FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←クリックお願いします
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2011.01.11 (Tue)

滝川第二、初優勝!!

第89回全国高校サッカー選手権大会。

滝川第二(兵庫)vs久御山(京都)

初の関西対決。


5-3で、滝ニが勝ち、初優勝を果たした。

おめでとうございます!!



いやー、凄かった、今年の滝ニ。

初戦観た時は、これは結構いくかなと思ったけど、なんと優勝してしまったで。

初戦:駒場に6-1(浜口、樋口、樋口、浜口、樋口、香川)

二回戦:鹿島学園に4-1(白岩、浜口、樋口、浜口)

三回戦:青森山田に2-0(樋口、OG)

準々決勝:日章学園に3-0(本城、樋口、浜口)

準決勝:立正大湘南に0-0のPK勝ち

決勝:久御山に5-3(浜口、樋口、本城、浜口、樋口)


10番、11番、樋口、浜口のダブルブルドーザー、これ、まじ凄い。

まさにゴリゴリ系2トップだった。

チーム内で得点王争いし、樋口が8点、浜口が7点。

そして、右ウイングのように振る舞う9番本城も、効いていた。


高校サッカー史に残る、強力2トップと言えるだろう。



ところで、滝ニと言えば、我らが世代は林だった。

林丈統。

あの東福岡相手に一人対抗していた、林。

やっぱ高校サッカーで、滝ニと言えば、岡崎よりも、金崎夢生よりも、林やな~。

ほんま、優勝できて良かった。


ヴィッセル神戸、将来はこのダブルブルドーザーで2トップ組んだら良いのに。



あと、久御山も良いサッカーしていた。

バルサ風、今風やね。

今後もとことん追求してほしいと思う。

それにしても、あの笑顔、楽しそうやったな。



やっぱ高校サッカーって素晴らしいわ。




←クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : 第89回全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:19 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.01.08 (Sat)

FIFA理事のポストを失った日本

日本サッカー協会の田嶋幸三副会長が、アジア・サッカー連盟(AFC)選出のFIFA理事選に落選した。

詳細はよくわからないが、2つの枠に4人が立候補し、タイとスリランカの人が当選し、日本と中国が落選したそうだ。

これまで日本は、小倉純二現日本サッカー協会会長が、2002年から8年間(2期)、FIFA理事を務めてきた(72歳となり退職)。

その後任とし、田嶋幸三副会長が立候補していたのだが・・・。


さて、これで今後どうなるか。


まず、FIFAの決定に、日本の意思を込めることが不可能になった。

クラブW杯、今後日本でできるやろか・・・。


そして、FIFAの情報が入手できなくなった。

FIFAが、ブラッターさんが、今、何を考えて、何をしようとしているのか、間近で感じる人物がいなくなったのだ。


これ、大丈夫かな・・・。


この出来事、どうも一大事のような気が、凄くする。





←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  14:33 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2011.01.05 (Wed)

正月は高校サッカー

正月は、元旦の天皇杯決勝と、高校サッカー。

これ、毎年恒例の定番でございます。


さて、今年の選手権。

一言言わせていただきます。


『おいっ、日テレ!!選手権のHP、動画が全然更新されてへんやんけ~!!』

昨年は、試合の翌日には全試合、ハイライト動画があったのに、今年は、今、書いてる段階で一つもない。

もうベスト4が出揃ってしまったのに、まだない。

誰や、さぼってんのは。



というわけで、あまり今年は語れずにいました。

宮市亮。

たしかに凄いけど、アーセナルはどうかな~。

ちょっと飛びすぎちゃう??

青森山田、柴崎。

たしかにキックはうまい。

でも、それ以外のプレー、そんなに言うほどか!?

体ができてないし、ちょっと過大評価されてる気がする。




で、準決勝は次のようになりました。


流通経済大柏vs久御山

滝川第二vs立正大湘南


流通経済大柏は、3年前の再現なるか。

第2の大前元紀は現れるか。

久御山。良いサッカーしている。

滝川第二。ゴリゴリFWが良い。

立正大湘南。よく知らない。


準決勝は、8日土曜日。

今年は、久御山か滝川第二、が良いな。


←クリックお願いします

テーマ : 第89回全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:51 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.11.30 (Tue)

第89回全国高校サッカー選手権組合せ

第89回全国高校サッカー選手権大会。

そんな季節がやってきた。


その組合せが先日決まり、そして、代表校が出揃った。

公式サイトはこちらです。


前回優勝の山梨学院大学付属は、国見と。

前回準優勝の青森山田は、前々回優勝の広島皆実と。

他、有力校も顔を揃えている。


大津
前橋育英
神村学園
室蘭大谷
四日市中央工
流通経済大学柏
明徳義塾
初芝橋本
関西第一
作陽
野洲
静岡学園
宇和島東
滝川第二
鹿島学園

などなど・・・。


今年は、記憶に残る大会になるだろうか。

楽しみだ。





←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:27 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.02.13 (Sat)

スーパーサッカーが消える日

2,3日前、TBSの『S☆1スパサカ』が、春の番組改編で、なくなるという記事が出ていたらしい。


なるほどね。

『スーパーサッカー』から『S☆1スパサカ』になった時点で、いつかこうなると思っていたが。


(過去記事追いやられたスーパーサッカー )



中学生の頃(Jリーグ開幕した頃)から、土曜日の夜はスーパーサッカーだった。

当時、地上波で、30分間、サッカーだけを扱う番組は少なかった。

(日曜日朝の「ダイヤモンドサッカー」や、うじきつよしと鈴木杏樹がやっていた「JリーグAGOGO」は、あっという間に消えていった。)


審判ライセンス取得した三井ゆり、

当初カミカミだったが、人気高かった白石美穂、

番組が一気に暗くなってしまったが挙句、もやもや病で降板した徳永英明、

そして、あんまり好きではなかったが、無難であった水沼貴史。

あとは、スピードキングとか、バナナとか!?


この辺が、パッと思い浮かぶ。



そして、やはり、『S☆1スパサカ』となって、急激に見る人が減っていったそうだ。

あんな番組やっていたら、当たり前だ。

TBSは何を考えているのか・・・。

そして、これからいったい、どうするのだろうか。



Jリーグを扱うサッカー番組を、金曜日深夜に放送予定・・・だそうだが、

金曜日の深夜に、Jリーグやったって、意味なかろうに。

放送時間は何時から何分間??

23時から60分とかなら良いけど、ありえないやろうな~。



理想を言うなら、

日曜日の、やべっちFCより早い時間帯に、

サッカー討論番組を60分程、やってほしいですな。


映像見て討論するだけやから、金、かからんと思うし。

←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:03 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2010.01.11 (Mon)

山梨学院大付が優勝!!

第88回全国高校サッカー選手権の決勝が行われ、1-0で山梨学院大付が青森山田に勝ち、優勝した。

後半しか見ていないのだが、山梨学院大付、なかなか良いサッカーをしていた。

パスがうまいのだ。

流れを途切れさせないパス交換。

カウンターが綺麗。

7番のキャプテン碓井の総合力、

8番の右サイド平塚の突破力、

10番と19番のスピード、

途中から出てきた11番のキープ力。

結構面白かった。

野洲を破ったのもなんとなく納得。




高校サッカーって、やはり色々鍛えられる場やな~って、あらためて感じた。

肉体的にも、精神的にも。

現在の私の原点にもなっているのは、やはり高校時代のサッカー部での活動だ。

今年出てきた関大一とも試合をしたことがある。

もちろん、負けたが。


社会でも、この体力と精神力を、多いに活かして欲しいね。


・・・と、なんとなくおっさん目線になってきた今日この頃。




で、話は戻って、

大会の優秀選手は以下の通り。

GK 櫛引政敏(青森山田)菅野一輝(尚志)
   村井泰希(四日市中央工)原田直樹(広島観音)

DF 関篤志、中田寛人、藤巻謙(以上山梨学院)、
   横浜充俊、中島龍基(以上青森山田)須藤貴郁(矢板中央)
   山本真也(藤枝明誠)小谷祐喜(関大一)岡崎克也(境)
   宇都宮憲司(広島観音)

MF 椎名伸志、三田尚希、柴崎岳(以上青森山田)
   碓井鉄平、平塚拓真(以上山梨学院)渡辺裕紀、益子直樹(以上矢板中央)
   大楠恭平、福野あさと(以上神村学園)小島秀仁(前橋育英)
   長沢和輝(八千代)辻俊行(藤枝明誠)久保開立(関大一)
   柳直人(作陽)柳田優介(広島観音)

FW 伊東拓弥(山梨学院)宮市亮(中京大中京)久保綾祐(関大一)
   大西晃広(香川西)赤崎秀平(佐賀東)山本大貴(ルーテル学院)
   黄順旻(神村学園)


2月27日、Jリーグ・富士ゼロックススーパーカップ(国立競技場)の前座で18歳以下のJリーグ選抜と親善試合を行った後、

国内合宿などでメンバーを18人に絞り、3月27日からスイス遠征に向かうそうだ。



あ~あ、高校生に戻りたいな~。

無限の可能性が広がっている高校生に。


私は今からどこへ行くのだろうか・・・。


←クリックお願いします

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:17 |  国内ネタその他  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

2010.01.04 (Mon)

2010年初記事~天皇杯と高校サッカー

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。


元旦の天皇杯決勝は、ガンバ大阪が4-1で勝ち、連覇を達成しました。

遠藤の2点目は見事でした。

左足でズドンって、遠藤じゃないみたいでした。

あと、やっぱり明神は効いてましたな。

勝負を決定付ける3点目に繋いだのは、あの明神の馬力。

あの時間帯でよくあそこまで走れるわ。


で、喜んでいるのが、サンフレッチェ広島の選手やファンの方々でしょう。

Jリーグ4位、繰上げ当選、ACL出場決定!!

おめでとうございます。

あのパスサッカーで、アジアでブイブイ言わせたってください。



そして、正月と言えば、やっぱり高校サッカー選手権。

現在ベスト8が出揃い、明日、準々決勝。

仕事で見れないのが残念でならない。


今回は、優勝候補の前橋育英が初戦敗退。

常連の、野洲、東福岡、帝京も初戦敗退。

国見も八千代も既に負けた。


そんな中、私が注目しているのは、熊本のルーテル学院と鹿児島の神村学園だ。


ルーテルのFW山本の凄さは、開幕戦を見た後に既に書いたが、

さらにその後、2回戦でも2得点。

3回戦でもPKだが、バティストゥータのような勢いのある助走で決め、既に今大会5得点。

脅威の一人カウンター。

何故、プロから声がかからないのか、不思議だ。

素晴らしいのは、ゴールに向かうトラップと、スピードと、シュートの威力と正確性。

更に上背もあるので、富山第一戦で決めたように、ヘディングも凄い。

ロアッソ熊本に入団決まらないかな・・・。



そして、神村学園。

初戦、中京大中京に、10-2。

サッカーのスコアで、しかも全国大会で、こんなことが有りえるなんて・・・。

しかも更に凄いのが、得点者が9人ってこと。

10点も得点が入ると、たいていの場合、FWがハットトリックしたり、一人で5点とか、ありそうやけれども、

なんと、9人で10点取っているのだ。

どこからでも、出場選手ほぼみんな、点を決めてしまったのだ。

内容を見ていると、それも納得できる。

後ろの選手がどんどん飛び出すサッカーをしている。

インターセプトした選手はパスアンドゴーで、そのままゴール前に迫り、シュートまでもっていってしまう、

というプレーが多いのだ。

これ、今の日本代表にいちばん足りない動きだ。

荒い部分はかなりあるが、見ていてなかなか面白い。



更に、毎年すぐに負けてしまう大阪の代表校(私、大阪出身なもんで)も、今回はまだ残っている。

頑張れ、関大一校!!



と、言うわけで、

個人的には、この3校に勝ち残って欲しいのだが・・・。



ルーテル学院の相手は、野洲を破った山梨学院大付属。

神村学園の相手は、柴崎のいる青森山田。

関大一の相手は、初出場だが静岡代表であり、清水商を破った藤枝明誠。

3校すべてが残る可能性もあれば、全滅の可能性も有り・・・。

もう1つのカードは、広島皆実を破った広島観音と、栃木代表、矢板中央。


あーあ、明日仕事サボりたいな~・・・。


←クリックお願いします

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:31 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.12.30 (Wed)

開幕戦は熊本のルーテルが勝利!!

第88回全国高校選手権大会が、今日開幕した。

開会式に先立って行われた開幕戦は、熊本代表のルーテル学院と常連の帝京高校。


ルーテルのFW、山本大貴がまた魅せた。

前半先制したルーテルだが、後半は劣勢に。

そんな中、GKの判断ミスで同点に。

試合展開からすると、そこから盛り返すにはかなり難しい状態だったが、

山本がワンチャンスを生かす。

サイドのスペースに流れてロングフィードを受けると、

中途半端に飛び出していたGKの頭上を越す、ル~~プシュ~~ト。

入れ~!!と心の中で叫んだボールは、転々と転がって、見事に枠の中に。

勝ち越し。


更に、これだけでは終わらなかった。

帝京GKが飛び出してクリアしたボールが、山本の足元に来ると、それを左足ダイレクトでドカーンと山なりのシュート。

これまた、見事に、GKの頭上を越し、枠の中へ。


なんと!!??

これで勝負あり。


県大会の予選の決勝の2点目といい、この試合の2ゴールといい、こやつ、かなり、凄い。

あの状態で、枠の中に入れることは、かなり難しいのに。



ルーテルは、山本を最大限生かす戦術を採っている。

守備は誰もがサボらず、ねちっこく。

攻撃時には山本に当てる。

中盤前目の選手は、山本にボールが収まると、リターンを信じて一気に走りこむ。


強豪相手に勝つための、サッカーだ。


インハイベスト4の大津、常連の帝京を破り、さあ、どこまで勝ち上がる!?





以上、ルーテル学院の学校前をちょくちょく通る、熊本人の感想でした。

←クリックお願いします

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  17:00 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.12.26 (Sat)

第88回全国高校サッカー選手権の動画を見たいなら

第88回全国高校サッカー選手権が、12月30日、開幕する。

高校サッカーをやっていた誰もが夢見る、そして、夢見ていた舞台。


毎年、年末年始、かなり忙しい時期になるので、

なかなかゆっくり観る暇がないのではないだろうか。


そんな時にお勧めのサイトがこれ。


http://www.ntv.co.jp/soc/index.html


なんと全試合、動画が観れるのだ。

しかも得点シーンだけでなく3分くらいのハイライト。

去年発見して、かなり利用させてもらった。


今年も既にサイトができあがっており、

各県の地区大会の決勝の動画が観れるようになっている。

で、これまたついつい観てしまう。


ま、ええか。

こればっかりは、しょうがない。


いつか、この高校サッカーが、高校野球のようにメジャーになることを、私は願っている。




振り向くな君は美しい


←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:45 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.11.25 (Wed)

第88回高校サッカー選手権組合せ決定

第88回全国高校サッカー選手権大会の組合せが決まった。

現時点で、まだ代表校が決まっていないところもあるが、組合せが決まると、今年もまたこの季節がやってきたなと感じる。


昨年の大迫勇也のようなスターは現れるだろうか。

昨年の前橋育英のような、面白いチームは現れるだろうか。

楽しみだ。



※は、シードにより2回戦から登場

<Aゾーン>
広島観音(広島)vs.山形中央(山形) ※
東北(宮城)vs.一条(奈良)
尚志(福島)vs.松山北(愛媛)
西武台(埼玉)vs.立正大淞南(島根)
松商学園(長野)vs.作陽(岡山)
矢板中央(栃木)vs.近大和歌山(和歌山) ※

<Bゾーン>
武相(神奈川)vs.日章学園(宮崎) ※
富山第一(富山)vs.山口(山口)
帝京(東京B)vs.ルーテル学院(熊本) =開幕戦
山梨学院(山梨)vs.野洲(滋賀)
秋田商(秋田)vs.立命館宇治(京都)
香川西(香川)vs.前橋育英(群馬) ※

<Cゾーン>
鹿島(茨城)vs.関西大学第一(大阪) ※
旭川実(北海道)vs.南風原(沖縄)
八千代(千葉)vs.中津工業・中津東(大分)
北越(新潟)vs.国見(長崎)
藤枝明誠(静岡)vs.徳島商(徳島)
岐阜工(岐阜)vs.東福岡(福岡) ※

<Dゾーン>
青森山田(青森)vs.神戸科学技術(兵庫) ※
星稜(石川)vs.佐賀東(佐賀)
丸岡(福井)vs.高知(高知)
盛岡市立(岩手)vs.四日市中央工(三重)
東久留米総合(東京A)vs.境(鳥取)
中京大中京(愛知)vs.神村学園(鹿児島) ※



よく見たら、まだ決まってないとこ、結構あったな。

静岡はどこが来るのだろうか。






振り向くな、君は美しい。


←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  08:12 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2009.10.22 (Thu)

ACL、名古屋ピ~ンチ

ACL、準決勝、名古屋が窮地に立たされた。

サウジアラビアのアルイティハド相手に、アウェイで2-6。

この試合、明らかに中東の笛が吹いた。

開始7分で、名古屋の竹内が退場。

更に後半のPKは、足にかかっていない。

少なくとも、この2点は、試合の行方を左右した。

集中を切らした名古屋は、後半ロスタイムに2失点。

2-3で終わっておけば、アウェイゴール方式もあり、第2戦は1-0でも勝ち抜けていたのに。

あー、もったいないね。

第2戦、4-0で勝つ必要あり。

玉田、ケネディ、サントス、ストイコビッチ、彼等はやれるのだろうか。



ところで、この試合で名古屋が奪った2点について。

1点目は、ケネディ。

やはり高さがある。

あの高さ、強烈なヘディング、ある意味反則や。

そして2点目の中村直志。

体の入れ方がうまかった。

体を入れてキープし、すぐさま反転シュート。

あれは好プレーだった。


日本を代表して闘っているので、なんとか名古屋には頑張って欲しい。

Jリーグはもういいから、ACLで魅せてくれ!!



ちなみに、中東の笛という言葉、もともとハンドボールで使われた言葉だが、最近はサッカーでも使われるようになってきた。

中東の笛、恐るべし。

←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:13 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.07.29 (Wed)

ナビスコカップ、4強出揃う

ナビスコカップ、準々決勝第2戦が行われ、ベスト4が決まった。

このナビスコカップ、毎年、決勝しか盛り上がらない大会。

そして、しょっちゅう大会形式が変わる。

全然たいした大会ではないのだが、それでもやはり、終盤になってくると盛り上がってくる。


今回ベスト4に進出したのは、

清水エスパルス

FC東京

横浜FM

川崎F


リーグ首位独走の鹿島は清水に、今季不振のガンバ大阪は横浜FMに、ACLで残っている名古屋はFC東京に敗れた。


準決勝のカードは、

FC東京vs清水

川崎Fvs横浜FM


この顔ぶれと、今の勢いを見ると、FC東京が優勝候補になるだろう。

川崎Fは、リーグとACLとナビスコと・・・過密日程にやられそうだ。


私の注目選手は、(代表選手以外で)

FC東京、石川、平山、

清水、枝村

川崎F、谷口

横浜FM、山瀬、渡邊



鹿島、G大阪、浦和が負けて、さて、今年のナビスコカップ、どこが優勝するだろうか。

そんなに気にしていないけれども、まあ少しは見とこうかな。

←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:48 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01.12 (Mon)

広島皆実優勝

第87回全国高校選手権大会、決勝は3-2で広島皆実が鹿児島城西に勝ち、初優勝を果たした。

私は、空港のTVで後半のラスト15分のみの観戦。

既に3-2となっており、広島皆実はラスト10分、時間稼ぎのボールキープに走ったが、それでも随所に広島皆実の効率のいいパスサッカーを見ることができた。

おっ、なかなかやるやん皆実。

こんなチームやったんや。

おめでとう広島皆実!!

ユニホームがやっぱり好きになれないけど・・・。


一方、守備の粗さがやはり命取りとなった城西。

これまでの試合もそうだったが、点取られすぎや。

せっかく大迫勇也がおり、優勝のチャンスやったのに。

大迫はこの試合もゴールを決め、今大会10得点。

新記録を打ち立てた。

素晴らしい。


これで高校サッカーも今日で終わり。

この大会で印象に残った選手が、今後、Jの舞台に上がってくれば、また面白い。

とりあえず、しばらくは大迫勇也に注目かな。



←クリックお願いします

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:48 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01.06 (Tue)

高校サッカーベスト4出揃う

昨日、第87回全国高校サッカー選手権、準々決勝が行われ、ベスト4が出揃った。

ハイライト動画

このサイトのおがげさまで、今年は結構楽しませてもらっている。
(ここ数年はあまり生放送で楽しめていなかったので・・・)

ベスト4に残ったのは、以下の4校。

●鹿児島城西
優勝候補筆頭だ。
エースの大迫勇也は高校レベルをはるかに超えている。
現在4試合連続2得点の8得点。
大会記録は平山の9得点・・・抜けそうだ。
鹿島アントラーズ内定。
ちなみに右サイドをやっている現在2得点のもう一人の大迫、大迫希はロアッソ熊本に内定している。
大迫コンビ炸裂!!

●前橋育英
ボランチの7番と14番がうまい。
しかもお互い2得点。
最近私の好きなタイプ『得点力のあるボランチ』に当てはまっている。
ベスト4に残った学校の攻撃力を考えると、鹿児島城西に勝つなら、このチームか。
準決勝で対決だ。

●広島皆実
ここ最近上位の常連になってきている。
が、個人的意見で申し訳ないのだが、いかんせんユニホームが好きになれない。
緑と黒の縦じまに緑のパンツ。
・・・。

●鹿島学園
しぶとく勝ち上がってきた。
野洲に勝ったのは凄い。
セットプレーの出来が勝敗を分ける。(当たり前か。)


準決勝は10日(土)。
中4日空く。
こんなこと今まであったっけ??とも思うが、選手も休養できて良いだろう。
土曜日なので注目されやすいし。

組み合わせは
鹿児島城西vs前橋育英
広島皆実vs鹿島学園

順当なら、決勝は鹿児島城西と広島皆実かな。




←クリックお願いします

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:34 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2009.01.04 (Sun)

第87回全国高校サッカー選手権動画サイト発見!!

第87回全国高校サッカー選手権、ベスト8が出揃った。

そこで、どこかに動画が転がってないかなと見ていたら、こんなサイトが簡単に見つかった。

http://www.ntv.co.jp/soc/areainfo/movie/main.html

全試合、3分ほどのハイライトになっている。

もちろんゴールシーン以外も。

全部見てたらきりがないが、気付いたら結構見てた、というパターンにおちいっている。

まあしょうがないか。


鹿児島城西は、大迫勇也が期待通り、点を取りまくっている。

プレーを見ていると超高校級だ。

廻りの選手とあんなレベルの差を感じるのは平山(国見)以来か。

大迫勇也以外にもタレントが揃っており、青森山田に4-3、大阪桐蔭に5-2、そして7-1だ。

青森山田のパスワークはなかなか良かったし、大阪桐蔭も一回戦を5-0で勝っているのに。

断トツの優勝候補だ。


他に、国学院久我山が7-1、7-1で勝ち上がっている。

攻撃力は凄いが、緊張感のある試合を体験していない分、脆さが出てくる可能性が高い。

次の試合はどうなるか。


注目していた野洲が負けたのは残念だが、あのセットプレーのキッカーのインステップキックはかなり凄かった。

前回準優勝であり、かつ毎年優勝候補の静岡勢、藤枝東は熊本の大津に負けた。

同じく毎回優勝候補の千葉勢(昨年は流通経済大学柏が優勝)、市立船橋も負けた。


さあ、今年はどこが優勝するだろうか!?


←クリックお願いします

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:58 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2009.01.01 (Thu)

クラブW杯への執念、G大阪天皇杯優勝!!

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。


毎年恒例、元旦の天皇杯決勝戦、ガンバ大阪vs柏レイソルの試合が国立競技場で行われた。

結果は延長の末、1-0でG大阪の勝利。

Jリーグが始まってからは初の天皇杯優勝となった。

この優勝は、まさにクラブW杯に出場したいという気持ちの強さからくる優勝であったと思う。

試合内容を見たり、選手のインタビューを聞いていると、私はそう感じずにはいられないのだ。

クラブW杯でマンチェスターUと対戦した。

3-5と負けたが、とてもとても面白かった。

もう一度、このクラブW杯に出たい!!

しかしリーグ戦では上位3位に入れなかった。

じゃあどうすればいい!?

どうすれば来年もクラブW杯に出場できる!?

その答えが天皇杯優勝だった。

その時、すでに天皇杯はベスト8にまで残っていたものの、優勝するには超過密日程が待ち構えていた。

しかし、選手は頑張った。

監督も、スタッフもみんな頑張った。

他のチームが早々と負けてオフに入る中で。

それほどクラブW杯の経験は素晴らしいものだったのだろう。

18日のマンU戦、21日の3位決定戦、25日の名古屋戦、29日の横浜FM戦、そして1月1日の柏戦。

マンU戦後、全て無失点勝利だ。

二川、佐々木がケガで欠場、遠藤も負傷しセットプレーのキッカーをやらなくなった。

それでも勝った。

準決勝、決勝は延長戦だった。

それでも勝った。

内容は褒められたものではないが、それでもここまで結果重視できて、実際に結果を残せたことは凄い事だと私は思う。


と同時に・・・

はっきり言って、ガンバの選手は疲れ切っていた。

特に準決勝はズタボロだった。

あの内容でどうやって点取るねんっていうくらいやられていた。

そんなG大阪に、名古屋も、横浜FMも、柏も、勝てなかった。

恥ずかしいことに。

リーグ戦で上位に入り、アジアCL出場権を既に獲得していた鹿島も、浦和も、川崎Fも、早々に天皇杯から姿を消した。

何が言いたいか。

Jリーグは各クラブのレベルが低すぎるどんぐりの背比べ状態であるということだ。

必要なのはモチベーション。

そして、そのモチベーションだけですぐにひっくり返ってしまう実力。

その程度の実力差なのだ。

そのレベルが高ければ面白くて大歓迎なのだが・・・。


今年のJリーグ、レベルの高い試合が続発することを期待したい。



←クリックお願いします

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:20 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.11.17 (Mon)

全国高校サッカー選手権組み合わせ決定

第87回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせが決まった。

『振り向くな、君は美しい』のテーマで心密かに熱くなる季節がやってきた。

今年はどこが優勝するのだろうか。
ものすごい選手、チームは出てくるのだろうか。

楽しみである。

昨年は流通経済大柏がぶっちぎりで優勝、エースの大前元紀は得点王となり、清水エスパルスに入団した。
今年は県大会で敗れたのだろうか、千葉県は市立船橋が出場する。

今年の市立船橋は夏の高校総体、いわゆるインターハイで優勝している。
今回の優勝候補だそうだ。

また、3年前の野洲のセクシーフットボールはかなり衝撃を受けた。
大変面白いサッカーをしていた。

その時のエース、青木孝太はジェフ千葉で奮闘中。
当時2年でサイドのMFをやっていた乾貴士は、今季途中セレッソ大阪に移籍し開花している。
香川とのコンビは現在のセレッソ大阪の攻撃にはなくてはならないものになっている。

野洲高校、今年も出てきたので要注目だ。

サッカー王国静岡からは、今年も2年連続で藤枝東が登場。
昨年は準優勝であったが、今年はどうなるか。

また、私の出身地である大阪からは大阪桐蔭が初出場。
創部4年目だそうだ。
(どおりで・・・私の時は対戦した記憶が無かったわけだ。)

野球に続き、全国制覇なるか・・・。
まあ大阪はサッカーのレベルが低いからそれはないやろな。

ちなみに、私は、第77回大会、東福岡が2連覇を果たした時の世代である。
金古(鹿島アントラーズ)、千代反田(アルビレックス新潟)、宮原(今どこ?鳥栖?愛媛?)、らの世代。

決勝での宮原の、『ワンタッチで振り向いてループ』シュートは本当に凄かった。

黄金世代の1個下であり、野球で言うと『松坂世代』に当たる。

東福岡の3人の他には、中村憲剛、玉田、大黒、巻、、二川(G大阪)、市川(清水)、西(磐田)、林(京都)、斉藤大介(京都からどっかいった)、高橋泰(ロアッソ熊本)とかかな。

ユース出身者もいるが、高校選手権実績に関しては、滝川第二の林丈統がずば抜けている。
優勝した東福岡(連覇の年は攻撃より守備が凄かった)を相手に、一人で2点叩き出し、得点王になったと記憶している。
特にFKからのシュートは強烈だった。

準優勝の帝京には、現在ロアッソ熊本にいる高橋泰がいた。
今季のJ2得点ランクでは佐藤寿人に次ぐ2位だ。
なかなか頑張っている。


・・・というわけで、話が逸れてしまったが、組み合わせは下記の通りである。

◆1回戦-開幕戦(12月30日)

鹿島学園(茨城)-一条(奈良)

◆1回戦(同31日)

前橋育英(群馬)-京都橘(京都)
武蔵工大二(長野)-高知(高知)
秋田商(秋田)-那覇西(沖縄)
東海学園(愛知)-佐賀東(佐賀)
丸岡(福井)-長崎日大(長崎)
北海(北海道)-近大和歌山(和歌山)
青森山田(青森)-鹿児島城西(鹿児島)
不来方(岩手)-大阪桐蔭(大阪)
富岡(福島)-日章学園(宮崎)
富山一(富山)-筑陽学園(福岡)
帝京(東京A)-広島皆実(広島)
韮崎(山梨)-徳島商(徳島)
岐阜工(岐阜)-野洲(滋賀)
北越(新潟)-大津(熊本)
神奈川代表(未決定)-立正大淞南(島根)

◆2回戦(1月2日)

市船橋(千葉)-香川西(香川)
国学院久我山(東京B)-松山北(香川)
市浦和(埼玉)-滝川二(兵庫)
宇都宮白楊(栃木)-西京(山口)
四日市中央工(三重)-山形中央(山形)
星稜(石川)-作陽(岡山)
東北(宮城)-情報科学(大分)
境(鳥取)-藤枝東(静岡)

決勝は来年1月12日だ。


←クリックお願いします

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  17:32 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

2008.11.12 (Wed)

ガンバ大阪がアジアNo.1、クラブW杯出場へ

ガンバ大阪がACL決勝アウェイでアデレードUに2-0で勝利。

合計5-0でアジアNo.1となり、12月のクラブW杯出場権を得た。

昨年の浦和レッズに続き、2年連続で日本のクラブの優勝。

喜ばしいことである。

この大会は常に日本のクラブが勝ち取って欲しいタイトルだ。


ガンバ大阪はクラブW杯では12月14日(日)19:30より、アデレードvsワイタケレ(12月11日)の勝者と対戦。

ここに勝てば、12月18日(木)、19:30より、イングランドの赤い悪魔マンチェスターUと戦うことができる。

親善試合などではなく、公式の世界大会の場での、Jのクラブvs世界のビッグクラブ。

とても楽しみになってきた。

エンド~、ケガするなよ~!!

←クリックお願いします

テーマ : ガンバ大阪 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:16 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.11.06 (Thu)

ACL決勝、ガンバがホームで 快勝

ACL決勝、ガンバ大阪vsアデレード・ユナイテッド。

第1戦は、ガンバのホーム万博競技場で行なわれ、ガンバが3-0で快勝した。

1点目はルーカス。

2点目は遠藤。

3点目は安田。

特に遠藤の2点目は見事なシュートだった。

味方のパスカットを機に左サイドを猛烈に走りだし、ルーカスからの落としをワントラップしてドン!!

いつもの右足ではなく左足にも関わらず見事なコントロールショット。

相手GK一歩も動けずであった。

これで、来週12日の第2戦がかなり楽になった。

勝てば、これに勝てば、12月のクラブワールドカップ出場決定だ。

そしてその初戦に勝てば、マンチェスターUと対戦できる。

その実現に向けて、頑張れガンバ!!(・・・古いか。)

←クリックお願いします

テーマ : ガンバ大阪 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:57 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.11.01 (Sat)

ナビスコカップ優勝は大分

ナビスコカップ決勝が行なわれた。

ここ数年は、決勝しか盛り上がらない大会。

理由としては、
①平日に行なわれることが多い。
②日本代表が招集されていて、Jリーグのない日に開催されていること。(すなわち、代表不在の試合になることが多い)
が挙げられるが、今年もまた、決勝はそこそこ盛り上がっている(!?)ようだ。

カードは大分トリニータvs清水エスパルス。

結果、2-0で大分の勝利。
(得点者:高松、ウェズレイ)

大分トリニータの初優勝である。

TV放送があったので、のんびり見ていると、このチームは、金崎夢生とエジミウソン、ホベルトの3人で成り立っていると言える。

最も動き回り、ボールに触り、効果的なプレーをしているのはこの3人だ。

ここにFWウェズレイの決定力が加わるような感じ。(ウェズレイはもう動かないFWになってしまったが・・・36歳、しょうがないか。)

左サイド(鈴木の出場停止のところ)は正直なところ、家長に出て欲しかったのだが。

とりあえずは、大分トリニータ、優勝おめでとう。


ちなみに、余計かもしれないが、全体を見ると、これが日本のタイトルを争うような試合か!?というような退屈な試合だった。

やはりJリーグはこんなものなのだろうか。

エンターテイメントには程遠い試合内容であった。

←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  15:47 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.10.24 (Fri)

ACL決勝進出はガンバ大阪!!

22日、ACL準決勝、浦和レッズvsG大阪が行なわれた。

結果、3-1でG大阪の勝利。

第1戦の結果と踏まえて、G大阪が合計4-2で決勝進出を決めた。

得点シーンしか見ていないが、ガンバの1点目、コーナーからの山口智のヘディングシュートは見事だった。

あのようなヘディングを持っている選手、あの形で何点も決めている選手は、山口智の他には、横浜FMの中澤、鹿島の岩政、磐田時代の福西、そして闘莉王ぐらいだろうか。

山口はCBなので代表に選ばれてもおかしくないのだが。

まだ30歳、W杯に間に合う年代だ。

そしてガンバの3点目。橋本の気の利いたダイレクトパスで勝負ありだった。
遠藤もダイレクトで合わせたところが良かった。

浦和には気の毒だが、今年の浦和はACLを勝つ資格を持っていなかった。

ガンバの決勝の相手はアデレード。

準々決勝で鹿島を破った相手だ。

日本のクラブとして、鹿島の敵を取れるだろうか。
いや、取ってくれなければ困る。

もうJリーグはいいから、ACLに集中しておくれ~!!

←クリックお願いします

テーマ : ガンバ大阪 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  16:45 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.09.25 (Thu)

ACL4強出揃う(準決勝は浦和vsG大阪)

ACL準々決勝、第2戦が各地で行われ、鹿島、浦和、G大阪のJリーグ勢は明暗を分けた。

第1戦をアウェイで勝利したG大阪は、ホームでも2-0で勝ち、合計4-1で準決勝進出。

アウェイで敗れた浦和は、ホームで2-0で勝ち、合計4-3で逆転で準決勝進出。

一方、ホームで引き分けた鹿島はアウェイで0-1で破れ、敗退となった。


準決勝の組み合わせは、浦和vsG大阪の対決となり、(出来れば決勝に取っておきたかったが)かなり激しい闘いが期待できる。

過密日程の中、異国のアウェイに遠征するより、かなり楽になっただろう。

ここでの勝者が、クラブワールドカップの出場を懸けた決勝戦に進出できる。

いよいよ大会もクライマックスだ。


ところで、この2戦目の、浦和の相馬のゴール、闘莉王のゴールは素晴らしかった。

今季もリーグ戦の優勝争いをしつつ、ACLを闘っているが、結末はどうなるだろうか。

2冠とも取るのか、どちらか1つか、はたまた共に敗れるのか。

日本を代表するクラブとして、その戦いぶり、注目だ。

←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:33 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.09.19 (Fri)

アジアCL準々決勝

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝第1戦が行われた。

前年優勝の浦和はアウェイで2-3。

鹿島はホームで1-1。

G大阪はアウェイで2-1。

ベスト8のうち、Jリーグ勢が3チームを占めているものの、この3チームには現在全く勢いが感じられない。


浦和は、ポンテが復帰したものの、エジミウソンは相変わらず周囲と呼吸が合わず、高原も未だ不調。

永井、田中達也、相馬らがラッキーボーイ的な活躍をしなければかなりきついだろう。

昨年はワシントンとポンテの力で、ここぞという時に点が取れた。

しかし今年は・・・前途多難だ。


鹿島は控えメンバーが見劣りするため、スタメンをほぼ固定しているが、その分主力に何かあったときにはきつい。

そして主力の疲労も蓄積する。

マルキーニョスが、昨年のワシントンのような存在になれるかどうかだろう。


G大阪はバレーが抜けて、完全に点が取れなくなった。

リーグ戦でも勝ちきれず、ズルズルと順位を落としている。

ロニーにその代役が務まるだろうか。

もしくは、播戸が一時期のようにノリノリになれば良いのだが。


というわけで、来週24日にはすぐに第2戦が行われる。

不安要素はありまくりだが、盛り上がるためにも、Jリーグ勢の奮闘を期待したい。

←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  18:26 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008.07.07 (Mon)

JOMOカップ出場選手発表(JリーグオールスターvsKリーグオールスター)

8月2日に開催されるJOMOカップ(JリーグオールスターvsKリーグオールスター)のメンバーが発表された。

これまではJリーグの東西対抗のファン投票で行ってきたが、今回からこのような形となった。

メンバーは以下の通り。

GK:楢崎正剛(名古屋)
   都築龍太(浦和)
DF:中沢佑二(横浜)
   岩政大樹(鹿島)
   田中マルクス闘莉王(浦和)
   新井場徹(鹿島)
   駒野友一(磐田)
MF:今野泰幸(東京)
   金南一(神戸)
   小笠原満男(鹿島)
   山瀬功治(横浜)
   二川孝広(G大阪)
   阿部勇樹(浦和)
   中村憲剛(川崎F)
   金崎夢生(大分)
FW:ヨンセン(名古屋)
   鄭大世(川崎F)
   バレー(G大阪)

ちなみに、これは誰が選んだのだ!?

各メディアによると、
『昨年のリーグ優勝チームである鹿島のオリベイラ監督をオールスターチームの監督に選定、Jリーグオールスター戦選手選抜委員会が監督の意見を反映して』選んだらしい。

Jリーグオールスター戦選手選抜委員会!?

いったいどんなメンバーで構成されているのだ!?

さらに言うと、オリベイラ監督の意見はどの程度反映されているのだろうか。

20%ぐらい?
50%ぐらい??
それとも80%以上!?

Jリーグオールスターと命名している以上、そのあたりを明確にしておいてほうがよいと思うのだが・・・。

ちなみに、FWが皆日本人ではないところが寂しい限りだ。

個人的には、新井場、金崎に期待したい。

 →私が選ぶ日本代表候補リスト
←クリックお願いします

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  18:23 |  国内ネタその他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。