*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.07.28 (Mon)

X JAPANのDAHLIAをピアノで

そういえば、先週、X JAPANのDAHLIAをUPしました。


ピアノアレンジです。


よろしければぜひ。


DAHLIA
←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:00 |  ピアノ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.26 (Sat)

澤昌克が柏レイソル入団

ペルーで活躍する澤昌克が、柏に入団することになった。

澤昌克についての以前の記事

現在の日本代表に必要なシュートまでもって行ける能力、シュートを積極的に打つ力をもっているのではないだろうか。

そう期待したい。

岡田監督、すぐさま澤を招集するべし!!


←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:43 |  Jリーグ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.26 (Sat)

日本代表候補合宿メンバー

7月28日~30日の日本代表候補合宿のメンバーが発表された。


GK:川口 能活   磐田
  楢崎 正剛   名古屋
   川島 永嗣   川崎F
DF 中沢 佑ニ   横浜
  中田 浩二   鹿島
  高木 和道   清水
   闘莉王     浦和
   駒野 友一    磐田
   阿部 勇樹    浦和
MF 村井 慎二   磐田
  中村 憲剛   川崎F
   鈴木 啓太   浦和
  山瀬 功治   横浜
  青木 剛     鹿島
  今野 泰幸    東京
  小川 佳純   名古屋
  工藤 浩平   千葉
  柏木 陽介    広島
  金崎 夢生    大分
FW 玉田 圭司    名古屋
  大黒 将志    東京V
  前田 遼一    磐田
  佐藤 寿人    広島
  田中 達也    浦和

サプライズは、以下の選手達。

●高木和道(清水)
手薄なCBなので、試してみたかった選手。能力は高い。

●中田浩二(鹿島)
日本に帰ってきた。
間違っても、彼をボランチで起用しないで欲しい。
今の中田浩二は、闘莉王もしくは中澤とCBを組むべき選手だ。

●村井慎二(磐田)
左サイドのスペシャリストだが、代表レベルの実力があるかはこれまでのところ、未知数。

●青木剛(鹿島)
鳴り物入りで前橋育英高校から鹿島に入ったが、長~い間中田浩二らからポジションを奪えなかった男。
代表レベルにない。

●小川佳純(名古屋)
ピクシー名古屋の象徴。
たしかに足元はうまいが、代表の攻撃的中盤を担えるかは今後の成長次第か。

●工藤浩平(千葉)
あまり知らないので、ノーコメント。

●柏木陽介(広島)
ボランチで使いたい選手。
能力が高いためトップ下になることが多いが、飛び出し能力と散らし能力を見ていると、どうみてもボランチが適任だろう。
そのためには守備の激しさが必要になるが。

●金崎夢生(大分)
ようやく選ばれた。
開幕3戦連続のゴールを見ると、素晴らしい逸材であることが分かる。
五輪代表に縁がなかったのも不思議だ。
もともとボランチの選手。このような選手こそボランチで使いたい。

●大黒将志(東京V)
トリノ移籍が失敗だったが、点取り能力は日本人の中でもかなり高い。
所属チームがあまり良いサッカーをしていないため、コンディションを上げることができるかが不安。

●駒野友一(磐田)
選ばれたことがサプライズ。

●鈴木啓太(浦和)
上に同じ。

現代サッカーでは、守備が売りのボランチは必要なくなってきている。
守備能力のある足元のうまいボランチ、守備能力のある飛び出せるボランチ、そんな選手が求められている。

そんな選手をどんどん選んで欲しいものだ。

 →日本代表ブログ内関連記事


←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:29 |  日本代表  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2008.07.21 (Mon)

『旅立ちの日に』UPしました

『旅立ちの日に』







 →  『旅立ちの日に』めっちゃ良い曲やん!!


←クリックお願いします

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

EDIT  |  14:25 |  ピアノ  | TB(0)  | CM(5) | Top↑

2008.07.20 (Sun)

幻の滝(ナーラの滝)

西表島にて、通称、幻の滝。




幻の滝1





近づくと、こんな感じ。





幻の滝2




それを見上げる私。




幻の滝3



以上、幻の滝(ナーラの滝)



←クリックお願いします

テーマ : 沖縄離島の旅 - ジャンル : 旅行

EDIT  |  00:31 |  日常から離れて・・・  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.19 (Sat)

ピナイサーラの滝

西表島、ピナイサーラの滝。


ピナイサーラ!!




そこから飛び込む私。




飛び込み




その下はこんな感じ。




滝下を上から




下から見ると、こんな感じ。




滝下から



以上、ピナイサーラの滝。




←クリックお願いします

テーマ : 沖縄離島の旅 - ジャンル : 旅行

EDIT  |  23:57 |  日常から離れて・・・  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.18 (Fri)

「イレブンプラスワン」(新サッカー誌)

先日、たまたま本屋で立ち読みをしていたら、新しいサッカー誌に出会った。

『イレブンプラスワン(11+1)~サッカーをもっとディープに楽しく観たい!』

この本のコンセプトは次のように書いてある。

「新聞やTVは、何故根拠もなく勝てると連呼するのだろう。」
「もっと本音の、日本のサッカーの実力、実情を知りたい。」
「もっとディープにサッカーを知りたい。」
「もっと様々な観点からサッカーを楽しみたい。」
「そんな想いに応えてくれたサッカージャーナリストが言葉を紡ぐ。」

なるほど面白そうだ。

というわけでちょっと期待して読んでみた。

内容としては、私が期待するレベルまではなかったが、面白い記事を書いているジャーナリストもいた。

そして、面白い記事、真っ当な記事を書いているのは、やはり、杉山茂樹だった。
そして、西部謙司だった。

杉山茂樹の、北京五輪に対する意見。
西部謙司の、世界の高いレベル同士の試合を観ていて感じた意見。

意見としては、私と全く同じではないが、読んでいて、なるほど、と思わせてくれたり、そのコメントに関しては全く同意!!という内容が含まれていた。

が、それ以外の記事は、普通だった。
風間八宏や宮沢ミシェルなんて、何が言いたいのか全く分からなかった。

このレベルでは、まだまだ普通の、そこら辺にあふれているサッカー誌と同じだ。

どうせやるなら、もっともっと深く突っ込んだ内容にしなければ。
冒頭に挙げたようなコンセプトでやるならば・・・。

今のままでは、この雑誌、間違いなく売れない。
←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  12:33 |  どのカテゴリやろ・・・??  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.15 (Tue)

北京五輪代表最終発表・・・お先真っ暗

北京五輪に出場する18名が発表された。

GK 山本 海人(清 水)  
    西川 周作(大 分)
DF 水本 裕貴(京 都) 
    長友 佑都(F東京) 
    森重 真人(大 分)  
   安田 理大(G大阪) 
    内田 篤人(鹿 島) 
    吉田 麻也(名古屋)
MF 本田 拓也(清 水)  
   谷口 博之(川 崎)  
   梶山 陽平(F東京)  
   細貝  萌(浦 和)  
   本田 圭佑(VVV)  
   香川 真司(C大阪)
FW 豊田 陽平(山 形)  
   李  忠成( 柏 )   
   岡崎 慎司(清 水)  
   森本 貴幸(カターニャ)

反町が、代表監督にふさわしくないということをあらためて実感できた。

もう最悪だ。

選ばれた選手には頑張って欲しい、日の丸のためにも頑張って欲しい。

だが、これではなんの希望も見えない。

これだと、Jリーグのチームにすら負ける。

北京五輪を観る気が失せた。

あーもったいない、せっかくの世界大会なのに・・・。

必要なのは攻撃のスペシャリストだ。

自分で仕掛けられる選手、確かな技術を持った選手、得点の予感を漂わせる選手だ。

例えば、梅崎は??

前の段階で外れてしまったが、水野は??

書類問題などがあったらしいが、エスクデロは??

さらに言うと、CBとして水本より安定した働きをする青山直は??

最近Jリーグに出場している平山は??

カレンは??

豊田とデカモリシとの違いは??

・・・

いったいどうなっているのだ、不可解なことこのうえない。

このメンバーでスタメンを組むとなると、次のようになるだろう。

GK:西川
DF:内田、水本、森重(吉田)、長友(安田)
MF:本田拓也、梶山、谷口、本田圭佑、香川、
FW:李(森本)

流れを変える交代要員は??
FWしかいない。
攻撃的MFは他にいないし・・・。

オーバーエイジは呼べなかった、水野、梅崎という攻撃的選択肢もあえて捨てた。

どうやって、北京を闘うつもりなのだろうか・・・。

反町監督の北京五輪、お先真っ暗だ。


 →北京五輪代表関連記事

←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:46 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.13 (Sun)

ネクストレベルへ行け。~NIKEのCM~

ネクストレベルへ行け。

というNIKEのCMが、最近、サッカー雑誌の表紙をめくったところにデカデカと載っている。

非常に良い言葉で、素晴らしいと思うので、その一部を引用してみたい。


ピッチ全体が見えているか?

1対1の勝負を常に意識しているか?

球際で勝つことができるか?

燃えたぎる情熱はあるか?

自分を冷静にコントロールできるか?

君は敵にとって危険な選手か?

ミリ単位のキックの精度はあるか?

ゴール前の嗅覚はあるか?

自分で考えてプレーしているか?

次の局面をイメージしているか?

スタンドを沸かせる想像力はあるか?

いつも自分の限界を超えているか?

今のレベルでもう満足か?

君はどれだけ本当のフットボーラーになりたいと思っているんだ??


全てのサッカー選手が、これを見て何かを感じなければいけない。

いや、サッカーに限らず、あらゆる局面で通ずる言葉だと思う。

常に高い向上心を持って、ネクストレベルへ行くべし!!



と自分に言い聞かせてみたり・・・。


←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:54 |  どのカテゴリやろ・・・??  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2008.07.12 (Sat)

OA枠使用無し!!・・・何しに北京に行くのか??

北京五輪代表は、ついにG大阪遠藤の招集を見送った。
と言うより、G大阪側が断りを入れた、と言う方が正しい。

遠藤のウイルス感染は予想外だったが、これで、五輪代表チームはオーバーエイジ(OA)枠を使用せずに、本番に臨むこととなった。

日本サッカー協会の不手際、反町監督の優柔不断さ、それに重なるアクシデント・・・。

今回の経緯は、特に協会の仕事に関しては、もっと問題になってもいいと思うのだが・・・。
(残念ながら、新会長の話題で打ち消されている。)

反町監督は、OAを『使いたかった』が、『使えなかった』のだ。

「大丈夫、今までやってきたメンバーで行ける!!」と強がり発言をしているようが、サッカーに精通している人がこれを聞いても、真に受ける人はまずいない。

今のままでは、グループリーグ突破はかなり厳しい。

いったい北京に何しに行く気なのだろうか。

勝ちに行く!?

今の姿勢ではそうは見えない。

ブラジル、アルゼンチン、オランダ、イタリアのようなサッカー強国でさえ、OA枠を使ってくるのだ。
(選出に日本同様、揉めている国もあるが)

日本のようなサッカー小国が、今のままでそれに立ち向かい、好ゲームをして帰ってくる、なんて全く想像できない。

そして、そのような強国を恐れるあまり、極度な守備的サッカーをして、スコア上では惜敗(内容では惨敗)して帰ってくるのであろう。

全然面白くない。


サッカーはエンターテイメントであることを忘れてはならない。

試合に対してワクワクさせて欲しいのだ。

EUROのように。(→EURO2008記事一覧


今の北京五輪代表、非常に、非常に、予後不良である。

 →北京五輪関連記事一覧

←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  11:27 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2008.07.11 (Fri)

北京五輪代表関連記事

北京五輪日本代表(U-23日本代表)についての記事、一覧です。

ナイジェリアに敗れグループリーグ敗退決定  080810
1-2で敗れる。

予想通りの結果に・・・反町JAPAN   080809
北京五輪本番、グループリーグ第一戦、米国に0-1。

北京五輪代表メンバー最終発表    080715
最終の18名が発表。青山直、梅崎らが外れる。非常に期待薄だ。

OA枠使用無し!!北京に何しに行くのか!? 080712
G大阪の遠藤が、ウイルス感染のため、正式に辞退。

オーバーエイジの遠藤が合宿辞退  080706
貴重なコンビネーション育成のための合宿を辞退。本番に間に合うのか!?

オーバーエイジについて一言(大久保召集断念)   080701
日本サッカー協会と反町監督に物申す!!

何の意味があるのかよく分からない五輪代表カメルーン戦  080612
0-0 ドロー

トゥーロン国際vsイタリア(あきれて物が言えん!!)   080531

トゥーロン国際vsフランス  080524

トゥーロン国際vsオランダ(ビビルな反町監督  080521

五輪代表発表について   080518

オーバーエイジの早期決定を求む!!   080505

北京五輪組合せ決定   080421

五輪代表候補発表    080420

五輪代表発表   080322

←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:30 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.07 (Mon)

JOMOカップ出場選手発表(JリーグオールスターvsKリーグオールスター)

8月2日に開催されるJOMOカップ(JリーグオールスターvsKリーグオールスター)のメンバーが発表された。

これまではJリーグの東西対抗のファン投票で行ってきたが、今回からこのような形となった。

メンバーは以下の通り。

GK:楢崎正剛(名古屋)
   都築龍太(浦和)
DF:中沢佑二(横浜)
   岩政大樹(鹿島)
   田中マルクス闘莉王(浦和)
   新井場徹(鹿島)
   駒野友一(磐田)
MF:今野泰幸(東京)
   金南一(神戸)
   小笠原満男(鹿島)
   山瀬功治(横浜)
   二川孝広(G大阪)
   阿部勇樹(浦和)
   中村憲剛(川崎F)
   金崎夢生(大分)
FW:ヨンセン(名古屋)
   鄭大世(川崎F)
   バレー(G大阪)

ちなみに、これは誰が選んだのだ!?

各メディアによると、
『昨年のリーグ優勝チームである鹿島のオリベイラ監督をオールスターチームの監督に選定、Jリーグオールスター戦選手選抜委員会が監督の意見を反映して』選んだらしい。

Jリーグオールスター戦選手選抜委員会!?

いったいどんなメンバーで構成されているのだ!?

さらに言うと、オリベイラ監督の意見はどの程度反映されているのだろうか。

20%ぐらい?
50%ぐらい??
それとも80%以上!?

Jリーグオールスターと命名している以上、そのあたりを明確にしておいてほうがよいと思うのだが・・・。

ちなみに、FWが皆日本人ではないところが寂しい限りだ。

個人的には、新井場、金崎に期待したい。

 →私が選ぶ日本代表候補リスト
←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  18:23 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.06 (Sun)

オーバーエイジの遠藤が合宿辞退

サッカー五輪代表の唯一のオーバーエイジ(OA)で出場予定の遠藤(G大阪)が、原因不明の熱により、今週の合宿を辞退することとなった。

現在入院中。

こんな状態で、一ヵ月後、北京で世界の強豪と闘えるのか!?

はっきり言って無理だろう。

入院中であれば、心肺機能も大きく落ちるし、原因が分からないのであれば、なおさら注意深く見守る必要がある。

五輪のために、と回復を急ぐと、その後また悪影響を及ぼすことは容易に考えられる。

五輪代表のメンバー登録締め切りは今月の7月23日。

こうなったら、コンディションの悪い遠藤をあきらめて、他の選手に・・・

と言いたいところだが、これは以前書いたように、(オーバーエイジについて一言(大久保召集断念) )、日本サッカー協会のお粗末な交渉、腐った体質により、どうやら召集できないようだ。

もういちど言う。

日本サッカー協会と反町監督は、各クラブに頭を下げてオーバーエイジの協力をもう一度お願いせよ!!

大久保の一件もあり、すぐに協力するクラブが出るかどうかは分からないが、それでも、日本の五輪を考えると、あるいは自チームの選手の売り出しに、と協力するクラブは出てくるはずだ。

今のままで、「遠藤の回復を待ちます。追加召集は考えていません。」なんて言っているようだが、本当にそれで良いのか!?

オーバーエイジは、「コンディション不良の遠藤一人」もしくは「無し」になるのだ。

各国はオーバーエイジを揃えて、勝ちにくる。

そんな相手に、今のままの五輪代表が勝つ姿なんて全く想像できない。

五輪サッカーを、日本の五輪サッカーを、盛り上げるためにも、期待の出来るメンバーを選出して欲しい。

・・・もう、かなり遅いかもしれないが。


←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  19:57 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.05 (Sat)

南米王者決定!!クラブW杯出場はLDUキト

リベルタドーレス杯決勝が行われ、12月に日本で開催するクラブW杯に出場する南米代表が決まった。

そのクラブとは・・・

LDUキト。

エクアドルのクラブだ。

エクアドル!?

あのアンデス山脈の高地のサッカーがいつも話題になるエクアドルか・・・。

・・・大丈夫かな。

ある程度の実力が伴っていればよいが。

ひょっとしてマンチェスターUの圧勝に終わってしまうのではないだろうか。

大会を盛り上げるためにも、南米王者はある程度強くないと困るのだが・・・。

まあそんなことを心配しても仕方がない。

期待するとしよう。

LDUキト。

一方、決勝で敗れたフルミネンセには、昨年まで浦和にいたワシントンがいたらしい。

そしてPK戦でPKを外してしまったらしい。

異なるチームでの2大会連続出場はならなかったようだ。

さぁ、次はアジア王者を決める番だ。

果たして、鹿島、G大阪、浦和は、アジアCLを勝ち抜くことができるだろうか。


←クリックお願いします

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:02 |  クラブW杯  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.04 (Fri)

『旅立ちの日に』めちゃ良い曲やん!!

知らなかったのだが。
・・・全く知らなかったのだが、つい最近、めちゃくちゃ良い曲を発見した。

『旅立ちの日に』。

今年の3月31日、「あ~、今期もこれで終わりや」と思いながら、先輩と軽く打ち上げをした後、報告書を書くためにパソコンを立ち上げ、そしてそこで、何気なくTVを付けた。

すると、SMAPがなんか歌を歌ってた。(たしか、番組は『SMAP×SMAP』だったと思う。)

「おっ、伴奏ピアノやん」と少し聴いていると、メロディーも良く、歌詞も良い!!
ていうかすごく良い!!

なんていう曲だ!?

・・・分からない。

誰の曲だ!?

もちろん分からない。

忘れるのがもったいない程良い曲だったので、歌詞の一部分を手帳にメモっておいた。
「勇気を翼にこ~めて~・・・この広い大空に~」
これだけのメモ。

そして、つい最近、つい2,3週間前だ。
たまたまYou-Tubeで再生してみた曲が、この曲だった。

見っけた~!!!!!
この曲だ~!!!!!

ほほう、『旅立ちの日に』というのか。
なるほど、良いなと思った歌詞はこんな歌詞だったのか。
こんなメロディーだったのか。

なんか感動する。
鳥肌が立つ。

この曲の素晴らしい合唱を聴くと、もう本当にやばくなりそうだ。
感動感動チョー感動。

自分自身は、卒業とは縁がなくなってしまったが・・・それでもやっぱり思い出す。
音楽の力は素晴らしいな。

そして、すぐさまWikipediaを見てみる。

なるほどこんな背景で作られ、広まり、今こうして歌われているのか。
・・・納得。

そして早速ピアノに向かい、耳コピで自己流の演奏。
いや、音が違うな、こうか!?
こうか!?
ん~、なんか違う。
・・・お~、この音だ!!

なんてことをしながら。

そして、ついつい最近、ひょんなところから楽譜をゲッチュ!!
人脈の大切さをあらためて実感。
これで完璧だ!!

以上のような事情で、最近この曲を弾いている。

私もまだまだ若い(?)し、限りなく青いこの空に、もう一度飛び立ってみようかな・・・


【作詞】小嶋  登
【作曲】坂本 浩美

白い光の中に 山なみは萌えて
遥かな空の果てまでも 君は飛び立つ
限りなく青い空に 心ふるわせ
自由を駆ける鳥よ ふり返ることもせず
勇気を翼にこめて希望の風にのり
この広い大空に夢をたくして

懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もないいさかいに 泣いたあのとき
心かよったうれしさに 抱き合った日よ
みんなすぎたけれど 思い出強く抱いて
勇気を翼にこめて希望の風にのり
この広い大空に夢をたくして

*今別れの時
 飛び立とう未来信じて
 弾む若い力信じて
 この広い この広い大空に

*(くり返し)  


今、秋川雅史ら、多くの歌手もカバーし、歌っている。



 『旅立ちの日に』UPしました




←クリックお願いします

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

EDIT  |  12:41 |  ピアノ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2008.07.01 (Tue)

オーバーエイジについて一言(大久保召集断念)

昨日、北京五輪代表候補が発表された。
注目のオーバーエイジ(OA)枠については、大久保召集は神戸の安達社長に断られ、結局G大阪の遠藤のみとなった。

ここで、神戸の大久保召集問題について思うことを書いてみる。

今回の一件は、全て、日本サッカー協会と反町監督に非があると言ってよい。

そもそも私は、OA枠を早く決めろと以前から書いてきた。

 (→オーバーエイジの早期決定を求む

その理由として、上のリンク先の記事にも書いてあるが、五輪開催期間中もJリーグが普通に催されるからだ。
ということは、当然クラブチームの了解が必要となる。
つまり、オーバーエイジで選ぶつもりがあるならば、早い段階から(今回で言えば、予選を突破した段階から)、数人に絞込み、クラブと交渉をしなければならない。

という状況があるにも関わらず、協会、反町監督は何もやっていなかったようだ。

選ぶかもしれませんよ、という20人以上のリストを出したのみ。
3人しか選ばないのに、20人以上もリストを挙げては、それではクラブ側も本気で考えない。

5、6人に絞り込み、クラブ幹部と交渉しなければならなかったのだ。

しかも、今回反町監督が、安達社長に直接交渉に入ったのは6月26日が初めてだったというではないか。

「今頃何しに来たんや~」というのも当然だ。

しかも大久保はケガを抱えている。
膝の状態が思わしくない。

五輪に行って、ケガを悪化させて帰ってこられては困る。
大久保はうちのチームのエースだ。
ただでさえフル代表との掛け持ちで、チームでの練習時間が限られているのに、それをいきなり来て「くれ」だと!?
ふざけるな!!
大久保の膝の状況も確認していなかったのに、よくそんなことが言えるな!!
おまけに今はチーム状態も良くないのだ、J2に落ちてしまったらどうしてくれる!!
そんな状況で出せるわけないだろう!!
給料を払っているのはうちなんだぞ!!

恐らく社長の頭の中はこんな感じだろう。

無理もない。

日本サッカー協会と反町監督が、早くから候補を絞り込み、交渉し、ケガの状況も随時確認し、誠意を持って付き合っていれば、こんなことにはならなかったはずだ。

反町監督の優柔不断さと、日本サッカー協会のおごり(呼べば協力するだろう、協力して当たり前だという考え方)が招いた結果だ。

そして、さらに、協会の準備不足が露呈する。

大久保を召集できると思い込んでいた彼らは、その代わりを全く考えていなかった。
すでに断りを入れてしまっていたらしい。

結局オーバーエイジは一人。
一人!?
それで、勝てるとでも思っているのか!?

大久保と同じようなタイプでも呼べるだろうし、Jリーグのクラブの中からでも、良い選手はいっぱいいる。
何故、そこを交渉しなかったのだ!?

協会の連中が全く仕事をやっていなかったとしか言いようがない。

さらに言うと・・・
何故、一人は遠藤なのだ??

遠藤のどんなところが良くて、遠藤に何を求めて、OA枠に選んだのだ!?

そもそも、いったい北京本番でどんなサッカーをするつもりなのか!?

その辺のコメントを反町監督に求めたい。

そういえば、今思い出したのだが、OA枠の最後の一枠はGKの保険に取っておきたい、そんなことを言っていたようだ。

どこまで優柔不断、かつ身勝手なのだ。

西川周作がケガをしました、だからすぐに来てください。
分かりました、行きます。
ってなるわけがなかろう。

Jリーグは開催されているということを分かって言っているのか。
控えに選ばれているGKはどう思う!?

日本協会と反町監督は、もう一度頭を下げて、各クラブを廻るべきだ。
フィニッシュのできる攻撃的選手を2人追加しなければ、北京の惨敗は目に見えている。

まあでも、現実的にはそんなことはしないだろうし、このままゴリ押しでいくのだろうけれど。

アテネの二の舞にならなければ良いが・・・。



←クリックお願いします

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:58 |  五輪代表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。