(3)
9 投手

普通に考えたら、こうなるかな。

でも、これ見てたら、下手したら、中軸が新井、金本、城島、ブラゼルってなって、広島、広島、ソフトバンク、西部、の4番を集めましたみたいになるな。


じゃあこれでいこう。

中軸は、鳥谷、金本、林、桜井。(金本は時効ってことで)

あかん、これやったらけが人続出のシーズン終盤の打順みたいやな。


まあとりあえず、これでうまく回って、阪神が強くなってくれれば、甲子園で勝ってくれれば、一切文句はございません。


城島の応援歌、ヒッティングマーチはどんなメロディーになるかな~♪
←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : 阪神タイガース - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  11:00 |  阪神タイガース♪  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

2009.10.28 (Wed)

U-17の宇佐美と柴崎

U-17W杯が行われている。

いつの間にか。

先日はブラジルに2-3と善戦したらしいので、昨日夜のスイス戦、前半30分過ぎまで見ていた。

2-0で勝っていたのに、起きてビックリ、3-4で逆転負け。

2敗でGL敗退が決まったことだろう。


さて、そんな中で、宇佐美貴史(G大阪)と柴崎岳(青森山田)。

この2人の技術が抜きん出ていた。


宇佐美はもともと注目されていたので、知っていたが、柴崎のプレーは初めて見た。

良いやん、なかなか。

FWと思ってたら、中盤の底だった。


この年代で代表でも、消えて行く選手が多い中、この2人は残るだろうなという気がした。


宇佐美は早くG大阪でも出してあげたら良いのに。

それか、どっかにレンタルすれば、絶対試合に出場できるのに。


宇佐美の性格が、柿谷曜一郎のようではないことを祈りたい。

←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  09:42 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10.27 (Tue)

アジア杯のオシムの罪がまたもや

昨日の報道によると、11月18日にイタリア代表との親善試合の話があったらしい。

あのイタリア代表、アズーリと。

一応、前回W杯優勝国と。


が、しかし。

この日はアジア杯予選の香港戦があるため、話はオジャンに。

香港とイタリア。

悲しいかな、香港と試合をしなければならないなんて。


これもまた、オシムの罪だ。

07年アジア杯、3位以内に入っていれば、このチョー低レベルのアジア杯予選に出場する必要はなかったのだから。


07年アジア杯で優勝できなかったおかげで今年のコンフェデレーションズカップには出場できず、

(→関連記事:日本が出場できないコンフェデ

更に3位以内に入れなかったおかげで、予選を闘わなければならなくなり、貴重なイタリア戦を組めず・・・。

あーもったいないもったいない。


当時のオシム監督のサッカー、いかんせんちょっと意味不明でもあった。

ただ、可能性は感じることができた。

そんな感じの印象だった、当時のアジア杯。

オシムのままで、あと2年やっていたら、あのサッカーも進歩していたのだろうが・・・。


というわけで、強豪国との親善試合(特にアウェイ)は来年以降になりそうだ。


岡田よ、今回ばかりは君のせいではないが、今の代表のサッカーのおもんなさは、完全に君のせいだで。

←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:06 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10.26 (Mon)

優勝争いと降格と昇格

今、海外リーグの情報がこれほどまでに入る時代、内容では圧倒的に不利なJリーグ。

決して、面白いとは言えない。

しかし、我々は日本人である。

なので、あえて、Jを見る。

時々物凄いプレーが見られるし、何よりも身近にあるから。


で、そのJリーグ

今季も残り4試合となり、優勝争い、降格争い、昇格争いの行方が、ほぼ固まってきた。


優勝争いは、川崎F(勝ち点55)と鹿島(同54)。

少し遅れて、G大阪(51)と清水(50)。

清水は1日天下で、あっという間に5ポイントも差をつけられてしまった。

FC東京も49だが、ここは少し厳しいか。


個人的には、鹿島以外が優勝して欲しい。

ここ2年、鹿島だから。


また、上位3チームには来年のACL出場権が与えられるので、この3位以内争いも楽しみだ。

そういう意味では、FC東京もまだモチベーションを失っていない。



一方、降格争いは、ほぼ決まったと言っていい。

柏レイソル(勝ち点27)、ジェフ千葉(24)、大分トリニータ(20)。

その上の大宮が36なので、これを4試合でひっくり返すのは至難の業だ。

主力選手の放出を阻止できるか、今後はこれが見所となる。

金崎夢生や、家長、大津、深谷、古賀、菅野・・・

この辺、私なら欲しいけどな~。


そして昇格争い。

昨年の4位、3位である、C大阪(98)、仙台(96)、がほぼ決まり。

甲府(91)と湘南(90)の激しい争いが繰り広げられるだろう。

勢いでは甲府だが。

見ていて思うのは、やはりJ1とJ2では、レベルに差がある。

J2のチームは、本気で強化して、一刻も早く、J1に上がるべきだろう。


と、私は思う。


←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  15:35 |  Jリーグ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10.22 (Thu)

ACL、名古屋ピ~ンチ

ACL、準決勝、名古屋が窮地に立たされた。

サウジアラビアのアルイティハド相手に、アウェイで2-6。

この試合、明らかに中東の笛が吹いた。

開始7分で、名古屋の竹内が退場。

更に後半のPKは、足にかかっていない。

少なくとも、この2点は、試合の行方を左右した。

集中を切らした名古屋は、後半ロスタイムに2失点。

2-3で終わっておけば、アウェイゴール方式もあり、第2戦は1-0でも勝ち抜けていたのに。

あー、もったいないね。

第2戦、4-0で勝つ必要あり。

玉田、ケネディ、サントス、ストイコビッチ、彼等はやれるのだろうか。



ところで、この試合で名古屋が奪った2点について。

1点目は、ケネディ。

やはり高さがある。

あの高さ、強烈なヘディング、ある意味反則や。

そして2点目の中村直志。

体の入れ方がうまかった。

体を入れてキープし、すぐさま反転シュート。

あれは好プレーだった。


日本を代表して闘っているので、なんとか名古屋には頑張って欲しい。

Jリーグはもういいから、ACLで魅せてくれ!!



ちなみに、中東の笛という言葉、もともとハンドボールで使われた言葉だが、最近はサッカーでも使われるようになってきた。

中東の笛、恐るべし。

←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:13 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10.20 (Tue)

欧州予選プレーオフ組み合わせ決定

W杯欧州予選のプレーオフの組み合わせが決まった。

今回の抽選は、つい先日発表された最新のFIFAランキングに基づいて実施。

9位のフランス、10位のポルトガル、12位のロシア、16位のギリシャがシードとなっていた。

組み合わせ抽選結果は以下の通り。


●アイルランドvs.フランス

 順当にフランスに決めて欲しいが・・・すんなり決まるかどうかはかなり怪しい。

 アイルランド、なかなかの強敵だ。

 僅差でフランスの勝利と見た。


●ポルトガルvs.ボスニア・ヘルツェゴビナ

 C・ロナウドは怪我で欠場かもしれないが、彼がW杯本大会に出場できるか否かがかかっている。

 デコ、ナニ、ら、タレントの量・質共に圧倒的にポルトガル有利。

 ボスニアのヴォルフスブルグコンビ、ゼコとミシモビッチは破壊力があるが、DFがかなり不安定。

 順当にポルトガルだろう。


●ロシアvs.スロベニア

 スロベニアがよく分からない。

 誰がいるのだろうか。

 てことなので、ヒディンク、アルシャビンのロシアに一票!!
 
 EURO2008の活躍を再びW杯で!!


●ギリシャvs.ウクライナ

 EURO04の覇者vsシェフチェンコ。

 どちらでも良いが、今回はギリシャが見てみたいな。

 

というわけで、11月14、18日にホーム&アウエー方式で行われる。


CLのような熱い熱い闘いになるだろう。


←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:27 |  W杯関連(日本代表以外)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10.16 (Fri)

TBSと岡田監督

なんか揉めている。

岡田監督とTBS。

この一連の報道が真実かどうかも分からないが、真実だと仮定して、書く。


簡単に言うと、こうだ。

10月4日の「スーパーサッカー」いや、今は「S1スパサカ」で、岡田監督へのインタビューを放送。
インタビューアーはレフティーモンスター小倉隆史。

「日本は本当にベスト4いけるんですかね~」
「こんな選手は使わないんですか??」
「なんであの時カズを外したんですか??」

とファンの声として質問。

岡田「二度と出ね~、この番組。」と苦笑いするも、実は本気で怒っていた。

更に、このシーンをカットせずそのままオンエア。
すなわち、この岡田の反応が一瞬で全国ネットになった。

岡田ぶち切れ。

トーゴ戦後のインタビュー無視。

これを知らないTBS、ぶち切れ。
「こっちは高い金払って、放映権料買っとんや~!! 日本サッカー協会に払っとんや~!! 契約にも、インタビューできるって書いてあるんや~!! どういうことやねん!!」

当初、トーゴの態度に腹を立てて、無視したと思われていたが、実はこうだった、と後から発覚。


ここで争ってもお互いに損をするだけだと判断。

TBS「失礼な質問をしてすみませんでした。」

日本サッカー協会「ごめんな、TBS。岡ちゃんに言うとくから許してな。」


ちゃんちゃん。



この一件、完全に岡田監督が悪いと思うのは私だけだろうか。

TBSはメディアとしての役割を果たしただけだ。

しかも、質問も、いたって普通だ。

サッカーファンとして、日本代表を応援する者として、率直な疑問をぶつけただけだ。

代表監督である以上、そのようなメディアにもうまく対応しなければ、そんなことでいちいち腹を立ててどうするのだろうか。

なんか大人げないな~。


今後、これで怖いことは、メディアが、ますます無難なインタビューしかしなくなるのではないか、ということだ。
(もともと、そうなのに、更に。)

ただでさえ、面白くないのに、ますます面白くなくなる。


あ~、そういえば、オシムのインタビュー、今から思えば、懐かしいな~。



←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  11:34 |  日本代表  | TB(3)  | CM(2) | Top↑

2009.10.15 (Thu)

アルゼンチン、スイス、スロバキア、ホンジェラス

南米予選、崖っぷちのマラドーナアルゼンチンはウルグアイに1-0で勝利。

何とか4位で、W杯出場を決めた。

ウルグアイが5位になり、北中米のコスタリカとプレーオフ。

ここはウルグアイに来て欲しいな。



欧州では、スイス、スロバキアが1位通過。

ポルトガルもプレーオフに望みをつないだ。

プレーオフ出場国は、フランス、ポルトガル、ギリシャ、ウクライナ、ロシア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アイルランド。
(多分・・・)

超重要な組合せ発表は、19日だそうだ。



北中米では、ホンジェラスが3位で出場決定している。



それにしてもアルゼンチン、本当に良かった。


さあ、残すは、アフリカ予選最終戦と、各地でのプレーオフのみ。

聞こえてくる、W杯の足音・・・。


←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  15:13 |  W杯関連(日本代表以外)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10.13 (Tue)

アデバヨールが来ない・・・2軍のトーゴ

明日のトーゴ戦、またしても相手国主力不在となってしまった。

来日メンバー19人予定が、8人キャンセル、3人追加で、14人。

は!?14人!?

サッカーって11人でやるスポーツやねんで。

しかもエースのアデバヨールも来ない。

あの、アデバヨ~~~・・・が来ない。

どうなってんねん、これ。


確かに、W杯出場を逃してモチベーションを失った国に、その直後に遠い遠い国へ、ベストで来いというのは酷な話。

しかし、これは予想できたことでもある。

何故なら、トーゴがW杯出場圏内の国ではないから。

スコットランドもそうだったが。


これ、協会の責任のような気がするな~。

W杯に確実に出てくるであろう国と、組むべきだったのだ。

あ~あ、もったいな。


これで明日も、完全な日本ペースの試合となるだろう。

下手すればスコットランドより酷い試合になるかもしれない。


こうなりゃ、森本くんと、本田くんと、石川くんと、松井くんに大活躍してもらって、既存のメンバーを一新してもらおうかな~と。

それぐらいしか、楽しみを見出せない。

←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:51 |  日本代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10.12 (Mon)

ドイツ、イタリア、デンマーク、セルビア、米国、メキシコ、ガーナ、チリ

この週末、世界各地でW杯予選が行われた。

新たに、ドイツ、イタリア、デンマーク、セルビア、米国、メキシコ、ガーナ、チリが本大会出場を決めた。

少し詳しく見てみよう。


まずは欧州予選から。


1組

デンマークがスウェーデンに勝ち、首位で勝ち抜け。

ポルトガルはC・ロナウドがケガで途中交代するも、同勝ち点で並ぶハンガリーに勝ち、2位に浮上。

プレーオフに望みをつないだ。

逆にスウェーデンが崖っぷち。

38歳のラーションが出ていて、ちょっと面白かった。


2組

大物のいない組。

フィリップ・センデロスの頭で、スイスが1位で決めそうだ。

2位には恐らく、04ユーロの覇者、ギリシャが来るだろう。


3組

ここも大物のいない組。

首位はスロバキア。

個人的には3位のチェコに、プレーオフに残って欲しいが。


4組

首位ドイツ、2位ロシアで確定。

ロシアはプレーオフに。

頑張れアルシャビン!!


5組

スペインで決定。

プレーオフに、ボスニア・ヘルツェゴビナ。


6組

イングランドで決定。

プレーオフの2位争いでウクライナとクロアチア。

個人的にはクロアチアにきてほしい。

モドリッチ。


7組

セルビアで決定。

フランスはプレーオフへ。

それにしても、ジニャク、凄かったな。


8組

イタリアで決定。

プレーオフはアイルランド。

イタリア対アイルランドの試合に、94年W杯のグループリーグを思い出した。


9組

オランダで決定。

ここの組は2位でもプレーオフに出場できないだろう。

ノルウェー、スコットランド、さようなら。



プレーオフで、ポルトガル、フランス、クロアチア、ロシアがきてほしいな。

まあまだ分からんし、組合せ次第やけど。

最終戦が10月14日。

そこで順位が確定。

各組2位同士のプレーオフへ進む。


南米はアルゼンチンが、豪雨の中、パレルモのゴールで勝ち、なんとか残った。

最終戦で、ウルグアイと直接対決。

勝てば4位で確定。

負ければ、プレーオフ。

まあエクアドルの結果次第やけど。

それにしても、アルゼンチン。

イグアインが代表デビューしたものの、アイマールとかパレルモとかベロンとか。

ちょっと懐かしいな。

南米も最終戦は10月14日。


北中米は、米国とメキシコ。

文句ありません。

メキシコが一時期危なかったけど、連勝で戻ってきた。


アフリカはコートジボワールに続いてガーナ。

まあ順当。

あとは、カメルーン、ナイジェリアに来て欲しいね。

アフリカはプレーオフがないので、最終戦は11月14日。



続々と決まるW杯出場国。

絶対きてほしい国と、できればきてほしい国と、どうでも良い国があるが、本当にギリギリの闘いが続く。

4年に1度のW杯、いよいよ近付いてきた。

もうすぐだ。

楽しみだ~!!!


グループリーグ組合わせ抽選会は、12月4日。

もう、2ヶ月を切った。


←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:27 |  W杯関連(日本代表以外)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10.10 (Sat)

アジアレベルの代表選手は!?

日本代表で活躍している選手の中に、明らかにアジアレベルの選手がいる。

活躍はする。

が、あくまで、アジア相手に。

そんな選手を挙げてみよう。


①田中達也。

典型的なアジアレベルのストライカー。

そしてあの無意味なチェイシング、疲れるやろうにな~。


②巻

アジアレベルにすら到達していないか・・・。


③佐藤寿人

申し訳ないが、あの体じゃ、無理。

爆発的なスピード、テクニックがあるなら別だが。

あの程度のスピードとテクは、アジアクラス。


④岡崎

何故、あそこまで点が取れるのか、理解できない。

たしかに一時期より迫力も出て、シュートもうまくなった。

でも・・・でもアジアレベルなんよ。

岡崎がエース!?

おいおい本気で言うてんの!?

大丈夫かよ。


⑤駒野

これは同意していただけるだろう。

Jリーグではハイクラスやけどね。


⑥橋本

なんでまだ代表に残ってるんやろう。

Jリーグではこれまた、気の利いたことするけど、運動量的に、技術的に、代表でやるには限界がある。


⑦阿部

あなたの本職はボランチです。

ボランチで勝負しなさい。

DFの阿部はJリーグでも並レベルやで。


⑧怪我してる俊輔、あるいは体調不良の俊輔

無理に出場させるほどの選手でもないと思うのは、私だけだろうか。


⑨中澤

アジアクラスのCB。

他にいないからしょうがないんやけど・・・。


⑩玉田

昔はもっとスピードがあった気がするのだが・・・柏時代とか。




なんか、わくわくする代表、みたいな~。

今日のスコットランド戦の期待するスタメン。

中盤の底に、中村憲剛と稲本
前に、本田と石川。
トップは前田と森本。

もしくは・・・
トップに森本
トップ下に本田
右に石川、左に松井。

ん~、これだと、松井がセンタリング上げても、中で決める人が森本しかいないな・・・。

やっぱり、平山がいるかな~。

←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  02:01 |  日本代表  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2009.10.08 (Thu)

2018年or2022年、W杯招致委員会設立

2018年、2022年のW杯開催に向けて、日本サッカー協会が動き出した。

その名は『W杯招致委員会』。

委員長は、日本サッカー協会会長の犬飼さん。

プロジェクト名は『Dream2018/2022』

特別広報大使に鉄腕アトム。(・・・なんでや~!?)

更にロゴも発表された。


毎度毎度、サッカー協会には文句を言っているが、ていうか不満があるが、この仕事だけは何としてでも成功させて欲しい。


現在、立候補している国は、日本の他に、

・オーストラリア(2018/2022)
・韓国(2022)
・カタール(2022)
・インドネシア(2018/2022)

・イングランド(2018/2022)
・ロシア(2018/2022)
・スペインとポルトガルの共催(2018/2022)
・ベルギーとオランダの共催(2018/2022)

・米国(2018/2022)


2018年はどうやらイングランドが有力らしい。

スペインとポルトガル、ベルギーとオランダの共催も、なんとなく現実的だ。

米国も94年以来の開催を目指す。

アジアに来るなら、オーストラリア、韓国、カタールが強敵か。


開催国決定は、2010年12月2日。


色々問題も山積みだが、何としてでも、日本でやってほしい。

そのためにも、代表にも強くなってもらわんと困るんやけどな~。

香港に6-0で勝ったから言うて、喜んでるんちゃうで~。




それにしても・・・

2018年というと、今から9年後。

2022年なら13年後。

私はその時、38歳、もしくは42歳だ。

いや、開催時期は6月だから、37歳もしくは41歳か。

その頃、いったい何をしているのだろうか??


私の最近の夢・・・

脱サラ!!!!!


サッカーを純粋に楽しめるような、それでいて少しは食べていけるような、そんな仕事をやっていたいな~。

←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:49 |  W杯関連(日本代表以外)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10.04 (Sun)

鹿島の足踏みにより、Jリーグが大混戦に。

最近、というか、今季、ほとんどJリーグについてのエントリーを書いてこなかった。

なぜならば、面白くなかったから。

鹿島独走。

試合内容もつまらん。

代表に良いんちゃうん!?って思う選手が出てきても、岡ちゃん全然選ばない。

だから見つける気力も失せる。



しかし、ここに来て、鹿島が勝てなくなった。

鹿島に関してはあまり見ていないので、理由はよく分からないが。


2位以下、圧倒的に放されていたチームが、おかげで日の目を見てきている。

10月4日現在の順位は以下の通り。

1 清水 50
2 鹿島 50
3 G大阪 49
4 川崎F 46

10月7日に、例の、雨で途中終了になった試合の川崎-鹿島が行われるが、川崎3-1リードからの試合再開で、たった16分。

過去前例がないが、恐らく得点が入らないまま終わるだろう。

16分で2点差を追いつくのは厳しい。

てことは・・・

1 清水 50
2 鹿島 50
3 G大阪 49
4 川崎F 49

となる。

ほほう、これは凄いやん。

残り6試合。

どんな結末を迎えるだろうか。

ちょっと、面白くなってきた。

←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50 |  Jリーグ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.10.02 (Fri)

代表メンバー発表

アジアカップ最終予選の香港戦(10月8日)、スコットランド戦(10月10日)、トーゴ戦(10月14日)に出場する日本代表28名が選ばれた。

今回は全て国内、つまりホーム。

ある意味勝って当然なので、内容をかなり問いたいと思う。

メンバーは以下の通り。


GK 
川島永嗣(川崎)
山本海人(清水)
西川周作(大分)

DF 
中沢佑二(横浜マ)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(磐田)
阿部勇樹(浦和)
岩政大樹(鹿島)
今野泰幸(FC東京)
徳永悠平(FC東京)
長友佑都(FC東京)
岩下敬輔(清水)
内田篤人(鹿島)

MF 
中村俊輔(エスパニョール)
橋本英郎(ガ大阪)
稲本潤一(レンヌ)
遠藤保仁(ガ大阪)
中村憲剛(川崎)
松井大輔(グルノーブル)
石川直宏(FC東京)
長谷部誠(ウォルフスブルク)
本田圭佑(VVVフェンロ)

FW 
玉田圭司(名古屋)
前田遼一(磐田)
佐藤寿人(広島)
大久保嘉人(神戸)
岡崎慎司(清水)
森本貴幸(カターニア)


注目点を挙げると・・・

まずGKの山本の初選出と、西川の選出には正直驚きだ。

山本はよく知らないが、西川は潜在能力は抜群なだけに、今後期待したい。


DFでは、岩下。

鹿実のキャプテン。

岩政も呼ばれていて、良かった。

あとはG大阪の山口が欲しかった。

中澤と闘莉王は、私の中では、ちょっと休ませてもよかったと思う。

それにしても、、阿部と駒野は何故選ばれたのだ??

徳永は久々。

頑張って欲しい。


そして中盤。

俊輔、松井、長谷部、本田、稲本、遠藤、憲剛と、実力者が揃った。

そこに、石川直宏。

ようやくって感じだが。


トップは、森本がやはり大きい。

ワントップ森本、決まり。


このメンバーでの希望スタメン。


GK:西川
DF:内田、闘莉王又は中澤、岩政、長友
MF:稲本、長谷部、本田、石川
FW:森本、前田

途中から、大久保、松井、中村憲剛


石川、本田、森本を少しでも代表に馴染ませないとなぁ・・・。


今回は久々に岡ちゃんらしくない人選やったね。

まあ28人選べたからやろうけど。

ここから23人に絞れとなると、これまたかなり監督の好みが出てくるだろう。


相変わらずの、今野、橋本、阿部は、紅白戦要員でござりますな。

ご苦労様です。


今回も、期待せずに、ぼちぼち見るとするか・・・。




←クリックお願いします

テーマ : W杯日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:09 |  日本代表  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

2009.10.01 (Thu)

今更ながら、セスク・ファブレガスは凄い!!

ふと、欧州CLのハイライトを見ていた。

アーセナルの試合を見ていたのだが、セスク・ファブレガス、今更やけど、凄いな。

背番号、4。

全ての攻撃はセスク・ファブレガスの足元を経由する。

中盤の底からのビルドアップ。

右に左に一発でピンポイントサイドチェンジ。

更に縦への楔も入れる。

そして、そこからまた走る。

パスアンドゴー。

ファンペルシ、アルシャビンときれいに渡ったボールがゴール前で再びセスク・ファブレガス~!!

いや~、面白いね。

日本人で言えば、遠藤に近い。
(もちろん、遠藤よりも走るし、力強い。)


そして、この試合は、アルシャビンとロシツキが揃い踏みした。

私の好きなタイプだ。

人は見た目と違う。

可愛い顔して、小さいけれど、細いけれど、スピードはもちろんパワーも兼ね備えていますよ、というタイプ。

ファンペルシのワントップに左にアルシャビン、右にロシツキだった。

最高やん。

これをセスク・ファブレガスが操る。

中盤のこぼれ球拾い、守備専門に、ソングを置いて、セスクは迷い無く上がって行く・・・。


実際、内容観てても、かなり面白い。


メッシーやC・ロナウドに飽きた時には、ぜひお奨めします。

アーセナルを。

←クリックお願いします

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:14 |  欧州CL  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。